「かぁ」星人

会話をしている時に気になるのが

「〜じゃないです”かぁ”〜。」ってやつ。

特に「か」に強めにアクセントをつけ
「ぁ〜」が間延びする言い方。

「私は〜だと思うのですが
如何でしょうか?」とか、

「一般的には〜だと
言われておりますね。」って言えっ!と思う。

この「かぁ〜」星人は
相手が同意する事を100%前提で
言ってきます。

私はとてもひねくれておりますから
たとえ「はい。」でも
あえて「いいえ。」と、答えます。

甘えん坊の「かぁ〜」星人は
予想外の回答に
相当動揺致しますね。これ、特徴かと。

さて
自営業の方はご経験があるかと思うのですが
投資やマンション購入等の
勧誘の電話がそれはもう頻繁にございます。

基本的には
受付の段階でお断りしておりますが
時々個人名で名乗ってくる場合もあり

私としては
患者さんかな?と、思い
電話に出ると
実は勧誘だった…という場合がある。

しかしこの勧誘の電話の方の質が
随分と下がったなぁ…と
思った事がございました。

先日、うっかり出てしまった勧誘の電話。

T君なる青年。

「かぁ〜」星人でございました。

「お忙しいところ
突然のご連絡、申し訳ございません。」もなく

突然
「Tと申しますが
税金って払いたくないじゃないですかぁ〜。」

「……。」

「全国の歯科医院の先生方にぃぃ〜
お勧めしているんですけどぉぉ〜
税金を少しでも安くぅぅ〜
出来るようなぁぁ〜
ご提案をさせてもらっているんです”よぉう”」

「かぁ〜」に
「よぉう」と
ダブルで来やがったな…と、イラッとした。

終始無言であった私に

「もしもし?」と、T君。

「はい。」と、私。

「だから税金て
払いたくないじゃないですかぁ〜」

そりゃそうだけれども
「かぁ」星人を撃退する必要があったのと
「だから」ではなく「ですから」だろ…と
更にイラッとしたので

「いいえ。むしろ払いたいですね。」と
あえて言ってやったわけですな。

すると

「…え?」T君絶句。

彼にしてみれば
想定外の返答に相当狼狽しておりましたな。

ざまあみろ…とニヤリ。

するとT君は
「それは”嘘”ですよぉう。」

失笑。
「嘘」て…。

「何処のどなたか存じませんが
なぜ突然のお電話で
あなたに「嘘つき」呼ばわりを
されなければいけないのですか?
そもそも
税金というのは
義務だと思っておりますし
税金を納められる人が納めなければ
国の機能が破綻しちゃうでしょう?
その辺はどうお考えなんですか?」

すると
電話を切られました(苦笑)。

私は特に若い男性の「かぁ」星人は
好きではないですな。

甘えるな!と、申し上げたい。

ダビンチコードか?!!

私は用事があると忘れないように
ポストイットに
日時、内容を書いて
PCに貼り付けます。

そして
その用事が済むと
はがすわけです。

しかし
仕事の後に
友人との恒例の長電話を致しますね。

その時に何か約束をすると
書いて貼り付けるんですが

呑みながらの長電話ですから
酔って書き込んだ場合
翌日に見た時に
意味がわからない事がある。

これらは通常のもの。


12日はとしちゃんに会い
14日は徳江さんご夫妻に会う予定と
一目瞭然でございますね。

しかし
4月22日のウクライナ…と
この辺になると怪しい。

ウクライナ出身のお友達の
例の彼女と会う約束をしたんだろうな
だって、日曜日の夜に
相当長電話をしていたもんな…

推測するしかない。


もう
5月13日の16:30にいたっては
完全に意味不明でございます。

何があるんだろう…?

謎のメッセージでございますな。

本当に己のテキトー加減が
情けない。

そもそも
16:30というのも
時間なんでしょうか?

何故、丸がついているのか?

聖書の何やら記の
16章30節かもしれない。

ダビンチコードか?!!!!
(そな、アホな…)

すんません

この話はもう何万回も申し上げおりますが
うちの亭主ですね。

私の一目惚れで
無理矢理結婚にまで
たたみ込んだわけでして

これ、貰い手のない娘を
どうにか嫁がせたい
私の両親もグルになりまして
家族総出で計画的に
亭主が
婚姻届に判を押さざるを得ない状況に致しまして
現在に至っております。

亭主の事は
当時は…20年前ですか…
ジョニー・ディップに瓜二つ…いや
それより上かなぁ…と
思っていた時期があるのでございます。

ところがですねぇ
年月と共に

ジョニーディップさんごめんなさい、
もう、うちのボンクラ亭主を
比べてしまった事自体
本当に申し訳ないと申しますか
正気の沙汰ではなかったと
深く反省している昨今でございます。

そんなボンクラでも(パパ、ごめんね)
時々、胸キュンとする瞬間があるんですな。

今朝、
WOWOWのオペラを観ていた時に
彼が都内から帰ってきまして

「あれ、珍しいね。映画じゃないんだね。」
と、彼。

私は相当なドヤ顔で
「ワーグナーの”タグホイヤー”が好きなのよ。」と言うと

「時計じゃないんだから(苦笑)
”タンホイザー”だろ。」と、彼。

ちょっと胸キュン致しました。

すんません、のろけました。