クーポン

私は殆ど全ての支払いを
カード決済にしておりまして

現金はほぼ持ち歩かず
ロンドンへ行った時にも
うっかりと財布に現金が500円しか
入っておりませんでしたが
結果的には
何の問題もなく行けたわけでございます。

これ
貯まったポイントが
バカにならないわけでして

患者さんにも
是非ポイントを貯めて頂きたく
かなり前に
医院をクレジットカード対応に致しました。

そして
先日も書き込み致しましたが
Tポイントから撤退する企業が増えたとの事で
その代わりに台頭してきたのが
スマホ決済のPayPayの類でございますね。

なので
当院も早速PayPay対応を導入致しました。

さて
最近思いますのは
そのカードすら持ち歩き不要と申しますか
スマホでの決済が非常に多くなりましたね。

オンラインでの買い物も
PCではなく
スマホからアプリをダウンロードして
買い物をする様に
推奨されている様に感じるのは
私だけでしょうか?

スマホにアプリをダウンロードすると
やれ500円引きクーポンやら
1000円引きクーポンやら
クーポン、クーポンと
画面に出ますので

これ、金額が大きいですから
取り急ぎ、ダウンロードしなきゃ
損な様な気がして
ダウンロードしているものだから

スマホのホーム画面も
お気に入りのショップの
アプリだらけでございます。

しかし
先日、スマホのヤフオクアプリの
500円引きクーポンで
大失敗してしまいまして
非常に落ち込んでおります。

PCでのヤフオクには
慣れておりますが
スマホでのそれは初めて。

500円引きは大きいので
必死で洋服を見ておりましら
1500円即決のワンピース。

可愛い。

500円引きって事で1000円。

尚且つ
Tポイントの620円を使って
実質380円也。

安いっ!と
入札するも

「?!!!!!」
ハッと我にかえりました

送料ぉ〜〜〜〜っ!!!!!!

よく見ると
『海外発送』!!!!!

目眩が致しました。

送料が2500円だそな(嗚咽。

致し方なく
決済を済ませましたがね。

そもそも
そのワンピースは
本当に欲しかったのか?

よくよく考えてみると
そうでもないわけですな。

500円引きクーポンに踊らされて
無駄な出費をしてしまいました。

落ち込みますなぁ…。

苦々しいので
ヤフオクアプリは消去致しました。

もう
スマホのクーポン通知には
決して踊らされないと
心に誓いましたっ!!

誕生日

誕生日でございまして
沢山の方からの
メッセージやプレゼントを頂戴致しまして
本当に有難うございました。

私、52歳でございますな。

娘時代には
「えぇ〜?あの人、30過ぎてんのぉ〜?!!
ヤバくない?!」

なんて
ほざいていたのが30年前。

そして現在
一日が過ぎるのが
1週間が過ぎるのが
1ヶ月が過ぎるのが
とても速く感じますね。

あと30年なんて
あっという間なんだろうなぁと思います。

昨年末に受けた健康診断で
これだけ自堕落な生活を送りながらも
全くもって健康という診断を頂戴し

日頃から私の体調を心配している
矯正のゆうこ先生が

「私の肺なんかは
スーパーモデル並みらしいぜ。」と言うと

「少しは悪い所でも(検査で)見つかれば
少しは自重してくれるのにね。」と
ヘラヘラしている私を
一瞥しておりました。

50代ってどうなのかしら…と
以前は戦々恐々としておりましたが

実際に超えてみると
まぁ〜楽しい事!

死ぬ気がしない。

患者さんにも
「私って不死鳥な気がするんよ。」と真顔で言うものだから、
また始まったよと
失笑されておりますし

友人にも
「多分私は死なないから
あんたの弔辞はしっかりやってあげるわよ。」と
弔辞代行も請け負う予定でございます。

こんな相変わらずの私でございますが
また今年もお仕事、頑張ります!

愛の囁き

友人のミハエラの彼のマークが
イギリスから参りました。

リアル英国紳士ですな。

特に私の好きなロンドンは
移民の方が多いので
マークの口から発する
生粋のブリティッシュ英語に
いちいち興味津々でございました。

まぁ〜相変わらず
二人はラブラブでございまして

彼の目には
私は一切入っていない様でございました。

行きつけのイタリアンレストランで

つか、
私…目の前に座ってんですけど…
つか、
私…お金も全部払っているんですけど…
つか、
シャンパン、よう飲むなぁ…
ボトル3本目なんですけど…
という私をよそに

映画のワンシーンの様な
マークの愛の囁きに
ミハエラは涙ぐんでおりました。

しっかし
外国の方ってすごいなぁと思った。

愛の囁きが
これ、日本語に訳してしまうと
ちょっとチープなんですが

君は僕のプリンセスだよとか
君さえいれば
僕は何もいらないとか
君は僕の光るダイヤモンドだよ
なんてぇのは序の口で

月を2周半する位
君の事を愛しているとか

「ん?何で2周半なんだろ…
半って事は月のあっち側に行っちゃうから
地球に戻ってこられないわけで
だったら2周か3周のキリのいい数字に
すりゃぁいいのに…なんてね。

いかんせん、
私は愛の囁きなんて
うちの亭主の口から
聞いた事がございませんで
慣れておりませんからなぁ。

家に戻ると
亭主がソファに踏ん反り返っておりまして

二十数年前に出会った頃には
ジョニー・ディップより
カッコいいと錯覚してしまった奴ですが
現在はその面影は皆無でございますがね。

まぁ私自身も
当時から比べれば相当劣化しておりますので
人の事は言えません。

「ハーゲンダッツ買っておいたよ。」

「え?何味?」

「抹茶。」

「わ〜い、ありがと!!」

これが我が家流の
愛の囁きかもしれませんな。