大御所が…


と、夫にラインをしたら

彼は
「死んだよ」の文字が
最初に目に入ったそうで

ラブラドールの道三が死んだのかと思い
心臓が止まるかと思ったらしい。

「驚かせないでくれよ。」と
電話がかかってきた。

世界中の女性が愛してやまないシャネルの
クリエイティブディレクターだった
カール・ラガーフェルド氏が亡くなりましたね。


ベルサーチや
アレキサンダー・マックイーンや
イヴ・サンローランが亡くなり

ご健在ではありますが
ディオールの
クリエイティブ・ディレクターだった
ジョン・ガリアーノが
差別発言で降板し

この様に
大御所がどんどんと
いなくなってしまうと
年に2回のコレクションを見る楽しみが
減ってしまうなぁと
嘆いていた私は

カール・ラガーフェルド氏には
いつまでも元気で頑張って欲しいと
陰ながら…とは申し上げても
何の影響力もない
しょ〜もない田舎の
オバちゃんではございますが
応援しておりました。

メトロポリタン美術館の
ファションの展覧会であるMETガラの
ドキュメンタリー映画で

彼は
「私はアーティストではなく
洋服屋です。」という類の事を
仰っていたのが印象的で

葬儀も遺言により
所謂、密葬形式で
散骨してくれればいいと
仰っていたらしく
如何にも彼らしいなぁと
思ったり致しました。

夫との長電話で
「本当に残念だわ。
暫く喪に服します。」と伝え

「彼を偲びたいから
銀座店で何か買ってきて頂戴。」と言ったら

電話をきられました…(嗚咽)