妄想発言?

我が家でお勉強をしている中3のYちゃんですが
2泊3日の修学旅行へ行ってきました。

戻って来た日位は休むかな…と、思っておりましたが
夜の9時頃にうちに来まして
私やスタッフにお土産を渡し
すぐに勉強を始めました。

IMG_1495

私も、かなり難易度の高い英作文を100問程
用意はしておいたわけですが
「電車でしっかり寝ましたから大丈夫です。」と
せっせと解いておりました。

「Yちゃん、スゲーな…。」と、言うと

「先生のおかげですよ。」と、彼女。

「まぁね。」←謙遜しない私。

比較的順調に成績ものびていて
ちょっとレベルの高い高校を狙っている彼女ですが

ついでに
「東大あたりを狙っていくか?」と、提案してみた。

「え?!」と、狼狽する彼女。

Yちゃんが東大に受かったら
本をだそうかと思って…と、話した。

「オール3だった子でも東大です!」というタイトルで

帯表紙が
「お母さん、子供さんに『勉強しなさいっ!』って言ってませんか?」

これ、売れるんじゃねぇかなぁ…。

ベストセラーになったら
印税がガッポリ入るじゃ〜ん。

そんでもって講演依頼も殺到するじゃ〜ん。

講演費もガッポリじゃ〜ん。

そうなったら…もう…左団扇ですなぁ…。

うっひゃっひゃっ♪

な〜んていう
私のアホな妄想発言を

Yちゃんは軽く受け流し
尚且つ、
「ハイハイ…そうですね!
先生が言う事は間違いがないですから。」と

”とりあえずおだてておけば機嫌が良い”…という
私の性格を熟知しているようで

”危険物取扱い”も上手い。

そんな彼女はその後も
深夜まで勉強しておりましたですよ…。

「ユーロ(サッカー)が始まるから観ないとだから…
2階に行くね。」と、言うと

「はい。お疲れ様でした。」と、沈着冷静なYちゃん。

精神力の強さに脱帽です。