宝くじ?

私はモノマネが趣味で
ふと、瀬戸内寂聴さん、美輪明宏さんあたりを
練習してみたくなり
YouTubeで検索したら
面白い対談を発見したので
もしお時間があったら
ご覧になって下さい。

とても面白い対談です。

さて
ここで美輪明宏さんの
「名言だなぁ…。」と、思った事を抜粋。

「私ね…結婚そのものが
結婚=幸せ というのが
食わせモノだと思っているんです。

結婚して幸せになった人…何人います?

一人でいれば十分に幸せだったのに
結婚したために不幸になった人、いっぱいいるじゃありませんか。

そりゃね、中には間違って
幸せになった人もいますよ。

(でもそれは)宝くじに当たった様なものですよ。

結婚式は何のためにあるか。

恋愛は自由とロマンと夢ですよ。

結婚は現実だけです。

だから結婚式というのは
自由と夢とロマンの決別式。

だから白いお振袖、ウエディングドレス、
あれは死装束なんですよ。

だから私はこれから
自由も何もかも放棄します。
これからは
夫のため
妻のため
子供のため…だけの人生です。

後は現実のみです…という宣誓式が
結婚なんですよ。

ですから結婚して
自由とロマンと夢を手に入れようなんて
図々しいですよ。」との事。

大笑いしました。

80歳、90歳を過ぎても
お元気で才能のあるお二方のお話ですから
私なんぞはぐうの音も出ませんね。

娘時代に聞けば
全く納得できなかったかもしれませんが
笑って聞ける年齢になりました。

さて
父は秋に亡くなりましたが
初夏に父が初めて母に

「京都から群馬に嫁いできて
お前は幸せだったかい?」と聞いたそうです。

そんな歯の浮いた様なセリフを言う
父ではなかったですから

母は「お父さん、とても幸せだったです。」と、言い

父は満足そうに頷いていたそうです。

母は美輪明宏さんの言うところの
宝くじに当たったんでしょうな。

私はまだ結婚して20年程度。

宝くじに当たったかどうか
もう少し先になると
わかるのかもしれませんね。

女医さん

女医さんについて。

前橋市の1歳6ヶ月検診に
保健センターに行って参りました。

歯科医師会の歯科医師の中の2〜3人が
当番で検診させて頂きます。

今回の当番医は私の他に
女医さんでございました。

「ご挨拶が遅くなりまして
Mと申します。
宜しくお願いします。」と
わざわざご挨拶に来て下さり

「こちらこそどうぞ宜しく
お願いいたします。」と
ご挨拶をさせて頂いた。

とても優しくて温厚な感じの
素敵な先生でございました。

「今日の午前中は
診療を返上して雪かきをしていたんですよ。」という笑顔が
とても上品で素敵でした。

検診を終えて
診療室を出ると

通路に置かれた長椅子の隅に
白衣を着た女性が
座っておられた。

検診ですから
医科もあるわけでしょうから

医師の方でしょうな。

おそらく60代半位でしょうか。

とても上品で
これまたとても素敵な先生で

通路を歩いていた2〜3歳の子を見て

「いい子ねぇ…。」と、仰った笑顔が
吉祥天の様でして

お優しいんだなぁ。
こんな先生の様に
なれたらいいなぁと思いました。

その日は
とても素敵な
二人の女医さんを拝見して

私はダメだなぁ…と、
つくづく反省させられました。

尖ってますでしょ、私が。
やさぐれていますでしょ、私が。

女医さんというより
おっさんですからね。

化粧っ気がなくても
内面から出る美しさ、優しさというのですかね。

まだまだこれから
そんな風になれたらいいなぁと。

検診に行ったつもりが
私自身が心の検診をしてもらった様な
気が致しました。

座って…

先日、40代のリッチな独身の
男友達との長電話で。

その方には20代の彼女がいるわけですが
彼女のマンションに行くと

「*座りション*をさせられるんだよ。」

らしい。

「ん?何それ?」

オシッコをする時には
座ってくれと言われるらしい。

男性の座りションは
最近のお若い方では
比較的普通の事らしい。

まぁ、人様のお宅のトイレを
拝借するわけですから

座ってしようが
立ってしようが
逆立ちをしようが

その家のルールに従うべきだとは思う。

しかしその男性は
長年、独身生活を謳歌してきたわけですし
ワンマン社長でございますから

「絶対に彼女とは
結婚は…ないなぁ。」と、言っていた。

「男は立って堂々としたいんだよ!」

知らんがなっ!

私は小学校に上がると
毎朝の食事前の勉強の他に
トイレ掃除と玄関掃除が
義務付けられておりました。

両親が戦前生まれでございますから
今では死語になっている
家長とか
父権制の様なものがあった時代でしたので

もちろん父は立ってしておりまして
それはもう飛び散らかしてあったわけで

当時はトイレクイックルの様な
便利な物はございませんから
雑巾で拭いたわけですが

確かにあまり
気持ちのいいものではなかったですな。

しかし
男性が座ってするという発想が
そもそもなかったものですから

結婚しても
自分が寝ぼけて便座に座ろうと思ったら
便座が上がったままで
便器にお尻から落ちたりすると
本当にびっくりしますから

「せめて便座は下げろよ!!!!」とは思いましたし

トイレ掃除をしながら

「針の穴程の小さい的じゃねぇんだから
何でこんなに外すんだよ。
狙えよ!!!!」とも思いましたね。

各家のルールがありますから
何でもいいんですけれども

自分がしていないとすれば
家族の誰かが掃除をしているわけですし

トイレットペーパーの補充も
家族の誰かがしているわけですから

的を外したら
ちょっと拭いておくとか
トイレットペーパーが無くなれば
新しい物を補充しておくとか
ちょっとした思いやりがあれば
よろしいのかと思いました。