Halloweeeeeeeeeeen!!!


先程、友人のみっちゃんから
突然、LINEで送られてきた写真。

自ずと


という反応になる。

ちなみに
みっちゃんは写真、むかって右側。

「な、な、何っ?!!!
何のお集まりぃ?」と。

彼女が通っている
スポーツジムでの
ハロウィンパーティーだそうで
仮装をして行ったらしい。

このアラジン風の
コスチュームに決めた
彼女の発想力と
実際にこの衣装を
どこで手に入れたのか知りませんが
その為に、相当ググったと思われ
(メルカリらしい)
その根気強さと
足元は
Supremeとadidasのコラボの
流行りのものを持ってきちゃうセンス、

あらためて
みっちゃん…スゲ…と
脱帽致しました。

彼女は私より2歳年上で
お付き合いも20年以上になりますが
本当に人生を楽しんでおり
歳を重ねる毎に
素敵になる人ですから
刺激を受けますね。

大切な女友達の中の1人です。

今夜はハロウィンだったんですね。

極端に世事に疎い私ですが
スタッフがハロウィンモードなるもので
iPhoneで撮影してくれました。

コーチ


この写真は
ジョナサン・リース=マイヤーズですね。

彼はファッションモデルもしていた経歴があり
いかんせん、カッコいいので
大好きな役者さんの1人でございます。

最近ですと
2017年の「ブラック・バタフライ」という映画で
相変わらずの男前ぶりを発揮してくれております。

彼はウッディ・アレン先生の作品
「マッチポイント」の主人公をやり
最初はテニスのコーチの役柄で出演します。

さて
私も最近、テニスを始めまして
週に1〜2回程、プライベートレッスンを
受けております。

初回のレッスン前…、
正直なところ

「ウフ♪どうなコーチなのかしらん」と
妄想…、いや想像し

ジョナサン・リース=マイヤーズみたいな人だったら

「どないするん?!!!!!!」と

妄想…いや想像し
ちょっと香水なんかをして
スクールに赴いたわけでございますね。

しかし
結果として…
残念…いや幸いな事に
「よっしゃっ!!
テニス”だけ”に集中しよっ!!」と
思わせて頂けるコーチでありました。

しかし
彼はとても熱心な方で
教え方もとても上手でして
レッスンを少し増やす事にいたしました。

テニスってとにかく面白いですねぇ。

頑張りますっ!

普通に

テニスのプライベートレッスンを受けて
ま、コーチのお世辞も
お上手なんですが
テニスは実はすごく面白いと発見し
コーチに勧めて頂いたラケットを購入。

Babolat(バボラ)なるメーカーの物。

ネットで購入して
届いた箱を開けてビックリ!

えぇっ?フレームだけぇ?

大学時代にベスト8までいった経験のある
南先生に聞いてみると

スポーツ店にて
ガットを張ってもらう必要があり
そもそもそのガットも
色々な種類があるから
お店の人によく聞いてきた方がいいですよとの事。

ので
日曜日に車でちょいと
ガット張りに行ってきました。

ブルーのフレームなので
反対色の赤かブルーピンクのガットにして
五井のGのロゴを入れてもらおうかと
色々と考えていたんですね。

ロゴの文字色は何色がいいかしらん♪

お店に着いて
店員さんにその旨を伝え
「ちなみに初心者なんですけれどもね。」と、言うと

どの位?と聞かれたので

「テニス歴ですか?2時間ですね。」

すると私の様な初心者の場合は
総合的にバランスの取れた
尚且つ、そのラケットが推奨する
ガットを選んだ方がいいとの事と
張る強さもあるそうで

結果的に一番いいと
選んで頂いたのがこれですね。

え〜〜〜〜〜〜っ!

白て…。

「これ、普通すぎませんかね?」

店員さんは
「つか、お前、
ズブズブの素人のくせに
うるさいんだよ。」と
言いたいお気持ちを抑え

「まずこれで慣れて頂いて…。」と
やんわりとしかし
毅然とこちらを勧めて下さったので

普通に…致しました(寂

庭にオートテニスを作るか…と
画策していたのですが

スタッフから
「またどーせ飽きるんですから
やめて下さい!」と、叱られ

以前も
「写真を現像したいから
暗室を作る事にしたのよね。
なので、空いている部屋を
片付けておいて。」と指示し

結果的に飽きちゃって
それっきりという前科がございますんでね。

暫くは
自宅での素振りと
レッスンで頑張ります。