イエローカード

スタッフに絶対に怒らないと決めて
もうすぐ半年が経ちます。

全く怒っておりません。

怒りゼロ。

開業以来初めてじゃないでしょうか。

以前も申し上げましたが
スタッフの柴ちゃんに
「先生、クビを覚悟で言いますけど、
スタッフに注意するのはいいんです。
でも先生は怒り方が下手なんです。」と
苦言を呈してもらいまして

本当に有難いと感謝しております。

その代わりに
彼女もスタッフ達に対して
母親の様に、姉の様に気遣ってくれているので
若いスタッフ達からは慕われている様ですな。

ま、
スタッフには怒ってはいないわけですが
もちろん注意はする事はございます。

この注意ですが
「あ…それはダメだな。何故かと言うと〜」これは注意。
全く問題ない。

しかし
「チッ…それはクソダメだな。」これは過度な注意となり
イエローカードになります(苦笑。

イエローカードが5枚で1怒りつまり
レッドカードとなるため
退場ですな笑

先月は2枚イエローカードをもらってしまいました。

因みに今月はゼロ。

案外、楽しんでおりますです。

余談ですが
怒らないシステム(?)を導入してから
気がついた事がございます。

従業員、つまり働く人というのは
職場でミスをした段階で
本人は深く傷ついているし反省もしているんですね。

ですからそこで
更に上司が烈火の如く怒ってしまうと
傷口に塩を塗る様なもので
全くもって効果がないわけです。

本人は既に傷ついているわけですからね。

ですから最近では
万が一スタッフがミスをしても
「あ、いいよ。今度から気をつけてね。」なので

10年近くいるもんちゃんなんぞは
なまじっか私に慣れているから
かえって気持ちが悪い様で

「先生、お願いしますよ。
怒ってくださいよ。」なんて言うわけですな。

いいえ、もう絶対に怒りません!