クリスマスの

クリスマスというと
小さいお子さんがいらしゃるご家庭では
ご自宅でお祝いをするのかもしれませんけれども

日本では大人になると
(クリスチャンの方は別なのでしょうかね。)
私の様に全く気にせず
仕事をする人もいるでしょうけれども

一般的には
恋人同士でお祝いするとか
友人同士で飲み会をするとか
要するに
街は賑わいでいる印象を受けますよね。

しかし
西洋、特にヨーロッパでは
クリスマスは
家族や友人と家で祝う傾向があり
殆どの方が仕事を致しませんから
日本でいう元旦の様に
お店もやっていないし
街がガラ〜ンとしている印象を受けます。

昨日は西洋の友人達から
メリークリスマス!という
メッセージを沢山頂きました。

これが普通のやり取り。

これで終わりですね。

しかし
「今日はお休みでしょ?楽しんでね。」

これを既読スルーすりゃいいんですが
私の性分と申しますか
日本の文化をきちんと伝えたい派なので

「いや、休みではないのよね。
むしろ日本のサービス業は
忙しいかも。」と返信してしまうんですなぁ。

「あ、そうだったね。」と
日本文化をよくご存知の方は宜しいのですが

「何で?」

と、聞かれると
面倒臭いなぁと思いながらも

「クリスマスはイベントの一つとしか
捉えていないから。」と、答えると

「何で?」

あのですねぇ〜
西洋文化が世界の中心と思って欲しくないんですけどぉ
と、思う。

日本は歴史的観点から檀家制度があり
どこぞかのお寺に属している場合が多く
また神道もありと
一から説明する必要がある。

神社やお寺でお参りをしつつ
結婚式はウエディングドレスを着て
チャペルで「誓います」を言い
クリスマスを(イベントとして)祝う
多宗教(?)文化(?)なんだよ
と、諸々の事が理解できない西洋の方が多い。

あちらの方からすれば
信じられないかもしれないですが
要するに
日本人は柔軟なんですよ!と、申し上げたい。

毎年、クリスマスには
こんなやり取りにおわれておりましたが
これが過ぎると
一気に師走感が出ますね。

今年もあとわずか。

結局、今年もコロナに振り回された一年でしたが
来年こそはと期待しております。

一安心

車椅子でお見えになる
ご高齢の患者さんの
付き添いの方、

ご親族の場合もございますし
施設の方の場合もございますね。

あの付き添いの方々は
非常に感じの良い方が多いですね。

そして
受付で患者さんの保険証と一緒に
「お薬手帳」をお出しになる。

私は己の老後を考えた時に
誰が私のお薬手帳を
出してくれるのだろうと
考える。

夫はもう先に逝ってますでしょ。(え?!!)

友人達も逝ってますよね。(ええっ?!!!!!)

私より10歳若い友人Cさんが
昨夜遊びに来てくれて
お薬手帳をお願いしようかとも思ったが

私が100歳の時に
彼女は90歳ですからね。

100歳まで生きるんかいっ?!と
思われる方。

生きちゃう予定なんでねぇ。

となると
彼女の小学生の息子と娘に
お願いしようかと
図々しいお願いをすると
快諾してくれた様なので(多分笑)
一安心したわけですな。

すると彼女のご主人が
お墓を作る予定との話を聞いて

図々しいついでに
私と亭主と犬の骨も
一緒に入れてもらえない?
財産は渡すからさ。
ちょっと深めに墓穴を掘ればいいじゃんか。

と、お願いすると
それも快諾してくれた様なので(多分笑笑)
シェアハウスじゃなくて
シェアお墓ですな。

これまた一安心した次第です。

北海道の

M1グランプリ
昨夜はひとりで堪能致しました。

ダークホースと申し上げた
錦鯉がまさかの優勝。

50歳という年齢で
優勝した長谷川氏。

北海道で
小さい飲み屋さんをやりながら
彼を女手一つで育てた
お母様の顔が浮かびました。

50歳近くなった息子から
「5000円貸して。」
「10000円貸して。」と
電話が来るのが日常で

息子からの電話に出るのが
本当に嫌だったそうだ。

昨年、M1に初出場した時に
「息子は皆様方に笑って頂くために
私を泣かせてきてくれたんでしょうか。」と
涙ぐんでおられたお母様のお言葉が
とても印象に残っております。

M1は今年は
6000組以上のお笑い芸人が競い合い
10組が昨日の舞台に立ち
最終のファイナルで
3組が2本目のネタで優勝を決めますね。

正直申し上げて昨日の
2021年のファイナルの2本目のネタは
「3組とも弱いなぁ」と思いまして

どれも選べないなぁ‥と思っておりました。

となると
オズワルドもそこそこ売れてきて
アパートでの6人の共同生活からは
脱出しているでしょうし

インディアンズはもう
知名度も人気もございますから

錦鯉に入れて
北海道のお母様を‥と
審査員じゃございませんが
一応は票を入れさせて頂いた次第です。

北海道におられるお母様
どんなお気持ちで今朝を迎えたのでしょうか。