忘れていたのに…

一時、話題になったペッパー君。

クリニックの待合室に
ロボットがあったらいいなぁ…と
以前から思っていたので
発表と同時に飛びついて予約した記憶あり。

しかし
時間の経過と共に

「本当に必要なのか…」と、
自問自答する様になり

毎日の生活を送る中で
ペッパー君の事はいつしか忘れていた。

すると先日ソフトバンクから
「いよいよお届け出来るはこびとなりました」
というメールが届いた。

ここで本予約をするか否か
考え込んでしまった。

結局、20万円を切る値段という事でしたが
実際のトコロは
SBと3年しばりで120万円弱かかるわけでして

特に映画「チャッピー」を観た後だったりすると
人工知能を持つロボット”チャッピー”なら
絶対に欲しいし

むしろチャッピーがいれば
人件費は浮きますからね。
福利厚生もいらねぇし。
文句も言わねぇし。

↑スタッフに知れたら
ぶっ飛ばされちゃいますな。
冗談だからね!!(汗

さて…
ペッパー君に関しての一番の懸念事項は
「飽きちゃうのでは?」という事。

実際に手に入れた人の動画をチェックしてみると、
確かに面白そうではある…が

もう少し、ポンポンとリズミカルな
丁々発止なやり取りが欲しい。

そもそも一番、欲しい機能は
待合室に置いて
患者さんの顔を認識したら
すぐにカルテをPC画面にアップして欲しいわけです。

そういった機能があれば
診察券も不要になり
患者さんも診察券を
お財布の中から探す手間も省けますからね。

これだけでも
導入の価値は絶対にあると思います。

しかし…
「こんにちは。僕、ペッパーです。」
だけでは、確実に飽きてしまうので
その辺の実務的な機能が
どこまで出来るのか
しっかりと問い合わせてみて
判断しようかと思っております。

Skype

海外の友人とのやり取りは
チャットが多い。

“Why don’t you Skype?”
(Skypeで話をしようよ。)

(最近はSkypeやFacebookは
動名詞になっちゃってます。)

Skypeは嫌ですよぉぉう…。

私が太ったから…。

また
私の写真がですね…
4年程前のモノを使用しており

IMG_1263

あれから著しい体重の増加があり
そういった体型的事情で
Skypeれないわけです…。

「PCのカメラが壊れているのよね。」で
ごまかしております。

さて…
私が15歳位の頃だったでしょうか。

南アフリカ ケープタウン出身の
2歳年上のTim君という
ブロンドの美少年がおりました。

サマーキャンプで知り合った
男の子だったのですが

当時、
Tim君は私に気があったらしい…。

えぇ…確かに私は
被害妄想傾向が強く
何事も自己中心型プラス思考で
謙遜なんてした事がなく
大ボラを吹く傾向が強い…という
特徴があるのは事実でございますね。

しかし
「Tim君は私に気があった」のは
紛れもない事実なんですってば!!

彼はお父様の仕事の関係で
結局、南アに帰ってしまいましたが
それからしばらくは
彼からの恋文が届いていたんですってば!!

さて…この仲間内の
グループチャットですが
Tim君も参加する事が多い。

現在、
2人の大学生になる娘がいるという彼の写真は
昔の面影が全然ないんですよ…。

Tim君は…どうしちゃったんでしょうか。

ファションセンスが悪いのかなぁ…。

例えるなら
イタリアで時々見かける
ウェストポーチに
形の悪いデニムに
真っ白なスニーカーという
顔は外人だけど
「あなたはイタリア人ではなく
確実にアメリカ人観光客ですよね?」という
風貌と申しましょうか。

余計にわかりずらいでしょうかね?

要するに劣化の著しい
ただのオッサンになってしまったんです。

まぁ…
一番劣化が著しいのはお前だろっ!と
言われてしまうとそれまでなんスけどね。

確かにそれは認めますが

私は自分に甘く
他人に厳しい…という特徴もございますから
自分の事は棚にあげて
Tim君にはがっかりしている次第です。

実際のトコロは
チャットではなく
Skypeで顔を見ながら
友人達と交流したいのは事実。

なので
今朝もオンラインゲームをしつつの
ルームランナーでヒィヒィ言い
その後、筋トレをして…と
頑張っている昨今でございます。

御礼

ワタクシ、昭和大橋歯科医院のHP並びにブログの管理をさせていただいております、
和泉と申します。
土日は投稿しないと思われたくないがために、眠い目を擦りながらPCに向かっております。

先ほど、チコ先生からの入電で、多くの患者さま、ご関係者の皆様からワタクシの
拙い投稿への反響を聞き、恐れ入りながらも、有難く思っておるところでございます。

当のワタクシですが、お恥ずかしい話なのですが、新聞はおろか本もろくに読んだことの
ないような人間でして、また昨今言われている活字離れというような世代でもなく、
ただただ活字を読まず、触れずに育ってしまった次第でございます。

故に、これは謙遜でもなんでもなく、こんな拙い文章を陽の当たる場所に晒さなくては
ならないことに、本当に毎度毎度恐れ戦きながら、PCに向かっておりました。

そんな中、チコ先生から皆様から好評だとのことで、胸を撫で下ろすと共に、引き続き
チコ先生の顔に泥を塗らないよう、皆様方に喜んでもらえるような投稿をしていければと
思っております。

???

泥を塗らないよう・・・チコ先生、そんなタマじゃないですね。
泥だろうが、槍だろうが、塗っても投げても、そうそう当たらないです。

メリルのように年齢を感じさせないお肌でプルップルだから、
泥が塗りにくいという意味ではございません。
鍛え上げられた鋼のような肉体だから、槍が刺さらないということでもございません。

さて、そんなワタクシではございますが、今度も無い知恵を振り絞り、
時に時事ネタを揶揄し、時にチコ先生に突っ込みをいれ、時にプチ自慢を披露し、
時にチコ先生の血圧を上げ、時にインテリジェンス溢れる投稿をしてまいりますので、
皆様どうぞワタクシへのファンレターはコチラまでizumi@benji-bros.com
ちなみに、当方カンパチのような女性との甘酸っぱい恋をしたい願望に苛まれております。

一方、クレームなどの罵詈雑言はチコ先生へ直接お願いいたします。

IMG_0445