お盆休み7

ロンドンの人って
歩くのが異常に早いんですね。

私は生粋の群馬県人ですから
どちらかと言えば車派。

でも見栄っ張りなので
現地の人から見れば
思いっきり観光客でしょうけれども

「ロンドン子です」を
アピールするために
誰も見てねぇのに
早歩きしてみたりして。

角を曲がって
「む、無理…、吐きそう。」と
ゼェゼェする始末。

えっと
今日は私の滞在中、
珍しく雨は降らず
でも相変わらず寒かったです。

こんな装い。

これは完全に秋冬仕様でございますな。

しかしこれでも寒いかも?と
思える様な気温でございましたが

予めのリサーチ不足の観光客の方は
こんな装いで
寒い!と嘆いておりました

私が夫と結婚する前に
共通の友人であったJadeという
現在、オーストラリア在住の友人がおりまして

彼女の紹介で
本日はPortobello Market等
行ってまいりました。

等、と申しますのは
グーグルマップすごいですな。

あえての地下鉄一つ前の駅で降りたりしても
きちんと案内してくれますから
非常に頼もしい。

日本ではなかなかこのデザインは…という
主としてアクセサリー、
私の場合はピアスのお店で買い物を楽しんだり
致しました。

矯正のゆうこ先生や
みっちゃんは良く知っていると思うのですが

私はどこへ行っても店員さんと
特に綺麗な方と仲良くなる習慣がございまして

今回も色々な方とご縁を頂戴して
今夜はクリスティーナという
27歳のとても綺麗な彼女と
最終日ということもあり
飲みにいく予定でございます。

彼女とそのフィアンセが
新婚旅行を来年の5月に日本へと考えているそうで
是非是非!
日本は「おもてなし」精神があるから
とにかくびっくりするわよ!と
親善大使をしておきました。

お盆休み6

前回書き込みをした
アーセナルとマンCの試合は
キミというイタリア系移民の
家族経営の食堂のテレビで
観ておりました。

マンCが2点目を決めた時に
もう一度、アーセナルの駅に戻って
ホームのアーセナルのサポーター達の表情が
キックオフ前と後で
どの位違うのだろう…と
ふと興味を持ちまして
写真に撮りたいと思い

再度、地下鉄でアーセナルに行きました。
近いのでね。

結論から言うと
怖くて撮れませんでした。

こっそり撮影したのがこの2枚。

あくまでもイメージで言うと
ダブリンで家族代々
IRAをやっています的な
方々と申しますか

もっと言えば
元イギリス代表のルーニーを
ガッチリさせて
赤ら顔の酒焼けにした感じの方々と
申し上げると
わかりやすいかと。

ホテルの支配人曰く
「いやいや、今回の2チームは
とても安全な方ですよ。
もっと労働者階級色の強いチーム,
例えば
ミルウォールやワトフォードの
サポーター達だと
今でもフーリガンイズム
(って、言うんですね)が
根付いているから
僕でもスタジアムに
一人では行きませんねぇ…。」だそうだ。

これな現地でないと
中々得られない情報で
面白いなぁと思った。

さて今日は
3度目になるナショナルギャラリーへ
行ってまいりまして
ほぼ一日中、名画を眺めて来ました。
ゆっくりとリフレッシュ出来ました。

帰国しました!

ロンドンから無事に帰国いたしました。

最終日前日は
コッツウォルズに在住の
英国アンティーク専門家の
ささきひとみさんに会いに
行ってまいりました。

パディントン駅から2時間程
電車に乗って
モートンインマーシュという
小さな駅に到着。

彼女が駅まで迎えに来て下さって
築500年という
重厚なホテルでお茶をして

その後、場所を移動して
アフタヌーンティーに挑戦。

一見、とてもエレガントな
女性らしい印象を与える彼女ですが

とても頭の回転も良く
いい意味で男前な方ですから

話をしていてとても楽しいのですね。

時間に追われて
あちらこちらと
観光名所を巡るのもいいのですが

ゆっくりと
お茶をしながら
仕事の話、家庭の話なんかをしてね。

とても有意義な時間を過ごせました。

地元のスーパーに連れて行って頂き
面白い調味料を沢山買って来ました。

今回のイギリスの旅は
タクシーを一度も使わずに
地下鉄もナショナル電車も
長距離バスも
しっかりと把握できましたから

来年も是非、行ってみたいと思います。

今回の旅で
とてもリフレッシュ出来ました。

また明日から頑張って働きます!

ただ…
もの凄く食べちゃったんですよねぇ。

なのでダイエットもね…(涙。