「不誠実さ:嘘をつくとき」(2016年)という
ドキュメンタリー映画が興味深かった。

地球上の生物で
例えば葉の上にいれば
体を葉の色に変化させたり
土の上にいれば
体を土の上に変化させる…というのは
多いですね。

その理由としては
外敵から身を守るためですね。

これは生物に備わっている本能で
人間にもあるそうですね。

外敵を作らないために
つまり社会生活をうまくするために
「嘘をつく」のだそうです。

「美容院に行ってきたんだけど
ちょっと変だよね。」

マジで変っ!落ち武者みたい…と、思っても
口には出せませんね。

「そんな事ないよ。」と
”嘘”をつく。

念の為に
「もし気に入らなくても
髪の毛はのびるからね。」と、もう一押ししておく。

のびなきゃ面白いのに…と、思っても
言えませんな。

「もう〜っ!うちのダンナ!本当に頭にきちゃう!」

そもそもそんな亭主を選んだアンタが悪いし
私だったら絶対無理…と、思っても
言えません。

「ダンナさんも会社で色々大変なんじゃないの?」と
”嘘”をつく。

これらは日常的にある
”いい嘘”もしくは
”必要な嘘”だと思います。

お笑い芸人の西川きよし氏は
若かりし頃
女性とホテルの部屋で密会していた所へ
奥さんがのりこんで来た事があるらしい。

その時に
「これは仕事の打ち合わせだ!」と言ったらしい。

これも嘘なわけですけれども
結婚して50年が経つおしどり夫婦だからこそ
今になっては笑い話になるわけですが
行為そのものは感心できませんが
とっさに出た嘘には笑ってしまった。

嘘にも色々ございますな。

さて…
私は、この”いい嘘”や”必要な嘘”が
言えない傾向にある。

親しい間柄であったりすると特にそうですな。

「美容院に行ってきたんだけど変かなぁ。」
「うん。罰ゲームかと思った。」とか

延々と奥方の愚痴を聞かされたりすると
途中で話を遮り
「もう…そう言うあなたに耐えている
奥さんに同情するわ…逆に。」とか

バッサリと真っ二つに
示現流の如く叩き斬りますね。

娘時代には”いい嘘” ”必要な嘘”で
周囲と歩調を合わせてまいりましたが

疲れちゃうんですな。

なので、言わせて頂きたい事は
ハッキリと言わせて頂いております。

ホテル選び

年末かお正月は一泊二日で
都内のホテルでのんびりしようかなぁ…と。

完全にその時期には
私の体重が現在の半分になっている事を
(何の根拠もないのに)想定しておりますから
ホテルの室内プールで泳ぎたいし…と、なったわけです。

亭主を誘ったら

「う…ん、いいよ。
多分、(予定は)空いていると思うから。」

うわぁ…、回りくどい言い方。

大統領にでも立候補するんですかぁ?
候補者程の過密スケジュールでもあるまいし

「忙しいんだよ俺はアピール」と申しますか
何なんでしょうか。

もったいぶっちゃって。

さて…
ホテルの予約サイトで
・東京
・五つ星
・スパ
・室内プール
で、検索をいたしましたら

まぁ、色々と有名ドコロのホテルが
出てまいりますな。

サイトによっては
通常で予約をするより
か、な、り!安く泊まれますから
色々と調べておりました。

このプールですが
最低でも長さが20〜25mは必要。

水泳をやっておられた方はご存知かと思いますが
プールの壁を蹴ってドルフィンキックで潜水いたしますね。

あれが気持ちいいわけですが
それだけで15m〜20m位はいきますでしょ。
(現役でやっておられる方はもっといきますよね。)

