普通に

テニスのプライベートレッスンを受けて
ま、コーチのお世辞も
お上手なんですが
テニスは実はすごく面白いと発見し
コーチに勧めて頂いたラケットを購入。

Babolat(バボラ)なるメーカーの物。

ネットで購入して
届いた箱を開けてビックリ!

えぇっ?フレームだけぇ?

大学時代にベスト8までいった経験のある
南先生に聞いてみると

スポーツ店にて
ガットを張ってもらう必要があり
そもそもそのガットも
色々な種類があるから
お店の人によく聞いてきた方がいいですよとの事。

ので
日曜日に車でちょいと
ガット張りに行ってきました。

ブルーのフレームなので
反対色の赤かブルーピンクのガットにして
五井のGのロゴを入れてもらおうかと
色々と考えていたんですね。

ロゴの文字色は何色がいいかしらん♪

お店に着いて
店員さんにその旨を伝え
「ちなみに初心者なんですけれどもね。」と、言うと

どの位?と聞かれたので

「テニス歴ですか?2時間ですね。」

すると私の様な初心者の場合は
総合的にバランスの取れた
尚且つ、そのラケットが推奨する
ガットを選んだ方がいいとの事と
張る強さもあるそうで

結果的に一番いいと
選んで頂いたのがこれですね。

え〜〜〜〜〜〜っ!

白て…。

「これ、普通すぎませんかね?」

店員さんは
「つか、お前、
ズブズブの素人のくせに
うるさいんだよ。」と
言いたいお気持ちを抑え

「まずこれで慣れて頂いて…。」と
やんわりとしかし
毅然とこちらを勧めて下さったので

普通に…致しました(寂

庭にオートテニスを作るか…と
画策していたのですが

スタッフから
「またどーせ飽きるんですから
やめて下さい!」と、叱られ

以前も
「写真を現像したいから
暗室を作る事にしたのよね。
なので、空いている部屋を
片付けておいて。」と指示し

結果的に飽きちゃって
それっきりという前科がございますんでね。

暫くは
自宅での素振りと
レッスンで頑張ります。

有難う

映画というのは
私の生活の一部で
なくてはならない物でして

同じく超がつくほど映画好きの
インプラントの姫野先生とも
よく話をするんですがね。

「まぁ老後に1人になっても
映画さえあれば
生きていけるよね。」ってヤツですな。

ですから
映画に対する思い入れが強すぎて
例えば
米の俳優、
フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなった時に
あまりにもショックで
結構な期間、引きずってしまうわけですね。

ですから
ウッディ・アレン先生や
クイント・イーストウッドには
いつまでも元気で
作品を世に送り出して頂きたく
お身体を心配しております。

さて
そんな私ですから
先日亡くなった樹木希林さんの事は
いまだにショックから
立ちなおっておりませんな。

晩酌をしながら
彼女の出演している映画を観たり
YouTubeでインタビューを聞いたりと
しておりますね。

彼女の発する言葉というのは
もう殆ど法話に近いものがございますね。

昨夜、これはいい事を仰るなぁと
感動した事がございましてね。

「ありがとう」という言葉を
漢字で書いてみると
「有難う」となりますね。

「難」が「有る」から
ありがとうなんだそうですね。

これは素晴らしいと思いました。

私にとっての「難」となると
現在、夫婦喧嘩中の夫ですな。

夫婦喧嘩といっても
昔の様に言い争うわけではなく
そのエネルギーが勿体ないですから
冷戦状態になりますね。

特にうちは週末婚ですから
連絡をしばらく断ち
そのうち双方で何で喧嘩をしていたか
忘れてしまい
元の鞘に収まるという
かたちになるわけですな。

樹木希林さんの「有難う」の”法話”に
とても感動してしまった私は

昨夜は夫に「有難う」と
LINEをしたんですな。

するとあちらから
「こちらこそ有難う」とレスがきた。

有難うは
本当にありがたい言葉だなぁと思った次第です。

お節介刑事(デカ)2

某日、某所の立体駐車場にて。

私は駐車した車の
運転席にいたんですがね。

アラサーの女性2人組を
同世代の男性3人組が
声をかけて誘っている様な
感じでございました。

人間ウォッチングが好きな私は
窓を開けてスマホを見ている振りをして
一部始終を聞いておりました。

大体こういった3人組の場合
リーダー的な存在がいるわけで
案の定、今回の3人組にも
リーダーがおりまして
まぁよく喋る事!

「へぇ〜。
”俺も”ゴルフやるんだよ。
ハーフで100以上出しちゃうけど!
ガハハ!」

あ…出た。

なるべく
女性に喋らせてあげるのではなく
自分が喋りたくなっちゃう
”俺は俺は星人”だな…と判断。

嫌なんだよなぁ…。

また
「ハーフで100以上」というのは
俺は俺は星人の
「してやったり」という顔から推測するに
おそらく
彼なりの”ジョーク”だった様だ。

全く、面白くないのと
そのしてやったり顔に
少し、怒りを覚えた。

ここで
お節介刑事(デカ)チコが登場する。

現在は和やかな雰囲気ではあるので
警察としては介入出来ませんが

いつトラブルに発展するかもしれず
一般市民の平和を願う
お節介刑事チコは
そのまま張り込みを続ける事にし
本部に連絡をする。

「もしもしぃ?
ちょっと遅れるから
皆で先に始めておいて。」

張り込みを続ける。

してやったり氏は
冒頭で「トゥハッ、」なる声で笑い
これから言う己のジョークに
先に笑っているという
自己愛ぶりに

お節介刑事チコは
更にイライラした。

そして「トゥハッ」の後
「俺なんか、50センチのパターも
外しちゃうから!!ガハハ!!」

そしてまた
してやったり顔。

えーーーーーっ?!
それジョークなのぉ?!!
そんなん普通ですってば!!

これはもう
職務質問しちゃって
いいんじゃないかなぁ。

「ご歓談中、失礼ですが
あなたはそもそもゴルフをなさいませんね?」

行くか…。

ここで再度本部に連絡。

「もしもしぃ?
うん、うん、
ハイボールを頼んでおいてよ。
ありがとね〜!」

本部との連絡の後
再度張り込みを続ける。

しかしアラサー女子も
流石にバカではございませんな。

「へぇ〜そうなんですかぁ」と
してやったり氏に話を合わせ
上手に彼を受け流し
結局、2人は帰って行きました。

お節介刑事チコは
してやったり顔が
残念な顔になったのを確認して
パトロール終了。

無事、本部に合流いたしました。