お節介刑事(デカ)2

某日、某所の立体駐車場にて。

私は駐車した車の
運転席にいたんですがね。

アラサーの女性2人組を
同世代の男性3人組が
声をかけて誘っている様な
感じでございました。

人間ウォッチングが好きな私は
窓を開けてスマホを見ている振りをして
一部始終を聞いておりました。

大体こういった3人組の場合
リーダー的な存在がいるわけで
案の定、今回の3人組にも
リーダーがおりまして
まぁよく喋る事!

「へぇ〜。
”俺も”ゴルフやるんだよ。
ハーフで100以上出しちゃうけど!
ガハハ!」

あ…出た。

なるべく
女性に喋らせてあげるのではなく
自分が喋りたくなっちゃう
”俺は俺は星人”だな…と判断。

嫌なんだよなぁ…。

また
「ハーフで100以上」というのは
俺は俺は星人の
「してやったり」という顔から推測するに
おそらく
彼なりの”ジョーク”だった様だ。

全く、面白くないのと
そのしてやったり顔に
少し、怒りを覚えた。

ここで
お節介刑事(デカ)チコが登場する。

現在は和やかな雰囲気ではあるので
警察としては介入出来ませんが

いつトラブルに発展するかもしれず
一般市民の平和を願う
お節介刑事チコは
そのまま張り込みを続ける事にし
本部に連絡をする。

「もしもしぃ?
ちょっと遅れるから
皆で先に始めておいて。」

張り込みを続ける。

してやったり氏は
冒頭で「トゥハッ、」なる声で笑い
これから言う己のジョークに
先に笑っているという
自己愛ぶりに

お節介刑事チコは
更にイライラした。

そして「トゥハッ」の後
「俺なんか、50センチのパターも
外しちゃうから!!ガハハ!!」

そしてまた
してやったり顔。

えーーーーーっ?!
それジョークなのぉ?!!
そんなん普通ですってば!!

これはもう
職務質問しちゃって
いいんじゃないかなぁ。

「ご歓談中、失礼ですが
あなたはそもそもゴルフをなさいませんね?」

行くか…。

ここで再度本部に連絡。

「もしもしぃ?
うん、うん、
ハイボールを頼んでおいてよ。
ありがとね〜!」

本部との連絡の後
再度張り込みを続ける。

しかしアラサー女子も
流石にバカではございませんな。

「へぇ〜そうなんですかぁ」と
してやったり氏に話を合わせ
上手に彼を受け流し
結局、2人は帰って行きました。

お節介刑事チコは
してやったり顔が
残念な顔になったのを確認して
パトロール終了。

無事、本部に合流いたしました。