グレーゾーン

外国人によく言われるのが

日本人はYes/No をハッキリと言わない
所謂、グレーゾーンがある

ってやつです。

だからぁ…
面倒だなぁ…またその発言ですか。

「侘び寂び」ってのがあるんですよ…日本人のDNAには!

と、思いつつ

一応、
誰にも頼まれてもいないけれども
日本親善大使をやってますんで(えぇっ?!)
そこはハッキリとさせておく必要がある!という
使命感がフツフツと湧いてきます。

これを説明するには
まず「間」と、申しますか
「間合い」と、申しますか

今風に言えば
「空気が読める/読めない」を
とても重要視する人種なんですよと
説明する様にしております。

また日本人は「おもてなし」精神があるから
こちらがいちいち主張しなくても

相手がこちらの気持ちを察したり
その場の”空気”を読んで
やってくれますからね。

ホテルやレストランも
チップもないのに
あれだけの素晴らしい対応をしてくれるのは
日本だけだと思います。

さて、
外国にもある習慣ですけれども
彼らがあまり気にしていない節のある
習慣の1つに
お客様の「お見送り」がありますね。

トランプ大統領が
来日した時に
天皇皇后両陛下が

「車が見えなくなるまでお見送りされた」

ってヤツです。

これ、うちの母がそうでして
私が小さい頃から

「お客様がお帰りになられる時には
その方の車が見えなくなるまで
お見送りしなさい。」と、
厳しく言われたもので

私は今でもそれは気にしちゃうんですね。

お客さんが帰る時に
車に乗って
玄関を見ると
私が立っておりますから

「!!!」と、あちらも気を使って
慌ててシートベルトを締め
車を発進させて
会釈をして帰られます。

この習慣は

私が見送られる場合
「悪いからいそがなきゃ」となり
F1レーサーの給油並みに
急ぎますから

見送って頂かない方が
実は気が楽なのかなぁと
思ったり致します。

細かい気遣いの日本人同士の習慣ですな。

ですから
「あ、どうぞ、お気遣いなさらずに
見送りは結構ですから。」と
ご辞退する場合もございますね。

昨日の午後は
仲良しの友人のミハエラがきました。

彼女は外国の方ですから
こういった気遣いは不要で
帰る時も楽でございます。

「バイバ〜イ」と、言ってハグ&キスをして
彼女がドアを閉めたら
私が”ガチャ”と、ドアの鍵を閉めても
彼女はそれを失礼とは感じません。

私はそのままきびすを返して
見送る必要がない。

楽っちゃぁ楽ですな。

しかし
日本人の誤解されやすい
”グレーゾーン”とやらに関しては
今後も私なりに
説明していきたいと思っております。