暴走

SF映画でよくあるのが
AIロボットを人間が開発するも
ロボットが暴走して人間を支配しちゃうというヤツ。

あれが現実になっております。

AIって暴走しますね。

Appleから発売された
HomePodを院内に設置して暫し.

私のiPhoneに入っている
お気に入りの曲を流してくれる他に

AIが気を利かせて
私の曲のリストから考えて

「こんな曲はいかがですか?」ってのも
流してくれるのでいい。

さて
私は邦楽は
Charm、椎名林檎、マキホムそして
数名のラッパーのみiPhoneに入っており

他はゴリゴリの
所謂、クラッシックロックが好きで
代表的なものは
レッド・ツェッペリン辺りの物でございます。

しかし
ある日、米津玄師をダウンロードしたんですが
そこからうちのHomePod君が暴走し始めまして
手に負えません。

全く知らない曲ばかり
流してくれて
「これ何?」とスタッフに聞くと

「せかおわです。」

ん?何?

「世界の終わりです。」

って曲?
えっ?!グループ名?!!

わけがわからない!

そしてある日患者さんに
「先生、K-POPお好きなんですね。」と、言われ

えっ?!!

K-POPが流れてんのぉ?

ハングル語じゃないの?

どゆこと?!!

米津玄師から
まぁ、せかおわ(ってんですか?)へ
発展するのはわからなくはない…けど

飛躍しすぎておりますね。

iPhoneのライブラリの曲の
9割がゴリゴリのロックなんだから
行間読めと言いたい。

今朝も
所謂「僕が君のために〜するよ。」という
私の世代で
槇原敬之が最初に提示した形態の曲が
流れております。

諦めました…(涙。