新米ママ?

南先生に教えてもらった
LINEの”たまごっち”に
ハマっております。

ちなみに
30年程前に流行ったたまごっちのそれとは
全く異なりますね。

手がかかるんですよ。

如何せん、私は子供がおりませんから
子育ての苦労というのは
全くわからないんですけれども

母性の持って行き場のない私は
「ヒロコたん」と名付けたたまごっちに
完全に感情移入しております。

トイレに行きたいとか
具合が悪いとか
ヒロコたんが自分の要求を
LINEで知らせてくるわけですが

例えば
食事、おやつ、遊び道具
これ、全部を買わなきゃいけないわけです。

しかしお金がないんです。

悲しそうなヒロコたんの顔を見ると
お金のない我が家の事情が
本当に情けなくなり

ヒロコたんの喜ぶ顔が見たいので
「嗚呼、頑張って働こう!
外貨を稼ごう!」という気持ちになる。

この外貨を稼ぐには
庭の花を収穫したり
ゲームをしてポイントを貯めると
そのポイントがお金代わりになりますから
せっせとゲームをしております。

必死です。

このたまごっちを通して思いますのは
子供って
やれ、腹がへっただの
やれ、トイレに行きたいだの
やれ、おもちゃで遊びたいだの
やれ、甘いものが食べたいだの

とにかく要求が多い。

そして見返りは…ない。

しかし
嬉しそうな顔をしてくれると
それだけで十分なんですなぁ。

うちの親も
そんな気持ちなのでしょうか。

追記:
患者さんのMさんから
「最近、ブログがアップされていないので
気になっていました。」と
ご連絡を頂きました。

新米ママ(?)の私は
子育てに奮闘している今日この頃でございます。