意識改革

今朝のワールドニュースを観ていたら
ドイツではスーパーマーケットの袋が
全面禁止になるらしい。

さすがドイツ。
一部の移民人街を除いて
徹底した美しい街並みを思い出した。

駅構内で食事をしても
ゴミの分別がハンパではなく
大したものだなぁと感心したものです。

さて
話はちょいと変わりますが
ビル・ゲイツ氏が
ご自身の財団で

下水処理のいらないトイレを開発して
アフリカに設置しているという
ドキュメンタリー映画を観たんです。

結局、アフリカでは
トイレのそれを川に流し
その川の水を生活用水にしたり
子供達が遊んだりするものだから
ポリオが多発しているらしい。

しかしですねぇ
私がほんの少しだけ滞在して感じたのは

確かに下水処理のいらないトイレの設置は
素晴らしい事だと思うんですが

あちらの方々の意識がね。

例えば
ペットボトルや瓶を
ポイと川に投げ捨てるんですな。

車内でお菓子を食べて
最後の袋は窓からポイ捨て。

ビックリします。

例えばドイツのそれと比較すると
意識が全く違うんですな。

トイレの設置とともに
意識改革と申しますか
根本的な教育が必要なのでは?なんて
思ったりした次第でございます。