お礼を…

昨夜、母と長電話をしていたら

「そう言えば
去年の2月26日に
宮中のお茶会にご招待を受けてね、
豊明殿で両陛下に謁見させて頂いたのよ。」と
サラリと言うので

エェーーーーーーーーッ?!と驚いた。

お話もされたらしい。

マジでぇーーーーーーーーーーっ?!

何で、連れていってくれなかったのよぉう(涙。

今度、そういった機会があったら
必ず何とかして連れていってよ!と、言うと

そんな事は出来ないわよ。
あなた、招待状が無いでしょう?

そこを何とか愛娘の為に
ひと肌脱いでもらいたいなぁ、と
お願いをしておきましたが
まぁ無理でしょうなぁ。

さて私は
天皇に助けられている事がありまして
今度会う機会があったら(ないないっ!)
お礼を言おうと思っております。

明治時代に
鹿鳴館で行われた晩餐会での出来事を
当時のフランス大使が
日本人の事を見て
「ドレス着た猿が踊っている」という表現の旨の手紙を
本国に送った記録がございまして

なめんなよ!と、思った事がございます。

また実際に私自身も40年以上前には
海外で西洋人に差別的発言を
された事もございますので

幼少期に体験した事ですから
「連中は、日本人を
ちょいと見下していないか?」と
どこか根に持っている節がございます。

そして現在
欧米を旅行して
現地の人と話をする時に
基本的にはあちらはクリスチャンの人が
多いわけですが

そんな時に
天皇、エンペラーの話をする事が多い。

現在、西暦2020年。

西暦元年にイエス・キリストが
誕生されたとされていますね。
(実際はそれより4年前?)

しかしですねぇ
うちの天皇は(うちのって言うなっ!)は
それより660年前に誕生しているんですな。

万世一系、126代続いているわけです。

案外、その事を
あちらの方はご存知ではなく

その事を話すと
「ほぉう…。」と感心します。

してやったりですな。
かなりドヤれます。

キリストより
うちの天皇の方が先輩ですから

「ど〜よ?うちの天皇、すごくね?!」と、なる。

なのでね、
今度お会いできたら
(だから、無理だってば!)
お礼を言わせて頂きたく存じます。

失恋?

何事にも熱しやすく冷めやすい
私でございますが、
一つだけ
長続きしているものがございます。

英語。

自主勉強の他に
英会話のオンラインレッスンを
仕事の前か仕事の終わりに
毎日受講しております。

で!

ちょっとヤバくね?!と言う程
ハンサムな先生を発見。

ジェフ先生。
イギリス人。
28歳。
身長192センチ。
ブロンド。

うちのスタッフに写真を見せたら

「え〜〜〜〜〜〜っ?!!
カッコいい〜〜〜〜っ!!」と
のけぞっておりましたから
誰が見ても
ハンサムな先生かと思われます。

先生のスケジュールを確認して
本当は毎日レッスンを受けたいんですが
「コイツ、俺に気があるな。」と
思われたら負けですから
(↑相変わらずの一人相撲)

週に2〜3回で我慢。

尚且つ時々、キャンセルをしてみたりして
駆け引きをしたりする。
(↑だから一人相撲!)

ちなみにレッスンでは
PC画面で互いにの上半身は
映りますから

まぁ、上半身の身支度が大変!

化粧を直し
ヘアスタイルを整え
時にはストレートアイロンをしてみたりね。
そして
トップス選びに時間がかかる。

あちらに見えちゃいますから。

ちなみに下半身は
10年以上愛用している
ドンキホーテで買った
980円のボロボロのジャージですが
あちらに見えねぇですから
関係ないかと。

椅子の上にあぐらをかき
(見えねぇですから)

健康志向アピールで
机の上にお水を置き

昨夜に呑んだハイボールのあき缶を
慌てて捨てたりする。

準備が整い
予約の時間になり
インターンネット接続中が
非常に長く感じる。

そして!
ジェフ先生の登場。

相変わらずハンサムだわぁ〜。

と、うっとりしそうになるが
そこはあえて退屈そうに

「あら。どうも。こんにちは。」
なんつって気取ってみたりする。

でもねぇ…
私は夫がある身なので
この恋は成就しないのよね…(涙。

とても聞き上手な方で
レッスンはとても楽しかったわけですが

前回の時に
「今年の夏は
彼女とロシアに旅行するんだよ。」

はぁ?!!!

彼女〜〜〜っ?!!!

どこのアバズレよぉう!!!

と、思ったら
獣医さんだそうな。

「……。」

写真を見せてもらったら
めっちゃ綺麗でした…。

「顔、小さっ!
ちっくしょう…。」

年始からの
思いっきりの失恋でございました。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年は!というか
今年も、うちの前の通りで
私に何の断りもなしに行われた(エェッ?!)
ニューイヤー駅伝のTV中継に
キッチリと映りましたです。

ラブラドールのマツと一緒に。

目立ちたいから
白鳥の被り物も
用意はしておいたんですがね。

流石にね、
もう50ちゃいも過ぎておりますんでね。

世間体ってのも考慮して
普通の装いで沿道に立ちました。

録画した画像を
再生しながら夫の母に電話をして

「私が映ってたのわかった?」と聞くと
よくわからなかったとい言う。

やっぱり
白鳥を被れば良かったかな。(そこぉ?!)