基礎化粧品

私は最近
クレンジング、洗顔そして
化粧水前のマッサージクリームの3点を
ポーラのBAというシリーズにデビューしまして
そのクオリティの高さに驚いております。

必要な皮脂は残しつつ
しっかりと汚れを落としてくれないと
気持ちが悪いですからね。

洗顔後のツッパリ感がなく
肌がモチモチして
大満足の商品に出会えました。

さて、基礎化粧品について。

40歳位までは
色々な化粧品にお金を使いましたが
結局のところ
どこのメーカーの物も
そこそこ優秀でございますから

基礎化粧品に関しましては
使い方、背術の仕方さえ
間違っていなければ
肌には効果が現れますし
結果的には
化粧崩れはしないのでは?と
思っておりまして

10年程前に
月に一度、佐伯チズ先生に
フェイシャルマッサージを
して頂いていた時期がございまして
先生もそう仰っておられました。

ただ
3時間のフェイシャルマッサージで
15万円という金額は
あまりにも高すぎたのと
また40歳そこそこの当時の私は
今の様に肌年齢を気にしなかったので
一年は続きませんでしたけれどもね。

さて
今回出会ったポーラのBAシリーズは
優秀ではございますが
これ、化粧水、乳液、クリームまで一式揃えると
金額的に相当な額になるので

化粧水からクリームまでの一連は
銀座清水薬局のじゅんれい水のシリーズか、
ドクターシーラボの
オールインワンタイプのゲルで
満足しております。

またこれは以前も申し上げましたが
箸方(はしかた)というメーカーも
侮れない。

何人かの患者さんに
「先生、本当に良い物を教えてくれた」と
言って頂けて嬉しい。

これはAmazonで見ると
お値段が高くなっているので
注意が必要でして
公式HPから購入しております。

なんと
化粧水、乳液が1188円
クリームが594円と
とにかく安い。

美容液、これが優秀で
値段も2268円ですが
箸方慣れしてくると
すごく高く感じるのですが
よくよく冷静に考えてみると
あのクオリティでこの値段は
ビックリする位安い。

白いボトルのシリーズと
美白に重点をおいた
青いボトルのシリーズがございますが

個人的には
しっとり系の白いボトルのラインが好き。

このメーカーは
とある知人が教えてくれたものでございまして

「他の人に絶対に教えちゃダメよ。
他人に綺麗になられると困るから。」と言われ

エェッ?!性格悪っ!と
その懐の小ささに呆れたのと

そう仰いますけど
あなた、そう言うほど綺麗ではないですよね?
藤原紀香さんが言うならまだしも…と
思ったのと

私はその方をあまり好きではなく
そもそも私自身が
彼女に勝るとも劣らない程度に
性格が悪いため
「絶対に言うな。」と言われたので

定期的にブログに書いて
公表しております…ウヒヒ。

買い物

私のクローゼットルームは
ハウスキーパーの清水さんが
それはもう完璧に整理整頓してくださっており
感謝しておりますが
肝心の私が
もう、どこに何があるのか
全く把握しておらず

いちいち清水さんに電話をして
「あのカットソーはどこ?」と
聞いていたという経緯があり
最近では季節毎に
シーズン物を取りやすいタンスに
移しておいてくれます。

長袖のかわりに
半袖のTシャツがきちんと整頓されていて
もう春夏だなぁと感じたわけですがね。

そのTシャツを眺めていて
ある友人の事を思い出しました。

いい人なんですよ。
仲良し…いやむしろ
大の仲良し。

しかしですねぇ
一つだけ彼女の欠点と言うんでしょうかね。
どうしても好きになれない所あり。

一緒に洋服の買い物には
行きたくないタイプなんですなぁ。

彼女はお洒落な人ですし
センスもいいんですね。

しかし
私とは趣味が違うので
この双方の趣味の違いというのを
もうちょいと理解して欲しいと思う。

「これ、すごく可愛いじゃない。
買いなさいよ。」

「……あんまり好きじゃないからいらない。」

「いやいや、絶対に似合うから!」

だったら買ってくれよ!と、思う。

口を出すなら金も出せよ!と、思う。

結局私が払うわけですから
放っておいて欲しい!と、思う。

お互いに50歳は過ぎているわけなので
ある程度、互いの好み、趣味は
尊重して欲しいと思うんです。

ハウスキーパーの清水さんが
キレイに整えてくれたTシャツの中に
先日購入したラコステのそれがあった。

ショップで白と紺があり
ラコステのワニがちょっとお茶目で
珍しかったので
一目惚れしてしまい
迷わず紺を買おうとしたら

「ちょっと待って!
私、紺のTシャツって
好きじゃないよね。
白にしなよ。」

えぇぇっ?!!

あんたの好み、知らんがなっ!

こういう時に
無駄な衝突は避けたいので
では白と紺を買おうとしたら

「だから紺はやめなさいよ。」

うっぜぇ…、
好きにさせてくれよ…と
少しイラッとしたのですが

やはり無駄な衝突は避けるべく
白のそれを購入。

タグのついたままのそのTシャツを見て
苦々しく思った今朝でございました。

腰使いが…

アフリカ旅行に向けて
現地のカルチャーをチェックしている昨今。

ナイトライフはどうなのかと
現地のクラブ、
おねえさんが接客してくださるそれではく
踊る方のクラブですな。

これの動画をいくつかチェックして
気になった事。

踊りが
特に女性の踊りが独特で
腰使いがビックリなんですな。

これは難しい。

イメージとすると
今、ちょいと話題の
こんな感じの腰使い。

うわうわうわ…、
何じゃこりゃ…。

私はですでね
手前味噌で恐縮ではございますが
踊りは下手な方ではない。

いやいや、マジで。

幼少期は日本舞踊を
やっておりましたし

小学生の頃の運動会で
全員で踊った
ビューティフルサンデー(古っ!)で
先生に褒められたし

バブルの頃には
ディスコで(これもまた古っ!)
お立ち台にはよじ登っておりましたし

結局続かなかったフラメンコも
先生に才能があると
お世辞も言われましたしね。

そんなダンサーチコも(エェッ?!)
これはちょいと難しい。

現地の方々は
こんな感じの踊りをいとも簡単にやっており
人種の違いと申しますか
DNAレベルで
無理なのでは?と思ったりして。

こんな動きをしていたら
ギックリ腰になりますからね。

すると矯正のゆうこ先生が
これなら簡単なのでは?と
教えてくれたサイトがこれ。

これは最初のそれに比べると
非常にカンタンでございまして
目下8割程度の仕上がりになりまして
完成に向けて
夜な夜な練習している
もうすぐ52歳になるオバちゃんです。

えぇ…、私はどこに向かっているのでしょうか?

アホですな。