給食

ありえない物のジョークで

イギリスのグルメ本
ドイツのジョーク本
イタリアの軍隊

ってのを聞いて
言い得て妙だと笑った記憶がございますが

確かに一般的には
イギリス料理は美味しくないという
俗説がございますね。

ただイギリスに旅行した時に
特にロンドンは
世界中の有名レストランが
それはもう沢山ございまして
それだけ需要があるわけでしょうし

ちょっとしたお食事も
決してまずいとは
思いませんでした。

有名な
フィッシュ&チップスも
ベーコン&エッグスも
もちろん美味しゅうございました。

文藝春秋special2017年秋冬号で
世界近代史入門という特集があり

「産業革命がイギリス料理を”まずく”した」という論説が載っていて
これ、とても面白い内容でして
なるほどなぁと思いました。
(この特集号、ちょいとお勧めです)

美味い、不味いというのは
これ好みでございますから
何とも言えないのですけれども

その国のお料理がどうなのか

私、個人的な意見なのですけれども
1つの指針として
学校給食を見ると
参考になるのでは?と思います。

とてもわかりやすいサイトがありまして
ちょっと画像をパクらせて頂きました。

スペイン
2017-10-08 10.06.53

ギリシャ
2017-10-08 10.06.23

韓国
2017-10-08 10.06.02

ブラジル
2017-10-08 10.05.44

フランス
2017-10-08 10.05.15

イタリア
2017-10-08 10.04.58

フィンランド
2017-10-08 10.04.35

各国、その国の特有の個性がありながら
栄養バランスの取れた給食メニューだと思います。

映画「マイケル・ムーアーの世界侵略のススメ」でも
フランスの小学校の給食が
取り上げられておりました。

セラミックの食器に
ナイフとフォークを器用に使い
コース料理さながらの給食を食べる子供達の風景は、
微笑ましいものでした。

随分前になりますが
イギリスのシェフ
ジェイミー・オリバーの
給食革命という番組がございます。

イギリスとアメリカの給食がひどい!と
改革に奮闘する番組ですね。

こんな感じの給食でした。
スクリーンショット 2017-10-03 15.55.29

酷すぎますね。

朝、シリアルを食べて
学校でこんなのを食べて
夜はピザかマカロニチーズですかね。

これでは食育なんて出来ない様な気がいたしました。