先日、私のホームページを
管理してくださっている
和泉さんと久しぶりに電話で話しまして

古く錆び付いて壊れた機械を
修理、修復して
新品同様にしちゃうという動画の事を
こちらのブログで書き込み致しましたが

「あれ、僕も好きなんですよ」との事。

再生回数がハンパじゃないから
やはりお好きな方は多いんですね。

確かにあれは
観はじめると止まりません。

不思議な物で
ずっとみ続けていると
私の様な機械オンチでも
次はこうするんだよねと
段取りがわかってくる。

私のお気に入りの工程が
錆び付いたナットやボルトの

錆を取って研磨して
ピカピカに磨く工程が好き。

スーパーツルヤに徒歩で向かう途中に
ガードレールの錆びたナットを発見。

いい錆具合だなぁ〜と
惚れ惚れと見入ってしまう。

マイKURE5-56を買って
バックに入れておこうかなぁと
本気で考えてみたりする。

こっそり外して
錆をこそげ取った後
サンドブラストをかけ
ピカピカに研磨して
後で戻しておきたいなぁ〜と。

鉄柱の上部も錆びているから
これも塗装を剥がして
いちからやり直したい。

そんな事を考えながら
テクテクと歩き続け

ふと足元を見ると
錆びたマンホールがある。

いいねぇ〜錆びてるじゃん。

外したいなぁ〜。

外して家に持ち帰り
ピカピカにしたい!

病気ですね(苦笑。

高駒線の歩道で
ズルズルとマンホールを
引きずっている私を見かけたら

「先生、それ犯罪だから!」と
注意して頂けると幸いでございます。