バカ二人

有名な弔辞と言えば
赤塚不二夫氏の葬儀で
勧進帳での弔辞をおこなった
タモリ氏のそれが頭に浮かびます。

矯正のゆうこ先生に
「ゆうこの葬儀では
私がきっちりと弔辞をやりますから。」と、言ったら

「私が先かいっ!」と、苦笑していた。

そんな話をスタッフのかさいちゃんにしたら
「私の弔辞もお願いします。」と、頼まれた。

彼女は時々
面白い事を言う。

私より10歳下の彼女のですが
何だか私は最近、
自分が不死身なんじゃねぇか…と、
思う節もあったので(←相変わらず、バカ)

かさいちゃんのオファーを快諾。

きびきびと仕事をする彼女を眺めながら
弔辞の文章を考えて

司会進行役の一人二役で
彼女の前でやってみた。

「かさいちゃん…。
35年前、あなたが面接に来たのが
最初の出会いでしたね…。
私は開業して50年が経ちますが
最初の3年間は…
あなた程、私の手を煩わせた子はいませんでした。
あなたは毎日怒られても
一日も休まず出勤し…
3年を少し過ぎた頃から頭角を現して来ましたね。
それからは…」

こんな感じの冒頭でどうよ?と、
本人に確認すると

「いやぁ〜、先生。
すごくいいと思います。
生きているうちに
弔辞を聞けるなんて嬉しいです!
なんか感動…。」と、うっすらと涙を浮かべる彼女。

そんな彼女を見て
私ももらい泣き。

バカ二人である。