ファッション事情

ナイジェリアのファッション事情で思った事。

所謂、ハイブランドの路面店が
アフリカに最初に出来たのがモロッコで
十数年前。

ちなみにナイジェリアには
その類のショップはありませんが
情報は皆さんご存知で
コピーのブランド品を
身につけているんですけど
これが非常にイタイ。

そもそものコピー商品が
非常に粗悪でデザイン性が
失笑しちゃう程ひどい。

100歩譲って
粗悪なコピー商品を身につけるにしても
コーディネートがヒドイ。

例えば
ヴェルサーチのトップスに
バレンシアガのデニムに
グッチのビーチサンダルを履き
シャネルのバックを持つ。

しかしハイブランド使いは
お世辞にも上手は言えませんけど
普通のファッションは
皆さん、それ相応に楽しんでおられます。

しかし日本のそれとは全く異なる印象。

デニムは絶対にスキニー。
トップスはワンサイズ小さめのTシャツ。
胸とヒップを極端に強調させるのが
イケてるらしい。

ワンピースも
なるべく身体のラインを強調させる物が多い印象。

仲良しのビクトリアの装い。

所謂、日本での私の大好きな
ZOZOTOWNやROSE BUD的な装いは
あちらの方からすると
ダサいんだそうな。

前回の5月に行った時にそれを痛感したので
今回のお洋服のセレクトは
かなり気を使いました。

あちらの方は
お尻がキュッと上がっておりますから
いいかもしれませんけど

いかんせん、私のそれは
もうたれっぱなしでございますんで
「尻、隠してぇ〜」と
気恥ずかしい感じが致しました。