栗原さん

BSで
料理研究家の栗原はるみさんが
ロンドンの一流フレンチレストランで
料理人としての短期修行をする…という番組の
再放送を観ました。

栗原はるみさんの本との出会いは
「ごちそうさまが、ききたくて。」が最初。

幼なじみの優子に勧められたのがきっかけ。

とにかく簡単、
レシピ通りに作ると美味しい…というのは
当時の私にとっては衝撃的でした。

それからは
彼女の本は片っ端から買って
試した時期がございました。

個人的には
彼女のレシピの「醤油」の量は
半分の方がいい…とは思うのですけれども
彼女の本のおかげで
ずいぶんと勉強になりました。

ナチュラルでヘルシーで
バイタリティー溢れる彼女の事は
大好きでございます。

私は全く知らなかったのですが
栗原はるみさんは
あくまでも料理研究家であって
実際、レストランの厨房で働いた経験はないのだそうですね。

60歳から始めた英会話をもとに
64歳での厨房デビューですね。

戦場の様な慌ただしい厨房で
プロ中のプロのシェフ達の中に飛び込んで
奮闘する栗原さん。

さすがの栗原さんも
相当緊張しているようでしたね。

そこでちょっと思ったこと。

人が緊張した時に
冷や汗が出る…とか
手が震える…とか

それぞれその方の症状というのがあると思うのですが

彼女は、少し笑う…タイプと
おみうけいたしました。

あれって場合によっては
相手に「何をヘラヘラしているんだよ!」と、
誤解される場合がございますね。

ロンドンでは無名で
そして厨房で働いた経験ゼロという彼女が

TV撮影の為とはいえ
厨房でウロウロされれば
現場の方達にしてみればですよ…
口には出さなくても
「そこ、邪魔なんだよ!どけ!」と、なる。

あちらはそれが生業で真剣ですからね。

私が受け入れサイドだったら
「取材の現場に使わせてください」という申し出は
お断りしたと思います。
(なんつって、
そもそもそんな申し出は絶対に来ないわな。)

忙しく働くシェフ達の動線に立ってしまうことで
邪魔になってしまっているのに
ご本人もそれはわかっておられるのでしょうが
ヘラヘラ笑う(ように見えてしまう)彼女。

周囲は相当イライラしたんじゃないでしょうか…。

私は彼女の大ファンなので
親心(?)の様な感覚で
冷や冷やしながら、番組を観ておりました。

しかしですね…
あの番組の企画は
制作会社が提案したのか
彼女が思いついたのか…

思いついたとすれば
やはりガッツのある方ですね。

新しい事にチャレンジする事は
素晴らしい事だと思いました。

少女の様な笑顔で
「楽しい!ここで働きたい!」と
仰っておられましたが

そこは栗原はるみさんですからね。

色々な事を吸収されたでしょうから
ちょっと変わった新しいメニューが
彼女のレシピ本に加えられるのでしょうね。

甘えさせて頂きました…

先日、心からお慕い申し上げております恩師の大先生と
お馴染みのみっちゃんと
お食事に行ってまいりました。

IMG_9983

先生はとても聡明で面倒見が良く
何しろ私が本当にお世話になった方ですから

普段は「我覇者也」とドヤっている私でございますが
先生の前では、もう…借りてきた猫の様に
大人しく…(でもないか…)しておりました…。

私事ですが
吹けば飛ぶ様な小さな歯科医院ではございますが
やはり、一応は事業主をしておりますと
自分がしっかりしなきゃ…と、申しますか
常に肩に力を入れているところがあるんですね。

でも、その先生の
「とにかく、何かあったら俺のところに来いよ。
何とかしてやるから。」というお言葉は
心に響きましたね…有難い事でございます。

「ありがとうございます。
甘えさせて頂きます。」と

ドンペリのロゼってんですか?

水の様に何本もグビグビと飲み
お会計の方も甘えさせて頂きました…。

何から何まで有難い事でございますね。

来月あたりも
甘えさせて頂いて、遊びに伺おうと思っております。

どうぞこのまま

どーでもいい事っちゃぁ…どーでもいい事なんですが
ふと…思い出しちゃったものだから
気になって気になって仕方がない事ってあります…か?

私はあるんですね。

私はそうなると
徹夜をしてでも調べたくなる…ので難儀。

さて…昨夜、ふと
なんの前触れもなく…脳裏をよぎった事がございました。

お若い方はご存知ないかもしれませんが
1976年に丸山圭子さんという歌手が歌う
「どうぞこのまま」という曲がヒットしたんです。

ボサノバ調のいい曲でして
当時…生意気な小学生ですな。
レコードを買ってもらいましたね。


その後
色々なアーティストの方がカバーしておりますね。
松山千春さんとか。

最近ですと
椎名林檎先生がカバーしておりますね。

林檎先生は古い歌のカバーは数々されておりますが
センスいいわぁ…と、思う。

Janis Ianの Love is Blindとかね。

さて…
今から30年程前の事ですが
叶恭子さんというのは
当時、ヴァンサンカンという女性雑誌の
カリスマ的読者モデルでございました。

その後、どんどんとマスコミに出て
現在の叶恭子さんになったわけですけれども

下積みと申しますか
カラオケの映像にドラマ仕立てで
若かりし頃、出ていらした事があるなぁ…と、思い出し

それが
「どうぞこのまま」だったんですね…多分。

偶然発見したんです…。

カラオケで歌っていて
「あれ?!これ…叶恭子さんじゃない?」と
歌を途中で止めて大騒ぎになったんですな。

その映像をネットで探したんですが見当たらない。

1時間程ググって断念。

気になるわぁ…。

ブログ管理人の和泉さんが
見つけてきて下さるでしょうね…ウフフ。