介護

私を心から愛してくれた男は
他界した父と
死んだボーダーコリーの早雲と
そして
亭主?(←これに関しては確証なしですがね。)

特に早雲は本当に手のかからないいい子で
何も要求をしないし
ただ私の側に邪魔にならない様に寄り添って
「おいで。」という類の指示があると
大人しく従って
私の膝の上に顎を置いて頭を撫でてもらうだけで
幸せそうでしたから

誰とは申しませんが
時々、うちでウロウロしている亭主より
手がかからない最高の男でしたね。

早雲とは
最初の出会いも私の腕の中で
逝く瞬間も私の腕の中でしたから

今でも1日に一度は思い出しては涙します。

img_0476

しかし多頭飼いの場合
悲しんでいる暇がないのが救いですね。

他の犬達の世話がありますから。

さて
早雲と同じ歳のラブラドールの道三。

img_1750

こやつだけは
私の事をどう思っているのか知りませんが
仕事が終わって2階の自宅に戻っても
ソファに座ってWOWOWを見ていたんでしょうか。

チラリと私の方を見て
「あ、お疲れ。」と、言っているのかどーか知りませんが
ほぼ、シカトですな。

飯。トイレ。耳掃除して。

この3つの要求の時だけ
ブホブホ言ってくるだけですな。

ところが週に一度、帰ってくる亭主の気配がすると
これですから↓。

img_1634

ドアの前で待っていて
彼の顔を見ると
まぁ、はしゃぐ事!

亭主は「道きゅ〜ん♪」と、可愛がるだけですけれども
世話をしているのは私なんだけどな‥と、思う。

それでも最近の道三は階段の上り下りが
辛そうになってきております。

緊急時のトイレ用に
ベランダにトイレを用意して
用を足した形跡があった場合は
塩素系漂白剤を流して
デッキブラシで掃除をするわけですが

介護か‥と、私も腹をくくりはじめております。

飯、トイレ、耳掃除して‥だけの道三でも
夫のソファにいつも鎮座しているのが
生活習慣の一部になっていて
私にとってどこか心の支えになっている節もあり
なんだかんだ言っても
やっぱり可愛いですし家族ですからね。

父の死も、早雲の死も
私の中では相当長い間、整理がつきませんでしたね。

道三にとって私は
飯炊き女(この単語は死語ですね。)扱いでも
もう好きなだけ甘やかして
とにかく長生きしてもらいたいなぁ‥と切に願います。