暗室

アントン・コービンと言えば
ロックの写真を撮らせたらすごい人ってのと
映画監督としてももっすごい才能があるな…という認識。

イアン・カーティスの半生を描いた作品
「コントロール」(2007年)
ジョージ・クルーニー主演の
「ラスト・ターゲット」(2010年)
フィリップ・シーモア・ホフマン主演の
「誰よりも狙われた男」(2014年)
ジェームス・ディーンの伝記映画
「ディーン、君がいた瞬間」(2015年)

特にディーン以外のそれは
月に一度は見返したくなる映画です。

大好き。

写真も独特です。コービン節。

2017-08-30 6.32.00
イアン・カーティス

2017-08-30 6.49.56
マイルス・デイビス

2017-08-30 6.35.07
U2

2017-08-30 6.36.13
アル・パチーノ

2017-08-30 6.36.51
クイントイーストウッド

2017-08-30 6.37.58
ジョニー・ディップ

素敵でしょう♩

このアントン・コービン自身のドキュメンタリー映画
「アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影」(2012年)
というのがございます
2017-08-30 6.49.32

彼のお父様をはじめ殆どの親戚は牧師をやっていたそうで、
どこか彼自身も聖職者を彷彿させる
温厚な優しさと深みが滲み出る雰囲気をお持ちの人。

彼のドキュメンタリー映画で
こんな台詞があった。

「僕はデジタルカメラは苦手なんだ。
思う様な写真が撮れないからね。」

カッコイイ!私も言ってみたい!

そっかぁ〜。

やっぱりフィルムですかぁ〜。

で!

早速ライカ M6をググって
買うかな…と思案している昨今でございます。
(↑色々な意味で相変わらずバカ)
2017-08-30 7.14.20

「ま、そ〜ゆ〜わけで
フィルムカメラをやりますんでよろしく!」と
スタッフに伝えるも

「……(苦笑)。」

「ま、そ〜ゆ〜わけで
暗室も作りますから
物置を片付けてほしいわけでよろしく!」と
スタッフに伝えると

「…ど〜せ、一回で飽きちゃうんじゃないですか?
ダメですよ。物置にも色々と重要な物が置いてありますし。」

「自分で現像したいんだよぉう!
ど〜しても暗室が必要なんだよぉう!」(子供かっ!)

長い付き合いのスタッフ達は
私の飽きっぽさをよくわかっていて

実際のところ
過去に何度も大騒ぎをして
オフィスの模様替えをやってもらうも、
一度っきり…というのは
彼女達の経験上よくわかっている様ですな。

どーせ暗室を作っても
面倒になってしまい
「カメラのキタムラで現像してきて」と
フィルムをポンと渡されるのをわかっている様だ。

スタッフの吉田に諭されると
確かに暗室は不要な気がしてきた。

ま、暗室はともかく
とりあえずカメラ本体ですね…
フォトグラファーとしては。(えぇっ?!)

とりあえず秋葉原ですか…。

日曜日に行って勉強してまいります。