お名前の件…

色々な方とメールのやり取りをしておりますと
その方の個性というのが出ますね。

例えば
この業界ではとても優秀で有名な先生なのですが
メールが苦手なのでしょうか。

「シャンパン と どきました。ありが とう、」

子供かっ!という文章を送ってきたりするものだから
苦笑してしまう。

そんな中で
この方はメールの文章が面白く
とても頭のいい方だなぁ…と、思っていたのが
HPとブログの管理をお願いしております和泉さん。

彼には大変お世話になっておりますが
私という人間は、とても気難しい面倒くさいヤツでございまして

生産者である両親ですら
「チコとの生活は修行」と、断言しておりますので

例えばそれはうちの夫であったり
うちのスタッフであったりするのでしょうけれども

相当な忍耐力が必要になるわけです。

和泉さんにも
長いお付き合いの中で
相当無礼な言動も多かった様に記憶しております…が

彼は「ありがとうございます。勉強になります。」と
いつも低姿勢で謙虚に対応して下さっていたので

現在でもお付き合いが継続できているのだと
心の中では感謝をしている次第です。

さて…数日前
ブログのリニューアルにあたり
彼と電話のやり取りをしておりまして

ふと思いつきまして

「つかさ、私のブログに投稿してよ。」と、お願いしてみた。

彼は
「え?!僕がですか?!!いやぁ…」と、困惑しておりましたが

「だってさ、ビートルズだって
ライブの時には前座がいるじゃんか。
『ビートルズの前座をした事がある』ってのは
むしろ輝かしい経歴になるわけでしょう?」

「はい。」

「だからぁ〜、
私クラスの巨匠つーか、文豪ってぇのぉ?
そのブログに投稿させてもらえるだけども
むしろ、感謝してもらいたい位だわね。
ま、そんなわけで…よしなに…」と、電話を切った。

なまじっか、私自身が本当に巨匠と思っちゃっている節があるものですからね。

平気でこういう事を言っちゃうわけですね。

バカにつける薬はない…ってヤツですな。

律儀が和泉さんは
早速、昨日投稿して下さいました。

ありがとうございます。

これからも期待しておりますので
どうぞよろしくお願い致します。

さて…
和泉さんのお名前の件について。

彼のお名前は
「ワイズミ」だと思っておりました。

まさか
「イズミ」だったとは!!!!

しかしですね…
例えば

sign
right
gnaw
gnarl

等の様な「発音しない『g』」じゃございませんが

イズミなのに、何故「和」が入るのか?
まぎらわしくないのか?
発音しないのなら「和」じゃなくて、他の字でも何でもいいのに
何故、あえての「和」なのか?

そこが非常に興味深いトコロでございますね。

すごく気になっております。

またちょっと調べてみたくなりました。

お初にお目にかかります

ワタクシ、昭和大橋歯科医院のHP並びにブログの管理をさせていただいております、和泉と申します。

この度、昭和大橋歯科医院のブログリニューアルにあたり、新たな試みとして、管理人であるワタクシもブログを投稿する運びとなりました。
勘の良い方であればお気づきかと思いますが、もちろんチコ先生の華麗なる思いつきによるものでございます。

当方、文章を書くことを非常に苦手としており、そんな小生がブログなどという現代的なツールを利用することに非常に抵抗を感じておりました。
しかしながら、このような貴重な経験を与えてくれたチコ先生へ感謝しつつ、この新たな取り組みに前向きに取り組んでいく所存でおります。
拙い文章で当ブログのファンの皆様には大変お見苦しい投稿も出てくるるとは思いますが、何卒あたたかい目で読み流していただけると、これ幸いと存じます。