いくつかホテルの候補を絞りましたが
大変な壁があった。

禁煙。

私も亭主も愛煙家ですから
これは困る。

例えばですねぇ…
ホテル内のレストランというのは
比較的ディナーが9時頃がラストオーダーという所が多い。

それから部屋に戻り
ルームサービスで
シャンパンとキャビアを注文する…

(なんつって、コンビニで
ハイボールとじゃがりこと”いかくん”をしっかり買って
持ち込みますけどね。)

「今年もお疲れさまでした。」と乾杯するも
お互い、ちょこちょこと部屋を出て
いちいちエレベーターで一階に降りて外に出て
一服するもそのうち面倒になり

外でシャンパンとキャビアを…
ではなく、ハイボールとじゃがりこを持って
外に出ずっぱり…という流れになりますな。

その辺も加味してホテルを決めました。

但し「前日までキャンセル料無料」という表示は忘れません。

何事も最悪の事態を想定して動きますから
万が一…ま、ん、が、い、ちっ!!!
私の体重が半分にならなかった場合
この計画はナシになりますからね。

即、キャンセルして
部屋でウダウダしておりますよ。

そうならない様に
日々、すご〜く頑張っております。

自費出版

他界した父は本当に質素倹約な人でして

出来の悪い子供達4人の教育費だけは
惜しまずに使ってくれましたが
自分の物には全くお金をかけない人でした。

”時間はお金では買えない貴重なもの”というのが
根本にある人でしたから
例えば高崎から東京へはもちろん新幹線。
速いですから、時間の節約になります。

しかし
父と都内へ行った時にも
グリーン車の券を買おうとしたら
「自由席でいいだろ。」と、言われ
自由席の列に並んでいる父を見て
彼らしいなぁ…と、胸がキュンといたしました。

父は多趣味な人でしたが
晩年は殆ど鎧作りをしておりました。

そして
何を思ったか…おそらく母の発案だと思いますが
鎧作りの本を自費出版したんですな。

表紙に母の父が書いた日本画を使用した
かなり豪華な本で
6畳一間が目一杯になる位の在庫を注文し

友人、知人に差し上げるんだ…と、言う。

2016-08-22 18.13.44

2016-08-22 18.14.08

私が気になったのは
自費出版の値段。

聞いてびっくり致しました。

ええっーーーーーーーーーっ?!!!でした。

それを
差し上げちゃうわけぇ?!!

普段の生活はとても質素な夫婦でしたが
そういったお金の使い方というのは
私には考えられませんでしたが
最近は
提案した母の気持ちもちょっとわかる様な気がいたします。

父は心臓が相当悪かったですから
母は彼がこの先、そんなに長くないと
わかっていた節があり
父がこよなく愛した鎧と
晩年のライフワークとなった鎧作りを
記録に残したいと思ったのでしょうな。

しかし、先日ふと思い出し
その本を手に取って読んでみました。
(今まで読んでいなかったという…親不孝娘ですな。)

要するに、鎧の専門的文献という印象。

よっぽどのマニアか
その道の専門家の方にしか
全く理解できないでしょうし

文章にちょいとユーモアの一つも入れればいいのでしょうが、
情緒的な事は一切表現されていないもので

「差し上げる。」と、言っておりましたが
もらった人は迷惑なんじゃないかなぁ…と、思いました。

ちなみにこの本をググってみたら
どういった経緯なのか
国立図書館にあるらしい。

また
ある居酒屋さんの女将さんが
鎧作りが趣味なようで
彼女のブログに
「昨夜、お客様より立派な本を頂きました。
お医者様が趣味で本格的な甲冑を作った記録を
本にしたもの…。
凄すぎです。」
との書き込みがあり

父が生きていたら読ませてあげたかったなぁ…と。

笑ったのは
ヤフオクでも出品されていました。

8000円という価格を付けておられ苦笑。

タダでもらったのに
8000円スタートってどうなんだろう。
ちょっと欲張りすぎなような気が
しなくもない。

そもそも入札がない。

これも父が見たら
大爆笑したでしょうな。

入札してやるか…なんて思ったりしております。