バハマもいいけど…

主として
日本とアメリカと韓国を拠点に
金融関係の仕事をしている知人と
昨日電話で話をしていて

「確かANAだと
羽田発の夜8時の便があるから
今夜、韓国に遊びにおいでよ。
チゲ鍋が好きだって言ってたでしょ?
ご主人も誘えばいいじゃない?
色々と案内するから。」と、言われ

私は糖質制限ダイエット中だし

そもそもうちは夜9時まで
仕事ですっ!!!!!!

近所の
「”ちょーはん”(焼肉屋さん)に来なよ」的に
気楽に言うなっ!!!!!

羽田て!!!!!

「チコはいつも仕事だよねぇ。
僕はあまり拘束されたくないから
フリーランスなんだよね。」

確かにその方は仕事のついでに
「バハマでクルージングしてます」とか

「カナダの湖畔でのんびりしています」と

写メをLINEで送ってくれます。

私の様なライフスタイルは
アンビリーバボーらしい。

「人生のゴールはどうするの?
今の生活で楽しいの?」

と、聞かれ

全くもって幸せなんですけど…と思った。

アンジェリーナジョリー監督の
映画「白い帽子の女」では
マルタ島のホテルの部屋で
コバルトブルーの美しい海を眺めながら
タイプライターを打つ作家という役柄設定に

そんな生活は
ちょいと羨ましいなぁとは
思ったりしたのも事実ですし

その方から送られるリゾート地での
バカンスの写真も素敵ではあると思いますが

「失禁?わかるぅ〜!
くしゃみするとあるよねぇ〜!
緩みっぱなしぃ〜!」等の
患者さんとの大笑いの会話が
私の元気の源であるわけでして

バハマもいいけど
公田町もめっちゃいいぜ…と
思ったり致しました。