イエローカード

スタッフに絶対に怒らないと決めて
もうすぐ半年が経ちます。

全く怒っておりません。

怒りゼロ。

開業以来初めてじゃないでしょうか。

以前も申し上げましたが
スタッフの柴ちゃんに
「先生、クビを覚悟で言いますけど、
スタッフに注意するのはいいんです。
でも先生は怒り方が下手なんです。」と
苦言を呈してもらいまして

本当に有難いと感謝しております。

その代わりに
彼女もスタッフ達に対して
母親の様に、姉の様に気遣ってくれているので
若いスタッフ達からは慕われている様ですな。

ま、
スタッフには怒ってはいないわけですが
もちろん注意はする事はございます。

この注意ですが
「あ…それはダメだな。何故かと言うと〜」これは注意。
全く問題ない。

しかし
「チッ…それはクソダメだな。」これは過度な注意となり
イエローカードになります(苦笑。

イエローカードが5枚で1怒りつまり
レッドカードとなるため
退場ですな笑

先月は2枚イエローカードをもらってしまいました。

因みに今月はゼロ。

案外、楽しんでおりますです。

余談ですが
怒らないシステム(?)を導入してから
気がついた事がございます。

従業員、つまり働く人というのは
職場でミスをした段階で
本人は深く傷ついているし反省もしているんですね。

ですからそこで
更に上司が烈火の如く怒ってしまうと
傷口に塩を塗る様なもので
全くもって効果がないわけです。

本人は既に傷ついているわけですからね。

ですから最近では
万が一スタッフがミスをしても
「あ、いいよ。今度から気をつけてね。」なので

10年近くいるもんちゃんなんぞは
なまじっか私に慣れているから
かえって気持ちが悪い様で

「先生、お願いしますよ。
怒ってくださいよ。」なんて言うわけですな。

いいえ、もう絶対に怒りません!

殿方に

昔は素敵な殿方にお会いすると
胸がキュンとなり
「この人とお付き合いしたいな♪」と
思ったものでございますが

最近では
素敵な殿方にお会いすると
老後、
胸がギューッとなった時に
「この人に病院に運び込んで欲しいな♪」と
思う様に変わりましたな。

もう「私を離さないで♪」ではなく
「お薬手帳と通院日忘れないで♪」ですな。

欲を言えば
「散骨もよろしくね♪」かと。

いつしか
恋が出来ない体質になってしまった昨今でございます。

フリーズ

チョコプラ ことチョコレートプラネットという
お笑い芸人コンビのYouTubeは
お気に入りの一つ。

「Mr.Parker Jr.」とか「悪い顔選手権」等
面白い企画があるんですけれども

「ZoomFREEZE選手権」というのがございまして
ご存知の方も多いと思います。

チョコプラの2人が
ZOOMで他のタレントさんと話している時に
ネット環境が悪くてフリーズして
動きが止まった”フリ”をするんです。

実際はフリーズしておりませんから
動きを止めて瞬き一つせず静止する必要があり

相手がそれを信じて
慌ててしまう…というヤツなんですけれども

これが案外難しい。

イタズラ好きの私はこれを
私生活のオンライン飲み会で
取り入れたいと日夜(無駄な)努力をして
最近は随分と上手になりました。

「そうなのよ。だから昨日ね
わたし……(フリーズ)………
な、わけよ、ウケるよね。」

「いや、チヒロ、
悪いんだけどフリーズしてたから
全然聞こえなかった。」

「え?!本当に?いや、だからね
………(フリーズ)………で
笑っちゃってさ!」

結局、最後はタネあかしは致します。

「マジでぇ〜〜〜(爆笑)」という流れ。

これ海外でも通用するのかと
昨日、お二方に試してみました。

フリーズしたフリをしている間の
相手の困惑した顔を見ると
笑いそうになるので
これをこらえるのが結構大変ではある。

結果的には反応は日本人のそれと全く同じでございました。

最後にタネあかしをすると爆笑。

チョコプラの笑いの世界観って
ワールドワイドなんだなぁと思いました。