シナトラの…

昨年はフランク・シナトラの生誕100年だったそうですね。

いやいや…名前は聞いた事があるけど
シナトラは知らないなぁ…と、
思っておられる方も

絶対に
映画のワンシーンで
TVのCMで
リバイバルとして他の歌手の歌声で

一度は彼の音楽は聴いた事があるかと思います。

映画「ゴッドファーザー」に出てくる
トニーという歌手のモデルが
シナトラだという事はあまりにも有名なのと

ケネディ大統領とも親交がありましたね。

ウッディ・アレンの前妻(入籍はしなかったのですけどね)の
女優のミア・フォローの前の夫でもありました。

また当時のシナトラと言えば
マフィアとの交流。

今のラスベガスに
最初にカジノホテルとして建てられたフラミンゴホテル。
当時、ラスベガスは砂漠しかありませんでしたから
そこを現在のラスベガスにしちゃおうと考えたのが
NYマフィアだったベンジャミン・シーゲル…通称バグジー。

「バクジー」(1991年)という映画がありますね。

フランクシナトラは
バグジーなんかとも
もちろん交流があったのでしょうねぇ…。

アメリカという国は
いかんせん、歴史のない国ですけれども

南北戦争、禁酒法、赤狩り、公民権運動そして
フランクシナトラ的な文化史は
とても面白い題材ではありますな。

さて…昨夜は
WOWOWで
「グラミー・トリビュートライブ 〜フランクシナトラ生誕100周年〜」
を、やっておりまして

セリーヌ・デュオン等の
ものすご〜い面々のアーティスト達が
シナトラの名曲を歌いあげるわけですけれども

やはりトニー・ベネットの登場(89歳!)には
鳥肌が立ちました。

シナトラに「音楽界最高の歌手」と言わせた
トニー・ベネットの歌う
I’ve Got the World on a Streetには
号泣ものでした。

(ちなみに…
私は結婚式のBGMにトニー・ベネットの曲を
いくつかチョイスして
「マイケル・シェンカーかオジーだろ」と言う夫と
少々もめたという逸話あり…。)

またトリがすごい…Lady ガガ先生ですよ。

あの方の歌唱力と
パフォーマンスの奥深さと
謙虚な心遣いは
前回のアカデミー賞の時に驚かされ
私の中でガガ先生への評価が随分と上がったんですけれども

今回も彼女は
シナトラへの敬意を表した
パフォーマンスをやってくれました。

曲はもちろん
New York, New Yorkですね。

発表

先日、13:00の時報とともに
私のオフィスのPCで
混み合うネット回線を
何度も更新しながら
この発表を見た時には
泣き崩れました…。

2016-01-29 13.12.53

「合格おめでとうございます。」

うちのスタッフの吉田ちゃんの長男のY君が
大学の歯学部に合格したんです。

遠慮をして
部屋の隅でそっと立っていた吉田ちゃんも
「やったー!!」という私やゆうこ先生の歓声を聞いて
泣いていました。

彼女からY君の進路相談を受けて
彼に初めて会ったのが一昨年の夏の終わり。

高校2年生だった彼の第一印象は
今時珍しい位の好青年だなぁ…という事と

帰り際に
「先生の貴重なお時間を割いて頂いたので
ご奉公に病院まわりの
草むしりをさせて頂いてもよろしいでしょうか?」と、言ったので
とても驚きました。

そんな事はしなくてもいいわよ…と、言ったのですが
彼は草むしりをして帰りました。

彼は将来の方向性が全く決まっていなかったので

「ってゆうかさ…
医者か歯医者になればいいじゃんか。
まぁ…歯医者だったら色々と紹介は出来るよ。」と、言うと

「えっ?!」と
驚いていた様でしたが
長い時間、色々な話をして
彼自身もやる気をだしてくれたので
それから…
彼への個人指導が始まりました。

数学や物理は暗記というより
ひらめきやセンスが必要だけれども
英語は暗記だけだからな…と

膨大な量の宿題を出して
2週間に一度、日曜日の午後にチェックをする…というパターン。

始めた当初は
慣れない勉強法で宿題が手付かず…という事もあり

「やる気がないなら帰れっ!」と、
帰した事もありました。

しかし
彼も3年生になり
今回の年末年始は
彼の雰囲気がちょっと大人びて
朝早くから夜遅くまで
我が家の別室で勉強しており

胃がキリキリとして落ち着かない私に比べ
彼は淡々と勉強しておりました。

私は彼の入試前夜は一睡も出来ませんでしたし
「これって自分の入試の方が気が楽だわ…」と
本当に沈痛な気持ちが致しました。

先日、駐車場に積もった雪かきを
こっそりとして下さってた吉田ちゃんのご主人や
「とにかく先生にお任せしておりますので…」と
諸々と他の事で気を使ってくれる吉田ちゃん…

親御さんのご心中をお察し致しますと

「私って神だと思うわ…マジで。」と
普段は大ボラを吹いている私でございますが
責任の重大さを痛感し

「すいません…大ボラばかり吹いて。
合格させて頂いた暁には、もっと謙虚になりますから
どうか…合格させて下さい…。」と
神にすがる様な気持ちでおりました。

そして合格発表。

Y君はよく頑張ったと思います。

影で支えたご両親も頑張った。

彼は
これから6年間の大学生活の後に
国家試験があります。

うちの草むしりをしていた彼の後ろ姿は
鮮明に覚えており
思いやりのある
優しい歯医者さんになると思います。

弁護士の稲ちゃんが司法試験に受かった時に
私の父がそれはもう喜んで
合格者一覧の名簿が書いてある雑誌を大量に買い込み
それを切り抜いて稲ちゃんの名前に赤線を引いて
大切に保管しておりました。

父が生きていたら
Y君の合格を
とてもとても喜んだと思います。

そして
Y君の勉強のお手伝いを
ほんの少しだけさせてもらった私の事を
「チヒロも頑張ったな。」と
褒めてくれただろうなぁ…と、

相変わらず、ファザコンのいい歳をした
オバさんでございます。

前準備

イギリスのバンクシーは
大好きなアーティストの1人でして
オフィスにも彼の作品は飾ってあり

IMG_0981

患者さんのイノッチにあげたMacBook Proにも
バンクシーのステッカーは貼ってあり
MacBook Pro本体よりも
そちらのステッカーの方が
ちょっと惜しい気がした位、好きなアーティスト。

2016-01-28 10.28.53

さて…
先日買ったMacBook Airですが
ロンドンでドヤリングする予定。

私の様な自己顕示欲が強く
見栄っ張りで
自意識過剰で
本当に周囲からは面倒くさいオバさん…という
一流(えぇっ?!!)レベルになると

どーせ、ドヤるなら
ワールドワイドでドヤりたい…。

なので
ドヤリングの前準備のために
バンクシーのステッカーを購入して貼った。

IMG_0984

これで準備は整ったので
後は現地で
グラフィック(的)な何かをしている”ふり”をして
実はFacebookに「いいね!」でも
しようと思う。

ちなみに…
私はこのシールを貼るのが苦手でして
今回も気泡が出来ちゃいました。

IMG_0985

矯正のゆうこ先生や夫が
すごく嫌がる気泡です…。