ドキュメンタリー映画から‥

株とかFXとかございますが
やった事がないのでわからないんですけれども

何に致しましても
多少なりとも
経済(?)の事を理解していないと
手を出してはいけない領域なのかなぁと思っており
私にはご縁のない世界でございます。

ひとつだけ得意な経済分野(?)がございます。

Amazonプライム商品の最安値。

これの眼力は我ながら大したものかと自負しております。

Amazonプライム商品で
参考価格から値引きされた価格が表示されておりますね。

よくあるのが30%前後の割引、オフ。

「わ、安い!買っちゃおう!」とポチっとしてもいいんですけど
もう少し値下がりする場合が
かなりの高確率でございます。

Amazonプライムの値段の変動は
物によっては
時間単位で変動する商品もあるので
気になった物は1日に何度かチェックをする必要があります。

先日、院内用に買ったサンダルがこれ。

参考価格が2640円で
大体30%程度の値引きで
1780円、今日現在。

これが9月15日の午後2時ごろ
800円台になったんですね。

即買い。

3時を過ぎた時には
定価に戻っていて

「私ってすごい投資家(?)だな‥」と
ソファにふんぞりかえる。

この分野だけは得意でございます。

余談ですけど
株価で急成長して世界でもトップクラスにまでのぼり
結果的に会社の違法行為が発覚して代表が逮捕されたという会社の
ドキュメンタリー映画を
Netflix観ました。

ドイツのWirecardという
決済サービスの会社。

将来的に映画の材料になるな、という程
面白い内容でした。

また
UNEXTでドキュメンタリー映画として
配信されていたり
Apple TVでもドラマ化された

アメリカのWeWorkという
レンタルオフィスを提供する会社の
創立者であるアダム・ニューマン夫妻の
会社を立ち上げてから急成長して成功を収めるも
結果的に経営破綻して退陣するまでの話がございます。

この二つの会社は
経営が少し危うくなった時に
共通した救世主が現れます。

ソフトバンクの孫さん。
(WeWorkには結果的には投資していないと決断するんですけどね。)

映画を観ていて
「えぇ?このタイミングで投資しちゃうの?」と思ったわけで。

この事は何度か書き込みしておりますが
2011年に公開された映画「コンティジョン」は
コロナを的確に予言している映画で
驚いたわけですけれども

映画って時々そんな側面がございます。

孫さんって凄い人なんでしょうし
私は経済は全くわからないですけれども

WirecardとWeWorkの
二つのドキュメンタリー映画から
「孫さん?」とちょっと思った次第です。

プロの‥

ダイエットは
何か目標があると達成しやすい。

数年前に
2ヶ月で20キロ減量したのも

「大学の同窓会があるから」
そして
「元カレが来るかもしれない」という情報もあったのでね。

そりゃ、もう必死でやりましたね。

さて
医院のホームページを
リニューアルする事になった。

昼休みに担当者の方と打ち合わせをして
「先生の写真を
”プロのカメラマン”に撮影してもらって
載せましょう。」

えーーーーっ?!!!

プロのキャメラマ〜ン?!!!

まぢでーーーっ?!!!

となると
異常な程、ポジティブ思考の私は
以下の様な思考回路になる。

プロのカメラマン
   ↓
冨永愛
   ↓
いつでも脱げる身体をキープ

という思いが脳裏をよぎる。(アホだから‥)

ちっくしょう‥(涙、
いつでも脱げる身体をキープしてねぇし‥
思いっきりリバウンドして
樽体型だし‥(涙。

「撮影までに強行ダイエットに入る事にするわ!」と
鼻息の荒い私。

「でもね‥
お尻とかお腹に
蚊に刺されて
掻きむしった痕が残っちゃっているわけよ。
レーザーで除去してもらおうかな。」と言うと

「先生、別に脱ぐ必要はないですから‥。
というか、むしろ脱がないで下さい。」と、担当者の方苦笑。

あっそ‥。

ご要望がないわけですね。
かしこまりました。

では脱ぎません‥(涙。

何にいたしましても
強行ダイエットに突入致します。

ジェネレーションギャップ

突然ですが
英語って留学しなくても
喋れる事が出来ますし

海外旅行すら行った事はないし
普通の公立学校を卒業して
現在、大学生だけれども
ネイティブなみに流暢な英語を喋る
20歳前後の若者が多いんですね。

その中で印象に残っている青年がいます。

医学部の学生の男性で
2年生の時に休学し
フランスに3年間留学をして
その後、また医学部に通い
卒業したら
国境なき医師団になりたいのだそうだ。

アフリカで働く事になるだろうから
英語とフランス語を習得しておいた方がいいと思ったとの事で

「英語は簡単ですからすぐに出来ちゃいましたけど
フランス語がね。僕は苦手なので一応留学してみました。」
と仰っていた。

彼の志の高さに脱帽したんですが
何が言いたいかと申しますと
英会話はそんなに難しくないんですな、コツさえつかめば。

私は英語より
日本語の方が数倍難しいと思っていて
昨日、ネイティブに英語を喋る大学生の数名と
Zoomで喋っていて思った事がありました。

「割れ鍋にとじ蓋」を
英語で言うと
Every Jack has his Jill
と、なりますけど

ある男性が「何それ?」と言うから
「割れ鍋にとじ蓋だよ。」と言うと

知らないと言う。

そして
「ジェネレーションギャップだね。」と、言うわけです。

要するに彼はそれを死語だと言うわけですな。

ジェネレーションギャップだとぉ?
ちょっとイラっとしたけれども
大人なのでね。

例えば
「ナウいね」
「アベック」
「アッシー、メッシー」
「おニュー(の服等)」
これは死語ですよね。

しかし割れ鍋にとじ蓋は
絶対死語じゃねーし‥と思っていたら

「え、普通に使うでしょ。」と
他の若者が発言してくれた。

「普通に使う」というフレーズに
ジェネレーションギャップは感じましたが(苦笑、

へへ、ざまーみろ!と
ちょっと思った。

お前が無知なんだよ!

その後
話の流れが変わり
1人が
Peer pressureと言ったので

私が「ん?」と聞くと

「どうちょうあつりょく」だと言う。

慌ててググったら
「同調圧力」だそうな。

生まれて55年、
一回も使った事のない単語でございます。

無知は私の方でございましたね。

最近のお若い方、優秀でございますね。