お盆休み6

前回書き込みをした
アーセナルとマンCの試合は
キミというイタリア系移民の
家族経営の食堂のテレビで
観ておりました。

マンCが2点目を決めた時に
もう一度、アーセナルの駅に戻って
ホームのアーセナルのサポーター達の表情が
キックオフ前と後で
どの位違うのだろう…と
ふと興味を持ちまして
写真に撮りたいと思い

再度、地下鉄でアーセナルに行きました。
近いのでね。

結論から言うと
怖くて撮れませんでした。

こっそり撮影したのがこの2枚。

あくまでもイメージで言うと
ダブリンで家族代々
IRAをやっています的な
方々と申しますか

もっと言えば
元イギリス代表のルーニーを
ガッチリさせて
赤ら顔の酒焼けにした感じの方々と
申し上げると
わかりやすいかと。

ホテルの支配人曰く
「いやいや、今回の2チームは
とても安全な方ですよ。
もっと労働者階級色の強いチーム,
例えば
ミルウォールやワトフォードの
サポーター達だと
今でもフーリガンイズム
(って、言うんですね)が
根付いているから
僕でもスタジアムに
一人では行きませんねぇ…。」だそうだ。

これな現地でないと
中々得られない情報で
面白いなぁと思った。

さて今日は
3度目になるナショナルギャラリーへ
行ってまいりまして
ほぼ一日中、名画を眺めて来ました。
ゆっくりとリフレッシュ出来ました。