待ってナンボ?

お盆の頃に
彼氏にフラれたと
意気消沈していた患者さんのKちゃん。

しかし可愛い彼女には
新しく好きな人が出来て
初デートなの!と、喜んでいたのが10日前。

その三日後にデートをして
めでたくゴールインしたらしい。

なので
彼氏彼女歴1週間でございますな。

その後、昨日来院されて
「先生、彼って
全然マメじゃないんですよぉ〜」と不満顔のKちゃん。

マメもなにも
付き合ってまだ1週間でしょう?

詳しく話を聞くと
要するにLINEなんですな。

お相手の男性にLINEをしても
既読がなかなか付かない、

先方からのLINEが頻繁ではない等
不満が多いらしい。

既読が付かないという事は
お相手の方は仕事で忙しいのかもしれないし
頻繁にラインをするという
その頻繁というのは
果たしてどの位のペースの事を言うのか、

「おはよ。」
「これから仕事」
「今、昼休み。」
「今、仕事が終わった。」
「家に着いたよ。」
「今、何をしているの?」
「お休み」

このペースを期待されたら
ちょっと厳しいのでは?と
Kちゃんにあえての苦言を呈しました。

昭和の私から言わせてもらうと
そもそも恋愛というのは
待つんですよ。待ってナンボ。

少なくても
昭和の時代の恋愛はそうでございました。

携帯もないですから
家の電話が頼みの綱。

いつ、彼から電話があるかわかりませんから
悶々と待つんですよね。

やっとかかってきた彼からの電話、
またこちらから彼にかけた電話も
あまり長電話をしていると
電話代が高かった時代ですから

「いい加減しろっ!」と
これみよがしに父が怒鳴りましたからなぁ。

手紙も待ちましたね。

毎日、郵便ポストを開けては
落胆したりね。

ですから
ポケベルの出現は画期的ではございましたが

結局、ポケベルで連絡しても
彼からの折り返しの電話を
ずっと待つわけです。

そんな古い話をKちゃんに致しまして
あまり焦らず、ゆったりと構えて
彼からの連絡を待ちなさいね…と
お伝えさせて頂いた次第です。

スーツを

「明日、婚活パーティーに行くんだけど
スーツを持っていないから
一緒に選んでくれないか。」と
、知人に言われ

もちろん快諾。

彼は身長が190センチ位あるのと
足が長いので
すぐに頭に浮かんだイメージが
ダニエル・クレイグですね。

この画像を彼に見せると
「いやいや、俺は無理だよ。」と
怖じけずいていたが
案外、シュッとした
いい感じに仕上がると予想。

予算の関係があるから
紳士服の青山でよろしく!との
ミッションを受け
今度はこちらが怖じけずく。

が!しかし!

紳士服の青山って
凄いことになっていますね。

低予算でシュッとなりますな!!!

ビックリしました。

店員さんに
この友人が婚活パーティー行くから
それ相応にシュッとした感じにして
特にジャケットの腰のラインは
シャープにして欲しいと
お願いすると

店員のKさんは
テキパキとスーツを出してきて

結果的に
首から下に関しては
(何気に失礼か?!)
かなり↓に近いラインが
出たと思う。

そして
驚いたのは値段ですね。

スーツ上下
しかも
パンツが2本!!ついて
半額の29800円。

そしてシャツ。
一枚5800円だとの事だが
2枚買っても同じ値段だとか。

という事はネクタイもぉ?!

「左様でございます。」と
満面の笑みで頷く店員さん。

どういう価格設定になっているんだろ…。

シャツ2枚と
ネクタイ2本のチョイスに
私と店員さんで1時間近く盛り上がり
肝心の婚活氏は
少し退屈そうでございました。

「エェッ?!!靴もないの?!!」

結局、革靴も買い
総額で6万円程度のお買物になりました。

メンズウェアの買い物は
楽しいですね。

ましてや
こちらの懐は痛まないのに
好きな物を選べるなんて!!

女性物より
型が決まっているので
組み合わせが案外難しいので
これが楽しゅうございました。

ちなみに
彼の婚活パーティーは

「収穫ゼロでした涙」との事でした。

ご活躍

イギリスのコッツウォルズ在住の
ささきひとみさん。

英国アンティークの陶磁器等のショップを
経営されながら

雑誌に自ら描いたイラスト入りの
コラムも連載中で

数年前から来日して
アンティーク講座を開催したり
NHKにも出演されたりと
そのご活躍ぶりは素晴らしい。

そして
来月、また来日されると
ご連絡を頂戴して

「是非、お食事でもしましょう。」と
楽しみにしております。

「本を出版する事になったので
送らせて頂きたいので
住所を教えてください。」と言われ

えぇっ?!!!!!
出版するんですか?!!!!

「Amazonのページに出ています。」

えぇっ?!!!!

早速、検索すると
「イギリスアンティーク手帖」と
しっかりと出ていたので
注文いたしました。

「いやいや、送って頂くなんて
とんでもないです。
購入させて頂きます…けど
サインもよろしくです。
ささきひとみさんが
超有名人になったら
ヤフオクで転売しますんでね…ウヒヒ。」と追記。

相変わらず、下賎な私でございます。

彼女とはメールのやり取りはあるものの
実際にはイギリスで2回
銀座で1回
お会いしただけなんですが

とても気の合う女性で
おっとりとした外見とは裏腹に

案外、サッパリとした
男前な内面をお持ちの方で
頭の回転がすこぶるいいので
大好きな女性の一人でございます。

お話が楽しくて
エンドレスで喋ってしまいます。

ただ私自身の
やさぐれオーラが
ハンパじゃねぇですから

前回のコッツウォルズでの
本格的な英国式アフタヌーンティーなるものを
ご教授願ったんですが

立ち呑みとは勝手が違いすぎて
”ティー”はこぼすし
やさぐれクイーンの私と
清楚な彼女の2ショットは
チグハグな印象を周囲に与えたかもしれません。

さて
彼女のいよいよ本の出版ですか…。

以前、チラリとそんな話も
伺っていましたが
有言実行が素晴らしいと思いました。

なかなか出来ませんからね。

このご活躍が
本当に嬉しいですねぇ。

来月は銀座で
彼女の個展を拝見しに伺う予定でございます。