役作り

先日、久しぶりに映画館のレイトショーに行きました。

リドリー・スコット監督の
「ハウス・オブ・グッチ」。

何と貸し切り。

こちらのブログでも
何度か書き込みをしておりますが
2階のリビングをシアタールームにする計画中で

音響関連のチェックを兼ねて。

結果的には
非常に参考になりました。

さて
ハウス・オブ・グッチに関しまして
内容はネタバレになってしまうので
申しませんけれども

主人公にレディガガを起用した監督の意図はいかに。

確かに彼女はイタリア系アメリカ人でございますし
エンターテイナーとしては
不動の地位を築いておりますし
大好きな人ではございます。

女優としてのキャリアはまだまだ。

私が監督だったら
同じラテン系の出身となると
アナ・デ・アルマスあたりを起用するかなぁ。

今回の作品のオファーが来た時に
レディガガは相当ナーバスになったと思います。

アカデミー賞の大ベテラン俳優が
メインキャラクターとして5人いるわけでして
また、ただのアカデミー賞俳優というだけではなく
映画界でも重鎮中の重鎮揃いでございますからね。

流石のレディガガも
相当ナーバスになったと思います。

ちょっと想像してください。

あなたが草野球チームのメンバーで
そこそこ成績の良い
4番バッターだとしましょう。

ある日あのイチローから電話があり
「大リーグのドリームチームのメンバーとして
一緒にプレーしてもらえないか?」と言われたら

「えぇっ?!!!無理ですっ!!!」となりますよね。

しかし
イチローが
「あなたなら大丈夫。僕が信じておりますから。」
と、言われ

そ、そうかな…。
まぁ高校時代は甲子園に行ったしな…。
でも
会社の健康診断でメタボって言われたしな。
最近では
階段の昇り降りも息切れがするしな…。

なんて思いながらも
イチローからの申し出を
引き受けたとしましょう。

「一年後に待っていますね。」とイチローから言われたら

あなたは間違いなく
翌日から毎朝、走りますね。
そして素振りもするわけですよ。
タバコもやめる。

よくわからないけれども
自分なりに出来る事はするんですよね。

天下のレディガガも
結局は我々と同じ人間ですから
相当ビビりながらも
必死で出来る事はしたと思いますよ。

実際
役作りのために
イタリア語訛りの英語の習得等諸々
相当自分を追い込んだらしいですね。

結果として
例えばクリスマスイブにNetflixで配信された
「ドント・ルック・アップ」での
ケイト・ブランシェット先生の様な
細かい演技のテクニックまでは
出来なかったとしても
十分に成果は出せた演技だったと思います。

