ラップ 2

もう一年以上も前になりますが
高崎の美容院に行って
駅前で一人呑みをし
タクシーに乗るために
駅のローターリーを歩いていたら

20歳前後の青年3人が
ラップをしておりまして
聞き入っていると

「ありがとうございます。」と
見た目とは全然異なる
お行儀の良い対応に感心。

何でも即興で(ラップが)出来るの?と、聞くと
出来ると言う。

「オネエさんはお仕事、
何をされているんですか?」に

「主婦。」と、言うと
まさか〜と3人爆笑。

え?どゆこと?
一応、主婦ってゆうーか
それっぽい事はしてんだけどな。

「なんか、東京の金持ちの社長っぽい笑。」

に、苦笑。

まぁ東京ではないし
金持ちっていう程でもないけどね。

「東京、金持ち、社長」のキーワードで
即興をしてくれまして
私は大喜び。

3人とは
何となく意気投合して
インスタで連絡先を交換。

もちろん私の素性はあかしておりません。

律儀に彼らは
連絡をくれて
新しい作品のYouTubeを
送ってくれております。

しかしながら
一生、彼らと関わることは
ないだろうなぁと思っていての
最近の私のラップブーム。

ラップバトルに出たいブーム。

人脈に無駄はないなぁと痛感。

早速「お久しぶりです。」と
メッセージを送ると
「どもです!」と即答。

ラップバトルに出たいので
ラップの家庭教師をしてくれない?に

まぢすか?!

時給を提示すると

まぢすか?!

と、快諾。

この週末である程度の基礎は把握したので

来週から週一でレッスンをお願いする事になりました。
個人的にはMC★ニガリなる方が好きかと。

何の為にもならない
無駄な努力が大好きでございます。

ラップ?

所謂、ラップの口調で
「柴ちゃん、あれぇい、注文、しといてぇん、yeah〜」
「ゆたかちゃ〜ん、あれ〜、持ってきてぇん、yeah〜」
全然ラップではないんですが
それ調で喋るのが
最近の私のブーム。

これ、きちんとしたラップを調べてみると
ラップでの基礎が
「韻を踏む」という事だそうで

「韻を踏む 初心者」でググると
かなりの数のYouTubeで検索できます。

しかし
これは非常に難解なルールがございまして
全然理解出来ない。

例えば
「大日本帝国憲法」
この単語はそれ自体が
既に韻を踏んでいるらしい。

そしてこの韻を踏む達人の
若い青年のYouTubeを発見。

彼は約20000語の単語を
記憶しているそうで

どんな単語でも
すぐにラップ化出来るらしい。

英検一級で必要な単語数が
約15000と言われておりますから

この彼の記憶力ったらすごい。

またある法則に従って
これにはこの単語を組み合わせるのだな、と
瞬時に思い付く発想は

例えば数学や物理の問題で
あ、あの公式だな…と
ピンと来る発想に近い様な気がして

この彼は頭いいなぁ…と感心してしまいました。

という訳で
今日はラップデーにしますから
私に話しかける時は
ラップでよろしくとスタッフに伝え

「先生、患者さんがぁ〜、お見えに〜なりましたぁ〜yeah〜」

「了解、そして全開、書留扱い、オゾン層破壊〜yeah〜」
(ラップなんかな…苦笑)

楽しい職場でございます。

暴走

SF映画でよくあるのが
AIロボットを人間が開発するも
ロボットが暴走して人間を支配しちゃうというヤツ。

あれが現実になっております。

AIって暴走しますね。

Appleから発売された
HomePodを院内に設置して暫し.

私のiPhoneに入っている
お気に入りの曲を流してくれる他に

AIが気を利かせて
私の曲のリストから考えて

「こんな曲はいかがですか?」ってのも
流してくれるのでいい。

さて
私は邦楽は
Charm、椎名林檎、マキホムそして
数名のラッパーのみiPhoneに入っており

他はゴリゴリの
所謂、クラッシックロックが好きで
代表的なものは
レッド・ツェッペリン辺りの物でございます。

しかし
ある日、米津玄師をダウンロードしたんですが
そこからうちのHomePod君が暴走し始めまして
手に負えません。

全く知らない曲ばかり
流してくれて
「これ何?」とスタッフに聞くと

「せかおわです。」

ん?何?

「世界の終わりです。」

って曲?
えっ?!グループ名?!!

わけがわからない!

そしてある日患者さんに
「先生、K-POPお好きなんですね。」と、言われ

えっ?!!

K-POPが流れてんのぉ?

ハングル語じゃないの?

どゆこと?!!

米津玄師から
まぁ、せかおわ(ってんですか?)へ
発展するのはわからなくはない…けど

飛躍しすぎておりますね。

iPhoneのライブラリの曲の
9割がゴリゴリのロックなんだから
行間読めと言いたい。

今朝も
所謂「僕が君のために〜するよ。」という
私の世代で
槇原敬之が最初に提示した形態の曲が
流れております。

諦めました…(涙。