嗅覚

お恥ずかしい話ですが
今までペヤングソース焼きそばを食べた事がなかったんです。

スタッフの吉田ちゃんに
ペヨング(?)を頂戴して
興味本位で食べてみたら

ビックリする程、旨かった!!!

遅咲きのペヤングデビューですな。

さて…先日
深夜にこっそりと買いに行ったペヤング数個を
フードストッカーの棚にしまっているのを

ラブラドールの道三が見ていた…。

嫌な予感はしつつ
扉を閉めて1階のオフィスに降りた。

しばらくして
2階のリビングに行くと

部屋中にペヤングが散乱しているわけですな。

扉を開け
引き出しを引っ張り
中からペヤングを出して
かじってカップをこじ開け
生麺を平らげた道三は…

ご満悦でソファにふんぞりかえっていた…。

部屋中に散乱したペヤングの残骸を片付け
嗚咽しつつ掃除機をかけ
一つだけ無事に残ったペヤングを

道三の届かない所にしまいました。

しかし…
犬の嗅覚ってある意味すごいな…なんて
思ったりもした。

その数日後
久しぶりに帰ってきた夫が
ソファで熟睡しておりまして
毛布をそっとかけるも
ピクリともしないので
明け方、家に帰ってきましたから
相当疲れているのだろう…と、思ったわけです。

私は昼休みでしたから
そういえばペヤングが一つだけ残っていた♪と
用意をして
ソファに座り
食べようとしたら

「…いい匂いだな…。」と、亭主っ!

えぇっ?!!起きるんかいっ!

苦々しい気持ちを抑え

「どうぞ…。」と、渡すと

「いいのぉ?」と、嬉しそうに食べ始めたものだから
首を締めてやろうかと思いました…が

亭主の嗅覚もすごいな…犬並みだな…と
ある意味、感心したりいたしました。