フォトグラファー

一年に一度
ブルックリンから通って下さる
患者さんのFさん。

ケネディ国際空港だったんでしょ?
出国ってやっぱり厳しいの?

と、現地の事情を聞いてみた。

機内に乗り込むまでに
手荷物チェックで3回止められたらしい。

彼女はとても清楚な印象の女性。

そんな彼女でも
厳しいチェックが入るのであれば

私なんぞは
まず外見が怪しいですから
入国出来ないんじゃないかなぁ…と、思った。

実はですね。

ニューヨークに行くか…と、
思わされた映画があったんですな。

2017-03-06 17.14.22

「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」(2013年)

ニューヨークで活躍する
ストリートフォトグラファー15人を追った
ドキュメンタリー映画ですな。

写真がいい。

2017-03-06 17.13.16

2017-03-06 17.13.49

2017-03-06 17.12.33

写真を見るのは大好きですが
写真を撮る才能が皆無という事実を
全く認めようとしない私は

「いやぁ…困ったな。
ヨーロッパ旅行は一時お休みをして
ニューヨークに行くか…。
だってニューヨークが私を呼んでいるもの」と、
天を仰ぐ。(←バカに付ける薬なし)

以前、プロのカメラマンの方の事は
こちらのブログで書き込みを致しましたが

彼とカメラの話をしている時に

「(キャノンの)EOSは僕も使っていますよ。
いいですよね。
え…?EOS Kissですか…。
…いいと思いますよ。」の

「え…?」と少しの沈黙に
EOS Kiss3台目ユーザーの私は
とてもショックを受けたわけです。

やっぱりプロはKissは使わないのね…と。

んじゃ、まずカメラを買わなきゃな…プロとして。
(←だから、プロじゃないよね?)

しかし実際のところ
「何を持てば通っぽいんかなぁ…」と
真剣に調べるアホな50ちゃい。

2017-03-06 17.58.32

2017-03-06 17.59.45

2017-03-06 17.59.10

映画の中に出てくる
プロの方のカメラも参考にしつつ
深夜に鬼検索しておりました。

映画では、フォトグラファーの方々でも
昔ながらのフイルム派と
デジタル派と
人それぞれな様ですね。

しかし
ある女性のフォトグラファーの方の

カメラなんか何でもいい。
重要なのは写真…という言葉に

なるほどなぁ…と。

少し前に
「最近、ヘビロテで使っているカメラは何ですか?」という質問に、
篠山紀信が
「iPhone」と、答えておりましたしね。

ちなみにですね…
私のカメラの”腕前”は

一眼レフ”所有”歴だけは
無駄に長いんですけれども

その都度亭主に
「”絞り”って数値が小さいとどうなるんだっけ?」と、電話をし

「だからぁ…、もういい加減に覚えなさいよ…。」と
呆れられているレベルでございますんで

まず、そこからでございますな。