アフリカ 3

車の国際免許を持っていても
ナイジェリアでの運転は
相当勇気がいるなぁと。

スピード制限が無い(!!)らしいのと
ドライバー同士の
譲ろう精神が皆無な様で

皆が我先にと運転するものだから
車同士がかなりの接近戦になり
自ずとクラクションも
鳴りっぱなしという感じで

クラクションなんぞは
「ありがとうございます。」合図で
ファ〜ン〜という程度しか
鳴らした事がない私としては

タクシーの後部座席に座っていても
カーチェイスさながらの運転に
冷や冷やいたしました。

ちなみに
あちらではタクシーは
表示もメイターもなく
一般車両と変わらないが

道端に立っていれば
あちらから近寄って来るので
そこで初めて
それがタクシーだと分かるわけで

その後は運転手さんに
目的地を伝え
値段交渉をする流れでございました。

空港に到着し
最初のタクシーとのやり取りで
相当、ふっかけられている予感がしたので

「いやぁー、無理無理っ!」と
半額に値切ってみると
いとも簡単に半額になったので

もしかするともっと値切れたのかしら…なんて
思ったり致しました。

「タクシーの運転手さんって
特別な免許がいるんですか?」と
聞いてみると

「うん、そうだね。
車の免許と車の登録証が必要だな。」と
してやったり顔をしたので

それって普通じゃねぇかよ…。
何でしてやったり顔をするんだよ…と
思ったり致しました。

現地滞在中
私の私設警護団は
5人まで膨れ上がったわけですが

移動は殆どが
トヨタの古いカローラのタクシーで

私と運転手さんを含めると
総勢7人になるわけですが

後部座席に4人
助手席に2人
乗っちゃってのタクシー移動だったわけですが

もちろん乗車人数の制限なんかも
ないそうですね。
だってスピード制限がないわけですから。

もう、何でもアリの交通事情でございました。

追記:
何て言う乗り物か存じませんが
こんなんもありました。

もちろん「し…死ぬな。」という程
物凄いスピードです(苦笑。

アフリカ 2

ナイジェリアは軍事国家なんでしょうか。

道路のあちこちに
トカレフみたいな銃を抱えた
軍人がおりまして
かなり怖かった印象。

また
中国経済に支えられているのか
あちらこちらで
中国語の看板を目にしたり
スマホも
私が知り合った方々は
中国製のスマホを使っておりました。

100米ドルくらいだそうな。

iPhoneを持っていたのは一人だけでございました。

やはり高価なんでしょうね。

さて帰国時の空港での事。

空港に入る時など
それって今、必要なの?と
いちいちパスポートを見せろと
それはもうチェックが厳しかったわけですが
驚いたのは
厳しいくせに
変なところが『ゆるい』んです。

フライトのチェックインカウンターから
手荷物検査をして
税関を通るというのは
日本と同じ流れなんですがね。

やっと到着した
最初の
フライトのチェックインカウンターで
ビジネスクラス専用のカウンターが
クローズされていたので
係りの人に
「ビジネスクラスなんですけど。」と言うと
空港職員の人が近寄ってきて

既に並んでいる人をすっ飛ばして
優先的に手続きをしてくれたわけですが

すっ飛ばしていいんかなぁ…と思うわけですよ。

既に並んでいる方々に申し訳ない。
日本では考えられないなぁと。

さらに驚いたのがその後。

私のパスポートを持った
彼の後をついていき
手荷物検査やら
税関でも

その彼が各ブースの職員に
何やら現地語で伝えると

やはり既に並んでいる人をすっ飛ばして
優先的にそれもザックリと
大してチェックもせずにスムーズに通過。

銃を持った人がいる重警備のわりには
めっちゃゆるいなぁと。

また例えば税関でも
相当な搭乗客が並んでいるわけですが
職員同士で雑談したりして
搭乗客を待たせても
あまり気にならないようで
ざっくりとしているなぁと。

「私、このペンの色好きなのよネェ」的な
もう、どっちゃでもいい会話をしているわけですな。

知らんがなっ!

まぁ結果的に
私はその彼が全てのブースを
すっ飛ばして下さったお陰で
あっという間に
搭乗口近くにあるラウンジまで到着。

すると
その彼…チップをよこせと言うわけですな。

はぁん…なるほどね。

親切心ではなくチップ目的なのね。

10ドル紙幣しかなかったので
それを渡すと
「これだけぇ?!」と、言うので

「ふざけんなっ!!」と、一喝。

すると
「テヘヘ」と言う顔をして
彼は去って行きました。

テヘヘて…苦笑。

現地で知り合った方々の
政府に対する不満や
賄賂がないとダメなんだよねという
発言を思い出したりした。

さて
いざ搭乗という時に
職員の女性が

「素敵な髪型ね。」と。

ありがとうございますと言うと
あら、日本からなのねとか
iPhoneX見せてとか
結婚しているの?とか
ナイジェリアはどうだった?とか
とてもフレンドリーなんですけれども

だからぁっ!後ろが長蛇の列じゃんかぁっ!と
気になって気になって
冷や冷や致しました。

また
紙に自分の名前と電話番号を書いてくれて

ナイジェリアに来たら
連絡してね!との事。

苦笑でした。

どんだけ、フレンドリーなんっ!

まぁ、そう言われれば連絡しますけれども
まずですねぇ
仕事をしましょうよ!
長蛇の列の対応をして頂きたく。

バンコクへ

6日から10日まで
M先生のクリニックの社員旅行に
ちゃっかりと同行させて頂き
バンコクに行って参りました。

フライトもホテルも
申し分ございませんでしたし



観光名所巡りや
街探索も活気があり
楽しゅうございましたし
古いお付き合いの
スタッフさん達との再会も
楽しかったです。










絶対に日本では使用できないよね?という物を
買ってしまうのも
旅の醍醐味ですね。

しかし
1つのグループに
ボス猿は2匹いりませんから

今回は私はアウェイでございますんで
先方様のご意向に
合わせておりまして

少し辛かったのは
夕食でございました。

普段は食べないですから
案の定、2.5キロ太りましたです。

月曜日の早朝に羽田に着き
祭日でしたから
都内の移動は
タクシーの方が早いと判断し東京駅に急ぎ
新幹線で無事に高崎駅に到着しまして

昨日は滞りなく
診療が出来ました。

午後はゆっくり休んだので
今日からまた頑張ります!

追記
他院さんのスタッフさんと数日過ごし、
皆さんとてもいい方ばかりでしたが

うちのスタッフは
やっぱり最高だなぁと
少し離れてみると
有り難さがわかりますね。

感謝です。