見栄っ張り

昨日書き込みした
8K TVの1000万円事件。

勧めた張本人の姫野先生も
相当びっくりした様で

「それは流石に無理ですね。」という事に。

SONYとのやりとりは
店舗ではなく電話で本当に良かったと思います。

「高っかっっっ!!!!!」と
顔色が変わったのも悟られませんでしたしね。

私は見栄っ張りなので
少々高いと思っても
「はい。」と、顔色を変えずに
昔はカードを出してしまう癖がございました。

今はそんな事はございませんけれどもね。

ハイブランドの洋服というのは
値段のタグがついておりますが
非常にわかりにくい。

首や手首の辺りに値札として
小雑誌の様な取説がぶら下がっており

その取説の内容が
英語、フランス語、イタリア語等多数あり
延々とページをめくっていくと
最後の方に値段が記載されております。

これ試着室に入って着替える場合は
必死でページをめくりますが

コートなどは
そのまま店内で店員さんが羽織らせて下さるので
値段がわからないわけですね。

おおよその値段の下調べはしていくわけですが

「五井様に、とっておきの商品がございます。」と

想定外の商品を
奥から出されたりすると
冷や冷やいたします。

「”とっておき”いらな〜い!
いくらよぉう〜(涙。」と
不安になるが
値段もチェック出来ないし

「お似合いでございますね。五井様。」なんて
世辞を言われても
生きた心地が致しませんな。

亭主なんぞは自分の懐が痛む訳ではないから

「似合うじゃん。
両方買いなさいよ。」なんて平気で言うから
殺意を覚えますな。

「だ〜ってろ!!」と思う。

冷や汗をかきながら
鏡を見つめ

「悪くはないけど‥、
このタイプのは持っているしなぁ‥」なんて
店員さんに聞こえる様に
独り言を呟いてみたりする。

基本的にはあまり買う事に対して
乗り気ではない‥という
防御線をはるわけですね。

そしてさり気なく(ここ重要!)
えぇ‥本当にさり気なく
「おいくら?」と聞く。

値段を聞いて
「えっ?!!!!!」とドン引きしても

「ふぅ〜ん。」と

大した事ないわ顔をする。

この私の大した事ないわ顔は
実は大した事が大アリ顔で
亭主も同じく値段にドン引きしておりますから
ここでは流石に彼も呑気に口を挟まない。

夫婦の阿吽の呼吸ですな。

結果的には
退屈そうなフリをして
「今回はこれはいらないわ。
さっきの方でお願いします。」と
お断りに成功するわけですけれどもね。

そんな滑稽な攻防を
していた時代もございましたなぁ。

余談ですが
コロナ前の時期ですが
私が必死でこんな買い物をしている横で
中国人観光客の方は

「えぇっ?ここ、しまむら?」と
思う位の爆買いをしている風景を
よく目に致しました。

超富裕層の方々なんでしょうなぁ。

8K

私は車を3台所有しておりますが
ま〜乗らない。

基本的に都内に行く時には
新幹線でございますし

ファミチキを買いに
昭和大橋を渡る程度でございましょうかね。

こうなると
車の税金、保険料を考慮すると
タクシーで移動した方が
断然安い。

ちょっとした買い物はネットでございますので
数日、外に出て日光に浴びていないという事もしょっちゅう。

バックと車への熱は
最近は完全に冷めてしまいました。

ので
今回、2台売却する依頼を
車屋さんに頼んであります。

さて、話は変わりますが
私は映画が生き甲斐でございます。

例えば昨日の日曜日は
診療を1時に終え
業者さんとの打ち合わせの後
午後3時から深夜の3時位まで
ぶっ通しで観ましたし

通常も朝、昼、夜と
最低3本は観る。

そして唯一無二の映画友達が
インプラントの姫野先生。

彼も毎日相当数
観ておりまして

互いの趣味も知っておりますから
情報交換のLINEは
週に何度も致します。

彼が4Kの70インチを購入して
スピーカーもそこそこ揃え
「先生、全然違いますよ!!」が
気になっておりました。

車も売るし
多少はゆとりが出ますのし

乗らない車にお金をかけるなら

趣味の映画鑑賞にお金をかけるのも悪くはない。

現在はシャープのアクオスの
80インチでございますけれども

もう少し大型サイズでSONYの4Kを買うか…。

早速、高崎駅前の電気屋さんに電話すると
90、だったか95インチだったか
忘れましたけれども
ポイント還元を含めて50万ちょっとらしい。

思っていたより安かったので
新宿伊勢丹に行って
オーディオ類も拘ってみようかと
思ったりしておりました。

すると
姫野先生からLINEが来た。

厳密に言うと
8K 98インチですな。

8Kってどゆこと?
値段の想像が全く出来ない。

値段表示がなかったので
いくら位するのかしらんと
SONYに電話してみた。

「お客様…、
一般市場価格でございますが‥。」

「はい‥。」

「1000万円でございます。」

「いっしぇんまん?!!!!!!!!!!」

あまりにも想定外の金額を言われると
声って裏返りますな(苦笑。

高か〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ!

なので
姫野先生に返信しておきました(涙。