奇行?

これは私の奇行の一つなのでしょうか。

洗顔フォームの事。

私はポーラのBAの洗顔フォームに
ゾッコンに惚れ込んで
愛用させて頂いておりますが
如何せん、高い。

100グラムで
税込で10800円でございます。

これを泡だてネットで
泡の塊を作ります。

ゴルフボール大の
しっかりとした泡の塊を
作る事が重要。

手のひらに乗せて
それを逆さまにしても
泡の塊が落ちない…ってくらい
しっかりと泡だてる。

その泡で
そっと顔に乗せ
そっとマッサージをする。

ここまでは普通。

しかし
何度も申し上げますが
高いんでね。

顔だけでは勿体ない。

首、デコルテ、両腕この辺まで伸ばしても
泡が伸びるんですなぁ。

はて
そのままどこまで伸びるんだろうと
顔に乗せた泡を取り
お腹まで伸ばすと伸びる。

厳密に言うと
足の付け根まで。

マジか?!!!

そこでしごいた泡だてネットを取り
それで残りの
お尻、足を洗ってみると
十分に泡が行き届きました。

足のひらと
背中はダメでございましたので
そこは
ボディソープで洗う。

お値段が高いので
少しの無駄もなく使えた感じがして
大満足でしたので

BA愛用者の知人二人に教えてあげた。

すると
「泡だてネットでお尻を洗うのぉ?!」

と、嫌な顔をされた。

だって亭主のお尻は
死んでも洗いたくないけど
自分の尻ですやん。

気になるらしい。

やはりこれは
私の奇行なんかな。

リアルな

先日、遭遇した事。

60代の仲の良さそうな
上品なご夫婦。

スーツケースの大きさから想像するに
海外旅行からお帰りなんでしょうな。

小型の犬用のキャリーケースをお持ちで

はて?
海外へ犬を連れて行けるってどこなのかしらん?
そんな事を考えていて

いざ乗車してみると
座席が通路を挟んで隣同士でございました。

仲睦まじいご夫婦のやり取りに
やさぐれた私も
思わず微笑みが溢れる。

するとこの素敵なご夫婦、
キャリーバックから犬を出した。

「?!!!!!」

aiboだったんですな。

洋服を着て
スワロフスキーの首輪をしていた。

ご夫婦は終始aiboを撫でたり
抱いて写真を撮ったり
「新幹線、楽しいねぇ」などと
話しかけていた。

確かに良くできていて可愛い。

けど
そこまでするんかなぁ…と
不思議な光景でございました。

自宅に帰ると
我が家にはリアルな犬がおります。

部屋の扉を開けると
嬉しそうに駆け寄ってくる愛犬。

やっぱりリアルな犬がいいわぁ…と
撫でようとすると

テーブルの上にあった
ボックスティッシュ5個入りパックが
粉々になっており
部屋中にティッシュが散乱しておりました。

「な、な、何じゃこれゃ〜〜〜っ!」ですよ。

仕方がないので
ティッシュを片ずけながら

「アンタ達ねぇ!!
aiboを見習いなさいよ!!」と
怒鳴りましたけれどもね。

全く連中には通じておりませんな。

一泊二日で

一泊二日で韓国に行ってきました。

よりによってこの時期に。

期限が切れそうな
中途半端なマイルがございましたので
近場という事で
何も考えずに
まぁアカスリと
焼肉でも食べてこようかなぁと
行ってきたわけですがね。

日本の終戦記念日は
あちらでは独立記念日だそうで
現地では
日本製品の不買運動や
反日デモなどのニュースが流れ

ものすごいアウェー感を感じながら
複雑な心境ではございましたが
焼肉は美味しかったですし
アカスリもたっぷりと堪能して参りました。

私は韓国は2度目でして
最初に訪れたのは20年以上前。

すっかり様変わりした街並みに
驚いた次第です。

当時はフロントガラスが割れたままの
タクシーが走っていたり
玉砂利の様に
タバコの吸い殻が道路を覆っておりましたが

すっかりキレイな街になっておりました。

走っている車もキレイでしたし
タバコは指定された場所以外はほぼ禁煙。

アストンマーチンやら
ポルシェなんぞが
バーンと停まっていたりね。

しかしですねぇ
ちょいと気になった事が一つ。

道路もキレイなタイルやアスファルトが
はりめぐされているわけですが

水溜りが多いんですな。

高級ブランドが立ち並ぶ脇の歩道、
水溜りで足がずぶ濡れになってしまいました。

この公共工事のやっつけ感。
この辺が課題なんかなぁ…と思ったり致しました。

さて
韓国での醍醐味はお食事。

今回は夜は焼肉に舌鼓を打ちました。
また日本では食べられないレバ刺しもございまして
久しぶりのレバ刺しに感涙モノでした。
また
食べ放題のサイドメニューが嬉しい。
これだけでもお腹が一杯になりますね。

そして
お昼にですね、
鶏肉のお腹の中にもち米が入れ
グツグツと煮だった土鍋で
一匹丸ごと頂戴するという
サンゲタンなるものに初挑戦。

塩をつけて頂くそれは
びっくりするほどお肉が柔らかくて
美味しゅうございました。

糖質制限をしておりますが
今回はね、致し方ない。

このサンゲタンは
日本で言う土用の丑じゃございませんが
特に夏場になると
頂く習慣があるそうでございます。
お店の方が教えて下さいました。