パーティー

今日の昼休みに観た
可もなく不可もない映画のワンシーン。

アメリカ映画。

3組の夫婦が
主人公夫婦の家にて
食事をしている。

「結婚6周年おめでとう」と、乾杯をする。

ホストである夫が
「僕はいつまでも変わらない
美しくて聡明な君がいて
本当に幸せだよ。」と、妻に言い

彼女にダイヤのブレスレットをプレゼントする。

「愛しているよ。」

そしてキス。

温かい眼差しで
そんな二人を見守る二組みの夫婦。

ちょっと思ったんですがね。

そんな二人を見ている他のご夫婦。

どういうお気持ちなんでしょうか。

こっぱずかしくないのでしょうか。

そもそも「結婚記念日」なんぞは、
家族以外の他人様を巻き込むのであれば
結婚50周年ならわからなくもない…けど、
*6*周年って…。

中途半端。小刻みすぎます。

ということは
結婚記念日は毎年、友人知人を招いて
お祝いをするのでしょうか。

あちらのお国では
その類のパーティーを
しょっちゅうやっておられるのでしょうか。

映画では日常的に目にするシーンなので、
実際にやっておられるのでしょうね。

これ、実際のところ
お付き合いも大変だと思った。

既婚者の友人が一人いたら
少なくても
友人の誕生日
その配偶者の誕生日
そして結婚記念日

つまり友人一人につき
最低でも3回以上は
もれなくパーティーの出席義務が付いてくる。

それに加えて
会社の同僚、上司
数え上げた気が遠くなりますね。

私は娘時代…10代の頃ですね、
何度かあちらの方の誕生会に
出席したことがあります。
誕生会というには
結構、大規模なパーティーだったという印象。

当時、驚いた点が二つ。

①椅子もあったけれども
基本的には立食形式で
身の置き所がなかった。

②プレゼントを渡すと
相手は目の前でプレゼントを開けるわけですが、
包装紙を”ビリビリに破いた”ので驚いた。

①の自宅で立食形式というのは、
要するに、呼ばれた側は
勝手気ままに動いていいわけですが
慣れていないと困惑しますな。

②の包装紙をビリビリに破くというのは、
あちらでは普通の光景ですが
私はとても抵抗があるんですね。

丁寧に包んである包装紙は
テープの所をはがして
包装紙を広げる様にして
開けた方がいい…と、思うのは
私だけでしょうか…。

うちの母なんぞは
その包装紙を保管しておいて
例えばお野菜や果物を
おすそ分けをする時に
再利用したりしますから

娘時代に見たビリビリの光景は
カルチャーショックでございました。

いずれにいたしましても
パーティー過剰文化は
私はどうも苦手でございますなぁ。