ワールドニュースで

先日、ワールドニュースで
ニューヨーカーの特集をやっておりまして

生粋のニューヨーク人は
例えば letter
この語尾のrをaと発音するらしい。

へー。

東京在住のニューヨーカー
アンディ君がいるので
早速電話をしてみた。

少し話をして
ちっともニューヨークっぽくないなぁと思って聞いてみたら、

日本では通じにくいから
所謂、標準語米語を喋る様にしているらしい。

我々が日本で習う英語ってやつですな。

ニューヨーク語で喋ってよと言ったら
喋ってくれましたけど
カッコいい〜〜〜っ!

ちょっと練習してみようかと思っております。

余談ですが
この事は以前も書き込みをしたと思うんですが

英会話って中学英語をマスターして
少しのセンスがあれば
日常会話に全く支障はないかと思います。

この少しのセンスが
案外、ネイティブな方が
ビックリして
「この人は英語をわかっているなぁ」と
思うらしいですな。

これは何度も申し上げてますけど
例えば
get out of here →「ここから出ていけ」という命令形。

しかし実は状況によっては
まじで?!!
うっそ〜ん!!
信じられな〜い!!
それって凄くね?!!
という意味になります。

またget out of hereを標準的米語発音ですと
ゲーラロブヒィ〜となります。

さてアンディ君が
英語を流暢に喋る東大出身の日本人男性と
ランチをしていたらしい。

アンディ君は
「それって凄くね?!」というニュアンスで
ゲーラロブヒーィ〜と言ったら

東大君は驚いた顔をして
「すいません、僕、変な事言いましたか?」と
謝ったらしく
アンディ君は困ってしまったらしい。

母国語が英語の人以外には
使わない方がいいなぁと言っておりました。

このセンスはちょいとコツが入りますが
ある程度、定形分が決まっておりますのでね。

英語のお勉強は楽しいですなぁ。