イタリア産

うちのスタッフからなる
映画倶楽部の平井ちゃんから

「すごく良かったですぅ。」と

返却されてきたのが

「ジゴロインニューヨーク」(2013年)

久しぶりだな…と
昨日の昼休みに観たんですがね。

マジマジと観ていたら
「?!!!」と気がついた事があり
確認してみたら

ウッディアレン先生は
ご出演はされているけれども
監督ではない!!と
慌ててしまった。

以前、こちらのブログで
「ウッディ・アレン先生の作品で…」と
書き込みさせて頂きましたが
訂正させて頂きます。

ごめんなさい。

ジョン・タトゥーロが監督・脚本でした。

2015-11-07 17.33.33

ジョン・タトゥーロは
もう大ベテランの方で
多数出演されておられるのですが

強いて言えば
「クイズ・ショウ」(1994年)での
貧しい天才ユダヤ人や

2015-11-07 17.54.07

コーエン兄弟監督の
「ビッグ・リボウスキ」(1998年)や
「バートンフィンク」(1991年)等の

いるだけで存在感があり
個性的な役柄と演技が印象的な役者さんで
好きな役者さんの一人ではありますが

2015-11-07 17.20.31

カッコイイ…
素敵…と、思ったのは

「ジゴロ・インニューヨーク」が
初めてでございました。

長身でスッキリとした着こなし
料理がうまい
ダンスがうまい
手先が器用
誠実
女性をリスペクトしている
女性を心身共に楽しませる才能がある
女性を深追いしない

すごいと思います…これだけの要素を持つ殿方。

これって理想的であると思われ
(爪の垢でも煎じて
うちの亭主に飲ませたい!)
それを見事に
ジョン・タトゥーロが演じているんですな。

2015-11-07 19.01.11

イタリア系の殿方というのは
実は結構イケていたんだけど
若い頃には気がつかない!という
くくりの方がおられますね。

元イタリア代表の
ガットゥーゾ氏なんかも
そのくくりの方ですね。

現役時代は
他が良すぎたせいもございますが
「スタミナがスゲーやつ。」とか
「さすが狂犬だよね。」という印象しか
ございませんでしたが

2015-11-07 18.05.13

30歳を過ぎた頃から
あら…意外にハンサムなのねぇ…と
驚いた事あり。

2015-11-07 18.07.21

話は戻るとジョン・タトゥーロは
まさにそれ。

お食事と殿方はイタリア産に限る…と
以前から申し上げておりますが

イタリア産…奥深いですなぁ…。

写真

友人からの写真が
添付メールで届いた。

2015-11-07 10.28.51

七五三のシーズンなんですね!

考えてみると
この子達が生まれる前に
結婚式の段取りの話を聞かされていたり

新婚時代のラブラブな話や
どこの家でも最初にある
プチ夫婦喧嘩の話があって

月日が流れ
妊娠の報告を受け
子育て奮闘期があり

思い返してだけでも
ドラマが出来るなぁ…と
感無量な気持ちになりました。

いないいないバァ

「メロドラマ」(a melodrama)という言葉は
Wikipediaの言葉をかりると

「衝撃的な展開を次々に提示する事で
登場人物の行動から
観客に
深く考察させるということより
その情緒に直接訴えることを目的とする」もので

「扇情的だが中身が薄いことを指摘する意味で
この”語”が屈辱的に用いられることもある」というもの。

「ソープオペラ」(a sope opera)という言葉は
Wikipediaでは「昼ドラ」に転送されますね。
(厳密な翻訳ではないと注釈あり)

「これは石けんメーカーが
スポンサーに付くことが多いドラマの事で
午後一で放送される主婦向けの連続ドラマの事」
と、あります。

メロドラマとソープオペラを
厳密に分けている方もおられますが

私の個人的な印象は
我々が持つイメージの「メロドラマ」というのは
a soap operaの方が口語としては
使用される頻度が多い印象を受けます。
あまりa melodramaとは言わないような…。

まぁ…どっちゃでもええっ!という
話なんですけれどもね。

WOWOWで
朝の8時代と昼の12時代に
「韓国ドラマ」という枠があります。

これがですねぇ…
Wikipediaで言うトコロの
”メロドラマ”を放送してくれるモノだから

あまりにも中身が薄すぎて
唖然としてしまう事もあり
(↑結構熱心に観てる?)

「韓国ドラマ」という枠ではなく
「韓国メロドラマ」として

イワユル「韓流ドラマ」とは一線を画した方が
ファンの方のためにもなる様な気が致します。

WOWOWのバイヤーさんも
何であれを買い付けてくるのかなぁ…と。

先日の見た作品を例に出しますと…

主人公(?)の若い男性が
職を失い、妻に逃げられ
家賃を滞納していて部屋を追い出され
乳飲み子を抱えて
街をさまようわけです。

(ここはウィル・スミス主演の
「幸せのちから」のパクリっぽい)

これ…通常であれば
最悪のシチュエーションなわけですが

主人公のぷっくりとした
健康的な顔に
オークル系のどうらんを
厚く塗りすぎていて不自然であり
また
役者さんの淡々とした下手な演技も災いして
全く悲壮感が伝わらない。

主人公は街をさまよい
やっと安宿をみつけて
部屋に泊まり
赤ちゃんに哺乳瓶で
ミルクを飲ませるわけです。

そこで主人公が!!
赤ちゃんの顔を嬉しそうに眺めて

「いないいないバァ」をするんです!!

笑う赤ちゃんのショット。

それを見た父親である主人公は
嬉しそうに…また

「いないいないバァ」

いやいや…あなた!
「いないいないバァ」を
している状況じゃねぇですよね?!

その演出がおかしいっ!

あなたの奥さんもいないいないバァで

頼れる友人もいないいないバァで

お金を工面してくれる親族も
いないいないバァで

八方ふさがりなわけですよね?

通常であれば
とりあえずはその日はしのげて
赤ちゃんにミルクも飲ませたので
ひと安心ではあるけれども

あどけない我が子の顔を眺めれば
明日からの生活を考えると

途方にくれるんじゃねぇでしょうかねぇ…。

なのに…
繰り返しおこなわれる
「いないいないバァ」に…

どんだけ能天気なん…と、
憤りを感じたわけですが 

これがiTunesで購入した映画であれば
激怒!という事になるわけですが
メロドラマだからね…と、言われると

まぁね…と、なる。

「いないいないバァ」演出にビックリして
ここ数日、考えておりました。

私は、どっちゃでもええっ!という事を
真剣に考えてしまう傾向があり

こういった傾向は
母に言わせると
「呑気な暇人で羨ましいよぉっ!」

なんだそうだ。

そうなんかな…。

しっかしあのメロドラマ的演出が
気になって気になって夜も眠れません…。