髪の毛切ったの?

先日、I君という31歳の
営業の方がいらした。

所謂、今時の主張しすぎない
相手との間合いの取り方が上手な
好青年でした。

私は会社勤めをした事がないので
存じ上げなかったんですが

I君に聞いた話ですと
会社では
セクハラ、パワハラ絡みの規制が厳しいらしい。

このセクハラですが
映画界では
昔は特にひどかったらしいですな。

マリリン・モンローの時代では
役を得るためには
枕営業は当たり前だったそうで

それから時代が過ぎて
「デボラウィンガーを探して」(2002年)の
ドキュメンタリー映画では
その様な習慣もまだ残っている節もあり
それらの不満を
女優さん達が赤裸々に語っておられます。

そして
今年の英国アカデミー賞授賞式では
女優さん達が
セクハラ抗議のために
皆さん、黒のドレスを着用されていました。

少しづつかもしれませんが
こういった草の根運動を通して
改革されていく事を願います。

さて、 I君の話に戻りますが
彼に言わせると

上司が部下の女性に
「髪の毛を切ったの?」と、聞いた場合も
セクハラに該当するんだそうな。

そのガイドラインは
一体誰が作っているんでしょうか。

例えばですよ、

上司が
佐藤浩市だったとして
オダギリジョーだったとして

彼らが少し照れた様な表情で

「あれ、髪の毛切ったんだね。」

妄想しただけで
嬉しいと思うんだけどなぁ。

今からでもOLさんやりてぇなぁ…と。

結局、ケースバイケースと申しますか
上司と部下の
信頼関係が構築されていれば

「髪の毛切ったの?」は

アリだと思うんです。

私は感情の起伏の激しい
気難しいタイプの上司だと
日々反省しているわけですが

スタッフの事は家族だと思っており
大好きでございますんでね。

その辺は彼女達も理解してくれていると
(勝手に)思っておりまして
気持ち良く仕事をさせてもらっています…少なくても私は。

大切なのは対話かと。

なんつって
もしかすると彼女達は
相当我慢をしているかも…(汗。