御朱印帳

今度の御朱印行脚のひとり旅ですが
広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ海の道
「しまなみ街道」をレンタカーで横断しつつの
御朱印を頂くというルート。

しまなみ海道は6つの島と7本の橋で結ばれているそうで
海なし県群馬人の私としては
非常に楽しみなルートでございます。

前回の男鹿半島の時と同様に
アメックスのコンシェルジュの方が
完璧なルートを考えてくれたので
一泊二日で23箇所、
6つの島にある神社仏閣を効率良く巡れる予定でございます。

広島空港でレンタカーを借りて
帰りは愛媛の松山空港にてレンタカーを乗り捨て
帰路にというルートでございますな。

広島といえば
世界遺産になっている厳島神社にも
足を運びたいと思ったけれども
現在鳥居の改装中との事。

残念‥。

厳島神社の御朱印帳は是非欲しかったし
受付の柴田にも買ってあげたかったけれども
今回は諦めます。

御朱印巡りで楽しいのが
オリジナル御朱印帳を買うのも醍醐味。

男鹿半島の
鬼が作った神社と言われている
真山神社の御朱印帳は
もちろん柴田へのお土産に。

「一生、行けないと思うので
本当に嬉しいですっ!!!」と
喜んでくれました。

今回は激レアかと思われる御朱印帳を発見。

瀬戸内海の因島にある
大山神社は自転車神社とも言われているそうで
御朱印帳に
宮司が自転車をこいでいる。

笑いました。
必死でチャリこいでるし‥。

センスがいいとは思えないんですが
これは珍しいので買う予定です。

バチ当たりな
スタンプラリー化している
私の御朱印巡りでございますが
このルートは本当によく出来ていて
コンシェルジュの方に感謝でございます。

私は人の好意につけ入るという
本当に図々しいオバチャンなので
次の旅もお願いしている次第です。

時々彼に電話をかけては
「まぁとにかくあなたがいないと
私の御朱印行脚が出来ないわけだし
となると
柴田も御朱印帳がゲット出来ないから
可愛いそうだよなって感じで
ヨロシクですっ!」と
プレッシャーをかけつつ丸投げでございます。

「一泊二日でそんなに巡れるんですか?!」と
患者さんに驚かれますが
彼のルートですと
ナビに目的地を入力するだけですし

ゆっくりとお参りも出来ますし
インスタ用の写真も撮れますし
車を停めて絶景を堪能したりも出来ますのでね。

何にしても
楽しみでございます。

身分証明証

こちらのブログで
何度か書き込みをさせていただいている
私の過去の老け顔事件(?)。

11歳の時に10歳下の弟をおぶって
スーパーのレジに並んでいたら
後ろのご婦人に
「あら、可愛い赤ちゃんね。何ヶ月?」と
母親と間違われたとか

12歳の時に
高崎のスズランデパートの一階で
真珠のネックレスを
買わされそうになったとか

10代の頃はもう最悪でございました。

さて
新宿は今ではとてもキレイな街になりましたが
たばこの吸い殻がアスファルトの上に玉砂利の様にあった頃

私は10代でございまして
やんちゃな盛りでございました。

その飲み屋さんは今はとっくにございませんが
ちょっとした文化人っぽい方々の
溜まり場の様な小さな店でございまして
ちょっと大人びた気になって
お店の隅で大人の人の会話に
耳を傾けておりました。

ある日
カウンターの私の右隣の常連客の年配の方で
有名な画家だったわけですが
「君、年はいくつ?」と仰ったので

「19歳です。」と言ったわけです。

すると私の左隣にいた男性、
美しい白人女性とご一緒でして
「こいつばっかじゃないの?
19歳って言っているよ。」と
大笑いをするんですなぁ。

老け顔事件勃発ですな(苦笑。

英語で喋っていたから
私がわからないと思ったのでしょうなぁ。

私は多少は喋れますのでその男性に

「お話中すいませんけど
身分証明証を見せましょうか?」と
英語で言ったら
彼の顔が真っ青になりました。

Shem on you!
要は「恥を知れ」の様な事を言ってからの

その白人女性に
「大変失礼ですけれども
この男性はあなたの彼氏ですか?」と聞いたら

「違いますっ!」と即答していたので
一所懸命、その男性は女性を口説いていたので

「ザマアミロ」と思った記憶あり。

「ハハハ。そりゃぁ君が悪いよ。」と
その画家の男性も加勢して下さったので
とても小気味良かった記憶あり。

それから年月が経ち
そのお店はなくなってしまいましたが
行く先々でその男性に遭遇するので
縁があったんでしょうか。

私もやめればいいのに
会う度に
「身分証明証、見せようか?」と言うものだから
その方はバツが悪そうにお会計をして
帰ってしまうのが通例でございました。

昨夜、友人と長電話をしていたら
その男性の話が出て
昨年、亡くなったらしい。

私よりひとまわり程、年上の男性ですから
60代後半ですね。

まだ若いのに。

その方のバツの悪そうな顔を思い出して
ちょっと胸が痛くなった。

1度目はいい。

どう考えても彼が悪い。
私の事を非常に汚い蔑んだ表現で
「こいつ」と呼びましからね。

しかし
会う度毎に
「身分証明証」の件は不要だったなぁと。

どこかのタイミングで
「その節はどうも」と
過去の事は水に流して
笑顔で対応するべきだったなぁと。

少し心が後悔の念で痛みます‥。

大丈夫?

昨夜は地震があったそうですね。

ラブラドールのマツと大の字になって
大いびきで爆睡しておりまして
全く気が付きませなんだ。

さて
今朝、お二人の殿方から
この様なLINEが届いていたので
思いっきりの自慢(笑

「地震があったけれども
大丈夫か」という連絡。

大丈夫に決まっていますってば!

私のイメージですが
地震や雷を怖がる女性→か弱い。

皆様ご存知の通り
私はか弱い女性の
真逆のオバチャンなので
全くもって大丈夫でございますし

そもそも「怖い」という感情は
殆ど持ち合わせていないという
図々しいオバチャンでございますからね。

強いて怖いと思うのは
税務署位じゃねぇでしょうかね。

あの税務署からの茶封筒を見ると
ちょっと背筋が寒くなる程度。

おそらくこのLINEを送って下さったお二方は
地震があって
私がくまのプーさんのぬいぐるみを抱きながら
(そもそもプーさん、持ってねぇけど)

「地震だ!怖いよおぅ‥」と
部屋の隅で震えているのかと思い
LINEを下さったのかと。

その有り難い幻想に
お礼としてハートマークをつけて
返信させて頂いた次第です。

しかし
肝心のうちの亭主!

何の連絡もなしっ!

他人様が心配して下さっているのに
全く気にかけていないという。

どういうつもりの配偶者なんでしょうか。

しかしながら
彼とはもう四半世紀の付き合いでございますんで
私の事は一番理解している人でございまして

「例え地球が滅亡しても
あいつだけは生き残るな‥。」と
わかっているのと思われ

まぁそれも事実でございますのでね。

許してやろうと思った次第でございます。