泥棒?!

みっちゃんから
LINEで写真が送られてきた。

泥棒に入られたらしい。

浴室の格子が切られている。
ショッキングな写真でした。

この格子は
鉄製だったので
安全だと思った彼女は
換気の為に網戸にして
外出したとのこと。

鉄の格子が切られちゃうの?

ビックリした。

この鉄の格子も
中は空洞になっている為
工具があれば
切る事は可能なんだそうだ。

また別室の窓が開いていたそうで
プロの泥棒というのは
侵入すると
まず逃走経路を確保するのだそうで
そこから逃げたらしい。

盗られた物は
ドレッサーの上に会った
先日、私が送った
エグータムの料金の入った現金書留、
銀行の袋に入った現金50万円
そして
シャネルのピアスが多数。

その周囲には
シャネル、エルメス、ヴィトンのバックが
箱ごとごっそりあったわけですが
それは全くの手つかずだったらしい。

警察の方の話によると
泥棒はリピートするらしいですね。

なので
今回は下見程度だったのか。

対策としては
セコムと
全ての窓を防犯ガラスに変える事に
帰結した様だ。

「泥棒と鉢合わせしなくて
幸いだったじゃない。」
「命があっただけ
良かったよね。」

こんな言葉を頂くらしい。

確かにそうですね。

しかし、私が思ったのは
ピアスがイタイ。

彼女の所有するピアスは
ある程度、把握しているので

あのバック型のピンクのピアスは?
今年、羽田で買った
茶色のピアスは?

え”〜〜〜〜〜っ!!
それも盗まれたのぉ?!!

ガッカリした。

本当にガッカリした。

みっちゃん、気持ちわかるよ。
思い入れがあるものね。

彼女は特に
シャネルのピアスに関しては
かなりレアな物や
一見、シャネルのそれって
わからない物をセレクトする傾向があり

バイヤーさんに
「これは日本に数点しか
入荷していないんですよ。」という類の物が多く、
ピアスに対する思い入れが
とても強いのがわかっているので

彼女の「本当にガッカリだよ。」が
とてもよくわかる。

「チコちゃんも気をつけてね。」

うちはそもそもが無人になるという事がないのと
ある程度のセキュリティは
してありますけど

鉄の格子が切られるんですから
敵もプロ、侮れない。

早速、知り合いの工務店に
連絡をした次第です。