”ため”

先日、久しぶりに民放を観ていたら
カラオケ選手権の様なモノをやっていた。

最近では機械で採点するんですね。

しかし
私、個人的には
ちょいと違和感を覚えたわけです。

満点を出すために
色々と皆さん練習をされている様ですが
全部、一緒に聞こえてしまうのは
私だけでしょうか。

確かにお上手です。

お上手ですが
正確すぎる気が致しました。

”ため”とか間合いが無いんですねぇ。

いかんせん、機械採点なんでね。

例えば
松田聖子さんの「あなたに逢いたくて」だって
最近の聖子さんは
「♪あなたに〜あいたくて〜あいたくて〜」とは歌わず

「♪あぬぁとぅわにぃ〜〜〜〜〜〜〜〜
あい…っとぅわくとぅぇ〜〜〜〜
あい……っとぅわくてええぇぇ〜〜〜」と
歌う様な気がします。

ためるったらない。

しかし
この”ため”が味があって良いわけでして。

ギタリストで言えば
ゲイリ・ムーアくらい
ためてもらって良いのでね。

八代亜紀の
舟歌の”ため”ですな。

もうあれは
日本の演歌を超えた
世界に通用するブルースかと。

元来、日本人は
言葉では表現しにくいのですけれども
ためとか間合いは
DNAに組み込まれていると思うわけでしてね。

床の間、間合い、間を置く、
間が悪い(空気が読めない)等
日常生活の彼方此方にございますんでね。

話が飛びましたけれども
最近のカラオケ事情に
驚いた次第でございます。