伝記映画

有名人の伝記映画で
これは上手いなぁ…と思ったのは

「冷血」「ティファニーで朝食を」の原作者である
トルーマン・カポーティを演じた
映画「カポーティ」(2005年)の
フィリップ・シーモア・ホフマンと

2016-06-09 10.03.11

英国のサッチャー元首相を演じた
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(2011年)の
メリル・ストリープ先生でしょうか。

2016-06-09 10.03.51

また
演じてはいけないのではないか…という人もおりますな。

マリリン・モンロー。

あの方はもう…
どんな上手な役者さんが演じても
バッタもんに見えちゃうのは
何故なんでしょうかねぇ…。

私、個人的には
彼女の出演された映画はあまり好きではなく

むしろ彼女の私生活の方がドラマチックなので
彼女のドキュメンタリー映画や写真集は大好きです。

彼女の最後の写真集となった
バート・スターンが撮影した写真集の
THE LAST SITTINGは
とても美しくて
とても悲しい作品集で
ご存知の方も多いでしょうね。

2016-06-09 9.40.08

最後の写真集といえば
撮影したデニス・ストックと
被写体となったジェームス・ディーンの
二人の物語となった映画
「ディーン、君がいた瞬間」(2015年)を
先日、iTunesで観ました。

2016-06-09 10.01.42

この写真はあまりにも有名ですが
2016-06-09 9.56.53

こういった経緯で撮影されたんだなぁというのは
存じませんでした。

ジェームス・ディーンを演じた
デイン・デハーンは
「キル・ユア・ダーリン」(2013年)に出演された時に

「世界一、唇に吸い付きたい男」という
名誉ある(?)称号を
私が(勝手に)差し上げましたです…はい。

2016-06-09 10.00.08

「ディーン、君がいた瞬間」は
なかなかいい映画でございました。

ジェフ・ベックに…

突然ですが…

持っていき場のない怒り…と申しますか

例えば
亭主とスターウォーズの事で口論になりそうになったけど
仕事の合間だったので徹底抗戦も出来ず
オフィスで独り、悶々とするとか

ラブラドールの道三に
戸棚に大切にしまっておいたペヤングを食べられたとか、

足の小指をタンスにぶつけて
すごーく痛くて突っ伏してしまったとか、

熟睡しているのに間違い電話で起こされて
完全に目が覚めてしまったとか…等の

「あ”ーーーーーーーーーっ!!!!」と
絶叫したくなる時がございませんでしょうか?

ウッディ・アレンの映画の主人公でしたら
ザナックス等の精神安定剤でも飲んで
気持ちを落ち着かせるのでしょうけれども

私の場合はですね…

BBAのアルバムを大音量で聴きます。

これが効きます。
30年程、お世話になっております。

昨夜も気持ち良く寝ておりましたら
起こされました…間違い電話。

「ちがいますっ!!!!!!!!」と、言い
家の電話であれば
受話器を叩きつけてやりたかったですが
iPhoneですからね。

ピッ♪と迫力のない電話の切り方を致しまして
これが余計に腹が立った…ので
深夜にこれを大音量で聴き
気持ちを落ち着かせ
仕方がないので映画を観ました…。

しかしこれが効くんですよぉ…。

ジェフ・ベックに助けて頂いております。