めんどくさい

その方とのお付き合いも
かれこれ30年近くなりますので
長いっちゃぁ長いのですが

長電話好きのこの私から
彼に電話をした事は一度もなく

酒好きの私から
彼にお酒をお誘いしたことも一度もなく

電話で飲みに誘われると

一応は行くんですけれども

必ず
「やっぱりつまらなかったなぁ…。」と

毎度、毎度後悔をするので

最近では
「あまりにもつまらない酒の席」というのが
逆に、面白いなぁ…なんていう、
逆転の発想と申しますか
そうでも考えないと
付き合ってらんないと申しますか

そういう不思議な立ち位置の方がおられます。

ちなみに彼には内緒ですが
スマホに登録してある
彼の名前が

「めんどくさい」

めんどくさい氏は
①自分の話しかしない
②話が長い

ここまでは私と同じでございますね。

しかし
私とやや異なる(と、思う)のが
③気配りがゼロ

なのでございます。

彼の人柄を象徴した
「一人カラオケ事件」というのがございます。

カラオケボックスに誘われたので
一度、初めて二人で行ったわけです。

入室し飲み物を注文すると
彼は手慣れた様子で
自分の歌いたい歌を入力し始めたのですが

連続で十数曲入れたんです。

私は最近では
カラオケは殆どやりませんから
いいんですけれどもね。

「スゲ。一人カラオケしてる…。」と
びっくり致しました。

ちなみに…
彼の長所(って言うのかな)は
「もうつまんないから帰りたい。」と、言うと

「おお。じゃぁ、帰ろうか。」と
全く気にしない所。

めんどくさい氏は
気配りゼロですから
相手が「何故つまらないのか…」なんて
全く気にしないので

その辺は楽(?)なのでございます。

結局のところ
彼は決して悪い人ではないという理由と
「つまらない」の定義と申しますか
私にとってはつまらないけれども
私の価値基準がおかしいのかもしれませんからね。

縁を切る理由もございませんから
年に数回のやり取りがあり
現在に至っております。

さて…先ほど、スマホを見ると
彼からの着信履歴がございました…。

嗚呼…
今夜、電話をしないと…。

やっぱり「めんどくさい…。」

冷凍卵

以前、「生卵は冷凍できる」と
書き込みいたしました。

むしろ冷凍した方が
黄身が凝縮されて美味しい!と言ったわけですが、

患者さんやスタッフからの
「ど〜も、信じられない」という
問いかけが多いので

写真にてご説明させて頂きたく。

冷凍庫から出したての卵。
IMG_2685

冷凍するとヒビが入るので
必ず、ジップロックにて冷凍。

水で洗い流すと
殻がスルリとむけちゃいます。

むけた状態。
IMG_2686

凍った卵をすぐに目玉焼きにする場合、
包丁で半分に切った方が
火が通りやすいと発覚。
IMG_2687

フライパンに入れちゃう。
IMG_2689

一度、解凍してから使いたい…という場合は、
前の晩に冷凍庫から出して
殻ごと器に入れて室温で放置。

冷蔵庫に移動すると
なかなか解凍できない事も発覚。

一晩放置した状態。
IMG_2692

このまま卵がけご飯に。

注意点。
解凍した状態の黄身を見ていただくとわかると思うのですが、
黄身が凝縮されて、ほんの少し硬くなります。

これが美味しいんですけれども、

黄身と白身が一体化はしない!!ので
冷凍卵は卵焼きには不向きだと思います…現在の所。

これからも
色々と試行錯誤して参りたいと思っております。

また新たな「発覚」がございましたら、
ご報告申し上げます。

妄想癖

私は妄想癖がございます…いや
ございました…。

例えばですねぇ…
ブラッド・ピットがおりますね。

若かりし頃の彼は
それはもう恋多き方でしたが

アンジェリーナ・ジョリーの
前の奥様ですね。

ジェニファー・アニンストンと
2000年に結婚した時に

「えぇっ?!!
よりによってアニンストン?!
だったら私でも勝負できたのにぃ…」と、
(←メタ認知能力ゼロ)

本気で地団駄を踏んだものでした。

もし私がブラピと結婚したら…と、
妄想を膨らませると
何時間でも過ごせましたね。

歯科医師をやめてハリウッドに住むか…。
いや、ハリウッドで歯科医師をやるか…。

考え出すと止まらないわけですな。

ジェニファー・アニンストンが主演した映画
「Cake/悲しみが通り過ぎるまで」(2015年)では、
へぇ…彼女、結構すごい役者さんじゃんか…と、
私に名誉ある合格点をもらえましたが、

ブラピと結婚した当初の彼女のキャリアは、
TVドラマ「フレンズ」で
人気がある役者さん…という程度の
認識でしたから、

アンジェリーナには完敗だけど
ジェニファーなら
私とそこそこいい勝負だと
本気で考えておりましたね。(←バカ)

あれから年月が過ぎ
最近はその妄想癖もなくなってまいりました。

みうらじゅん氏の造語である
オイルショック…すなわち
”老いるショック”がございますね。

もう妄想なんぞしているヒマがあったら、
老いるショックに備えろ!という気持ちになりますし、

妄想しても
現実とのギャップがあり過ぎるので
虚しい気持ちになりますからね。

独身になったブラピですが
歳を重ねても
相変わらず渋みが出て
更に男っぷりも増しましたが

私自身の中の”男っぷり”も
増しておりますので

ブラピもまた独身か…。
ふぅん…。でも
そんな事より
確定申告が終わって嬉し♪と

より現実的になりますな。

そんなわけで
最近はめっきり妄想してませんなぁ…。