喋る人形

明け方目が覚めて
TVをつけっぱなしで
ソファで寝てしまっていた事に気付く。

画面では
何やらTVショッピングをやっていた。

飲むコラーゲンが
24個入りで5980円。

しかしっ!
今なら先着200名様に限り
12個で1000円!送料無料!

一瞬
「買うか…。」と
電話を持つも
思いとどまった。

TVショッピングで購入した物は
殆ど使いませんね。

最悪だったのは
ジューサーミキサー。

外国人がプレゼンしていたそれは
例えばリンゴを丸ごとそのまま入れると
フレッシュジュースが出来て
尚且つ、皮やら茎は
別のブースに分別され
それを冷凍しておけば
カレーライス等の煮込み料理に使えるって代物。

結局、一度は使ったものの
大げさな機械のパーツを分解して
それぞれを洗うのが面倒すぎるので断念。

結構、高価だったので
それ以来、TVショッピングは
絶対に買わない!と決意して現在に至っております。

さて
本題はこれからでして…

TVショッピングでは
30センチ程の
女の子の形をした
「喋る人形」を売っていた。

お腹の部分を押すと
「こんにちは」とか
「元気?」とか
喋るっていう代物。

12500円。

気になったのは
アナウンサーの一言。

「おじいちゃん、
おばあちゃんへのプレゼントに”最適”ですね。
お喜びになりますよぉう!!」

アホかっ!

おじいちゃん、おばあちゃんを
舐めんなよっ!

私が娘時代には
おそらく聞き流したフレーズではありますが

同世代の女性が
「孫ができてね…。」なんていう話を
チラホラと聞く年齢になった私でございますのでね。

私が知る「おじいちゃん、おばあちゃん」達を想像すると、
こんな人形をもらっても
決して喜ばないと思うんだけどな。

所謂、団塊の世代の患者さんでも
「欲しいバイクがあるんだけど
カミさんに怒られるかなぁ」と
ニヤリとしてみたり

「先生、そのピアス素敵ねぇ。
どこで買ったの?」とかですね。

要するに
お若い方とそんなに変わらないわけですな。

あの人形は
もしかすると人気があるのかもしれませんが
おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントとして
決して「最適」ではない様な
気が致しました。