殿方について

日本の殿方について。

皆さん、勤勉で責任感もあり
誠実でございますね。

本当に頑張って頂いていると思います。

が!!!!

女性への対応…
これに対して
一言、申し上げたい。

ちょいと欧州の殿方のそれを
学んで頂きたい部分がございまして…
本当に差し出がましい
お願いではございますが

気に留めておいて頂きたく。

1)年齢問題
2)料理問題

この2点でございますな。

1)年齢問題
先日、
カウンター席で飲んでいると
隣に座っていた30代後半の殿方に

「おねえさん、歳いくつですか?
仕事は何をやっているんですか?」と、
突然聞かれたので

そもそも”おねえさん”ではないし
オバさんというより
最近では私の中身はほとんど
オジサンでございますからね。

「職質(警察の職務質問)かよ…。」と、
言ってやったんですがね。

本当によく感じるのは
初対面の時の
会話のとっかかりに
年齢と職業を聞いてくる
傾向にある様に思われ

これ、野暮かと思われます。

「失礼なんですが
一杯、ご馳走させて頂けませんか?」って言え!と、思う。

出来れば
「あまりにも綺麗な人なので。」も、付け加えろ!と、思う。

あんたが対象だと
言えねぇよ!!というご指摘。

作用でございますね。
そりゃあ無理でしょうけれどもね。

私が申し上げたいのは
一般論でございます。

今年のロンドン旅行でも
年齢を聞かれたのは皆無、ゼロで
ございましたです。

2)料理問題
今朝観たフランス映画
「モン・ロワ」のワンシーン。

ある晩、クラブで出会った大人の男女。

男性が女性を
きれいに整えられた自宅に招き
女性の為に、手際良く朝食を作るんですねぇ。

これ、これ、これ!!!!

殿方にお願いしたい事の一つに
デートの時に
女性が椅子に座り
朝ならコーヒーか紅茶を飲みながら
夜なら赤ワインを飲みながら

大人の男性が
手際良く料理をする姿を眺める…というのが
憧れでございますな。

今回の映画では
バンサン・カッセルがやるんですがね。

キャ〜!と、のけぞります…素敵すぎて。

というわけで
あくまでもこれ、
私の身勝手な意見でございますが

気に留めて頂きたく
お願い申し上げます。