勘の良い方であればお気づきかと思いますが、もちろんチコ先生からのある程度の圧力を受け、止む無く提案を受けることになった流れでございます。

さて、これが人生初のブログ投稿となりますが、ブログ管理人であるワタクシから重大発表がございます。
ワタクシ和泉でございますが、チコ先生とは彼此5年ほどのお付き合いとなります。
日々チコ先生からの有難い叱咤激励に一喜一憂することに楽しみを感じながら過ごしてまいりました。

これは勘の良い方でもお気づき頂けない、単にワタクシからチコ先生への重大発表となります。

ワタクシ和泉は・・・

 

 

「ワイズミ」ではなく、「イズミ」でございます!!!
ただの「いずみ」です。「わ」は不要でございます!!
この5年余り、チコ先生から「ワイズミさん」「ワイズミさん」と呼ばれ続けておりました。

当初2年ほどは、致し方ないという気持ちでスルーしておりました。
しかし、これが3年目ともなると、なんとか気づいていただくため、それもチコ先生を傷つけることなく「ワイズミ」ではなく「イズミ」という事実を伝えなくてはと考えるようになりました。
特にお電話させていただく際は、これでもかと言うほど滑舌よく、大きな声で「イズミでございます!!」と受話器に向かってまいりました。
そうして4年、5年と時は経ち、本日の電話でもやはり私の呼び名は「ワイズミさん」でした。

当ブログをご観覧の皆様にはなんの関係もなく、また興味もなく、突如現れたワタクシの名前が「ワイズミ」だろうと「イズミ」だろうと、皆様にとってはなんの利益もなければ、不利益もないかと思います。

最初の投稿から大変不毛な記事になってしまい申し訳なく思っておりますが、改めてチコ先生とワタクシの関係が、まずは正しい名前を伝えることからスタートが切れればという、ワタクシの切なる5年間の想いを初投稿にしたためることと相成りましたこと、深くお詫び申し上げます。

ソムリエ

私はワインは好きですけれども
あまり詳しくはないので
レストランで注文する時にはソムリエの方にお願いしちゃう事が多い。

ワインリストを見ながら
(カップルで行くと女性のメニューにはお値段が記載されていない事がある)
「赤で…重めで…」と、言うのですけれども

よくわかんねぇんですけど
味が重い程、お値段も重く(?)なる傾向にある様なので

最後に
「お値段が”リーズナブルな”もの」というフレーズも必ず言う様にしています。

一度、ワインリストを見て”青ざめている夫”に気がつかずに
私がワインを注文して
お会計の時に伝票を見て
今度は私が青ざめた事があり

「リーズナブルな!!!」は必須事項となりました。

さて…
”リーズナブルな”ワインをオーダーすると
ソムリエの方がワインをチョイスして下さり
そのワインの説明を聞き
その後、テイスティングをして
本当は味なんぞは全然わからないけど
満足そうに頷いてみたりして
一連の儀式が終了するわけですな。

話はちょいと変わりますが…
うちのクリニックのスタッフからなる映画倶楽部。

毎朝、私はこのソムリエの様な事をしております。

スタッフが
「昨日のはメガヒット系でストーリーが軽かったんでぇ…
今日は少し重めのモノがいいですね。」とか

「ストーリーが重厚なモノを…」等、希望を言う。

映画ソムリエの私は
お客様(?)のニーズに応えるべく

瞬時に映画を1本ピックアップして
その映画の説明をする。

そして
YouTubeで予告編を観せる…これをスタッフは「テイスティング」と、言います。

そこで彼女達が納得すると
DVDを持ってかえって
それぞれの家で観る…というのが日課。

最近では連中も相当映画に詳しくなってきておりますから

編集にこだわったモノや
役者の演技にこだわったモノ等

とにかく注文も多くなってきたので
ソムリエも大変ですが

翌日、彼女達が出勤してきた時に
嬉しそうに感想を言ってもらえると
「いい仕事(?)が出来たな…」なんて満足したり

反応がイマイチだったりすると
「選択ミスだったな…」と、反省したりして。

映画ソムリエもやり始めると
結構楽しいですな。