現実逃避

スマホの自撮りアプリは
それはもう沢山の種類がある様で
お若いお嬢さんが
皆さん、お気に入りのアプリを
教えてくれます。

ただ
あまりにも盛り過ぎると申しますか
現物とは別物に
仕上がったりする物もあり

逆にそれが
例えばアメリカでの10代の女の子の間では
別人になった自分の写真を投稿するのが
流行っているとかいないとか。

先日、コンビニへ行ったら
私より少し年上とお見受けする店長さんが
マツエクを施してあり

「あら、素敵ですね。お似合いですよ。」と
申し上げると

「若作りしないとねぇ。」と仰っておられ
お気持ちとてもわかりますよーと思った。

私の世代での自撮りアプリは
断然SNOWがお勧めです。

原形はそのままで
シワだけ飛ばしてくれますのでね。

毎朝、厚化粧を済ませ
コーヒーを飲みながら
SNOWを開き
自分の顔を見る。

「うわぁ〜綺麗わぁ〜。
シワが全然な〜い。」とウットリするのが
至福の時間。

しかしその後、
通常のカメラに切り替えて
自分の顔を見ると

なんだこりゃ?!!と
一気に凹む。

iPhone、無駄にカメラの性能が
良過ぎるんだよっ!
そんなに精巧にシワ、シミを
写さんでよろしいっ!と
スマホを投げたくなる。

これが私の毎朝のコーヒータイムでございます。

ただ一瞬だけでも
現実逃避したい
私と同世代以上の女性の皆様には
お勧めのアプリでございます。

セルフ!

近所にツルヤというスーパーが出来てから
徒歩でほぼほぼ毎日通っており
車を全く運転しなくなりました。

今日の昼休みは久しぶりに
車に乗ったら
ガソリンの残量が1%。

慌てて近所のガソリンスタンドへ。

去年リニューアルしたそこに
車を入れた。

以前であれば
「いらっしゃいませー!」という
気持ち良い声で
店員さんが来てくれたわけですが

今回は店員さんはいるが
来る気配がない。

え?もしかしてセルフ?

いやいやいや!
やった事ねぇからセルフ!

店員さんに助けを求めると
丁寧に教えて下さいました。

最初のタッチパネルのくだりから。

らくらくフォン世代じゃねぇんですから
タッチパネルはわかる。

いや、むしろ得意。

海外一人旅歴長いですからね。

イギリスのヒースロー空港なんぞは
チェックインカウンターは
殆ど無人ですから
タッチパネルでのチェックインですんでね。

しかし今回は大人しく
指示に従い
タッチパネルを押してカードを挿入。

「後は(ガソリンを)入れるだけですから。」

いやいやいや!
だからそこーっ!
そこがわからないんだってば!

給油口ってどうやって開けるのぉ?

聞いてみると
押すだけで開くんですね。

ノズルを入れてレバーを握るも
ちっともガソリンが入っていかない。

再度店員さんを呼ぶ。

レバーの握りが弱過ぎるそうだ。

もう…本当に嫌だ…(涙。

無事に給油成功致しましたが
どっと疲れましたです。

エスカレート癖

マニパニこと
マニックパニックという
ヘアーマニキュアを
愛用しております。

美容院でヘアマニキュアをすると
1〜2週間で色があせてしまうので
セルフでやっております。

これAmazonの口コミレビューを見ると
「20分放置して
洗い流したけど
あまり色が出なかった。」と、星一つ。

当たり前ですっ!

「2時間放置して
洗い流していい色が出たけど
1週間で色落ち。」

だからーっ!
当たり前ですっ!

私は
マニパニをつけて
サランラップを巻いて
一晩おきます。

結局、発色と色の持続性は
温度と時間なんじゃねぇのかなぁとの持論。
(一応、良い子は真似をしないでね。)

デメリットとして
枕に色がついてしまう可能性があるので
バスタオルは敷きますけれどもね。

で!結果的には2ヶ月程は
色落ちしないんですよねぇ。

確かに昔は3時間程で洗い流しておりましたけど、
エスカレートしちゃう癖がある。

因みに昨夜一晩おいてみて
この発色。
(あ!もちろんフィルターで
顔のシワは飛ばしてますっ!)

また
毎日愛用しているSIXPAD。

これは1日に一回以上は
使用しないで下さいと表記されているが

エスカレート癖が災いして
朝2回、昼2回使用しております。
(これも、一応良い子は真似をしないでね。)

しかし効果が凄いですね。

特にウエスト周り。

しかしこのウエスト周りは
皆様にお披露目すると
「汚ねぇモノを載せるな!」との
クレームの嵐に対応しなければならない事が
容易に予想されますのでね。

あえて載せませんけどね。

そして付けまつ毛。

スタッフのKa-たんに長いのをもらって
久しぶりに付けてみたら
案外楽しくて
どんどん濃くて長い物が欲しくなり
ドラッククイーンかよっ!という
長さのものを現在愛用中。

最終的には
こんな風になってしまったら
「先生、いい加減にした方が
いいんじゃねぇか?」と
ご指摘下さいね。

まぁ〜エスカレート癖も
要するには好奇心の表れかと
自分勝手にめっちゃポジティブに
解釈しているので
バカに付ける薬なしでございますな。