ここ数日‥

ここ数日前から
ニュースになっておりますけど

イギリスのエリザベス女王の次男の
アンドリュー王子が
全ての称号を返上して一般人になるとの事。

理由としては
20年前に未成年の女性と
性的な関係を持ったと
相手の女性から訴えられちゃったわけですな。

通常、この手の話は
女性側の売名行為なのでは?と思ってしまうんですが

2020年にNetflixで配信された
ドキュメンタリー映画
「ジェフリー・エプスタイン:権力と背徳の億万長者」
という映画がございまして

エプスタイン氏が
まぁ〜億万長者で
政界財界ともコネクションが強く

彼の豪邸で
数多くの貧しい未成年の少女に
数百ドルあげて
性的関係を結んでいたって事で
有罪判決を受け
現在、服役しておりますが

その豪邸に当時出入りしていたのが
アンドリュー王子で
エプスタイン氏の豪邸で
訴えたバージニアさんの腰に手をまわして
にっこり微笑む写真が
20年経った現在も
残っておりまして
映画でもしっかりと映っておりました。

今はネットでも
その写真はかなり出ておりますね。

当時は
乱行パーティの様な事もあったそうで
女性大好きのビル・クリントン氏も
出入りしていたそうで
アンドリュー王子は
これからの裁判では
どうなるのでしょうかね。

これ、私の勝手な憶測ですが
仮にアンドリュー王子が有罪となると
クリントン氏も戦々恐々かと。

エリザベス女王は
長男のチャールズより
ちょっとヤンチャの
次男のアンドリューを可愛がっていたそうで
どんな心中なのでしょうか。

20代の…

うちの医院には
20代のスタッフが3人おります。

親御さんの教育が良いのか
本当に落ち着いていて
しっかりしているので驚いてしまいます。

私の20代と言ったら
本当に恥ずかしい程のバカ。

親のスネをかじり倒して
考えているのは
男性の事ばかりだったような。

時代もあるのでしょうが
合コンに明け暮れたり
彼氏が出来たら出来たで浮かれてみて
フラれると号泣してみて

私の場合は
歯科大だったので
将来は歯医者になると
決まっていたものですから

将来の事を心配する事もなく
親のお金で飲んでは騒ぎ
騒いでは飲んでと
今、思えば
本当にお金と時間を無駄にしたと思っております。

親に申し訳ない。

先日もうちの若いスタッフが
「先生、シェードは”いかがなさいますか”?」
に、あらためて感心してしまいました。

いかがなさいますか?

「って、言ってたよ、柴ちゃん。
ヤバくね?」
と、受付の柴田に報告。

「ヤバくね?」という言葉使いをする
50代半ばの私に非常に問題がございますね。

「先生、うちの若い子達は
本当に希少ですよ。
有難い事ですね。」と、柴田。

本当にそうでございますね。

料理

結婚したての頃
私は私なりに一応は甲斐甲斐しく
夫に料理を作って
上げ膳据え膳と
やっておりましたが
あの時間を返して欲しいと思っております。

西洋の映画を観ていると
よくあるシーン。

男女が知り合い
彼の部屋で一夜を共にする。

翌朝、女性が目を覚ますと
ベッドの横には彼はいない。

「あれ?」と彼を探すと
男性はキッチンで
手際よく朝食を作っているんですなぁ。

この”手際よく”というのがいい。

料理を手際よく作れる男性というのは
とても自立している感じがするし
セクシーで男らしいなぁと思うんですね。

サウスキャロライナという
1991年に公開された映画で
主人公のニック・ノルティが
エビのガーリック炒めを作るシーンがございまして

生の皮のついたニンニクを
包丁の腹でパンと潰して
それから皮をむいて
みじん切りにする。

細かい事なんですが
普段から料理をしていないと
これが出来ない。

先にニンニクの皮をむこうとしちゃダメ。

今から30年前の映画ですが
娘心に胸がキュンとしたものでした。

しかしながら
当時としては
そんな事を夫に要求するものではないと
思っておりましたのでね。

最近20代〜40代の
西洋の友人に聞き込み調査をしてみると
殆どの男性はお料理を致しますね。

また後片付けはもちろん。

いいなぁ‥と思う。

しかしこの
西洋男子の料理する現象は
我々の世代にとっては
”最近”のことかと思われます。

女性ファッション雑誌の最高峰VOGUEの
アメリカ版でも
50年代位までは
「夫を持てなす料理法」とか
「夫とディナーでのドレスアップ法」なんかが
特集になっていたらしいですからね。

これが50年経つと
テレビドラマ
SEX ANT THE CITYでは
主人公のキャリーは
全く料理をしないで
冷蔵庫は彼女の靴入れになっておりますね。

この進歩はなんなんでしょうか。

因みに
我が家では
一緒に暮らしていないので
たまに会って食事をするのは外食になりますから
夫に料理は作らなくなりました。

新婚当時は
全く何もしない人でしたけれども
最近では
飲み物を冷蔵庫から持ってきてくれたり
「何か食べたい物ある?
買ってこようか?」なんて
言える様になり

料理までは期待しておりません、
かえって後片付けが大変ですからね。

しかしながら彼なりに
大分成長してくれたと
感謝しております。

愚妻の極みでございますな。