2015年10月21日16時29分

ワタクシ、昭和大橋歯科医院のHP並びにブログの管理をさせていただいております、
和泉と申します。
最近、睡眠の質が非常に悪く、そろそろ除霊でもしてもらおうかと思っている夕暮れで
ございます。

さて、2015年10月21日16時29分と聞いて、ピンと来る人もいらっしゃるかと思います。

そうです!あのドクとマーティが来た日です!!

431dd52f

いやー、当時は子供ながらに未来の科学に胸はやらせましたね。

それに拍車をかけたのが、あのデロリアンですね。
大体、日本にはガルウィングの車はなかなかなかったものですから、
「なんじゃ、あのドアは!!」となったものです。
プラモデルなんかも作りましたよね。

img_2_m

ちなみに、ランボルギーニのようなドアはガルウィングではありません。
一般的にはポップアップドアと呼ばれることが多いでしょう。

映画と車というのは、こと男子にとっては見どころのひとつだと思います。

007のアストンマーチン、ナイトライダーのトランザム(ナイト2000)、
最近ではトレーニングデイのモンテカルロ、ワイルドスピードのダッヂチャージャーなど。

車が象徴的に描かれている映画やドラマ、アニメは少なくありませんね。

車は本当に十人十色、人それぞれ魅力を感じる部分が異なるのも
面白いところではないでしょうか。

その官能的なエクステリアに惹かれる人、エキゾースト音に痺れる人、
エンジンの構造性能そのものに思い入れる人、
ドライブ時のステアリング、サスペンションにこだわる人、
単にスピードに陶酔し、ブレーキング、コーナリングを極める人、
それに伴うボディ剛性を求める人などなど。

ワタクシはそれほど車に精通しておりませんので、こだわりはありません。
今は子どもが3人おりますから、日本車の機能性、安全性、収納力に頼らざるを得ない
車選びになってしまいます。

強いて言うのであれば、アストンマーチンDBシリーズはなんともセクシーですね。
小振りながらも、性能的に出るとこ出ているボンキュボン♥
そのセクシーさは見た目だけに留まらず、ハァハァしちゃいますね。

ここで今日の一句
アストンに 思いを馳せる 五人家族

字余り失礼いたしました。

9分19秒

2015年のアカデミー賞は
豊作でございました。

「バードマン あるいは
(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は
映画史に残る逸品であったと言っても
過言ではないと思いますし

「6才のボクが、大人になるまで。」は
アメリカ版「北の国から」ですね。
とてもいい作品でございました。

「グランド・ブタペスト・ホテル」も
ウェス・アンダーソン監督らしい
2002年の
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」を彷彿させる
絵本の様な演出は大好きでございます。

「アメリカン・スナイパー」
「イミテーション・ゲーム」
「グローリー」
「博士と彼女のセオリー」

これらは実話ですから
間違いがない。

さて…やっとiTunesで発売になったのが
「セッション」

2015-10-21 9.41.30

予告編がすごいんですけれども
予告編というのは
それを専門に製作する会社もございますから
いいモノを作る。

ので、
「騙された!!」という経験もある。

しかしですね…
「ラスト9分19秒ー
あなたは映画史が塗り替えられる瞬間を目撃する」という謳い文句。

で、観ました。

あまり詳細を述べてしまうと
ネタバレになってしまいますので
詳しい事は申しませんが

「目で音楽を聴いた」のは
初めてでございますね。

また 9分19秒の中での

”I’ll cue you”
「合図するから。(お前は黙っていろ)」
には、

シビれてしまいました。

観終わって余韻に浸り
ふと、立ち上がり
台所へ行き…お箸を持ってきて

ラストの9分19秒を
大音量で何度も再生しながら
エアードラムをしたのは
言うまでもありません。

朝の3時にいい加減にしてくれよ…と
ソファで寝ていた犬達は
寝室へ避難しておりました。

セキセイインコ

今日は
お若い綺麗なお嬢さんが治療にいらし
もともとアッシュに染めている髪の毛に
部分的にピンク色のエクステをつけていらした。

美容院に行ってきたばかりだとう言う。

「お祭り騒ぎな感じで可愛いわね」と、言うと

「ハロウィーンなんで…」と、仰った。

四季折々をきちんと意識しているのね…と、言うと

「はい。夏は青でした。」

となると…クリスマスは
赤と緑なのかしらね?と、言うと

「はい。そうです。」

妙に几帳面だな…と、
二人で大笑い。

ピンクとアッシュの髪の色は
スーパーモデル並みの
彼女のスタイルの良さにとても似合い

ある種、
前衛的芸術感を醸し出したりなんかして…。

20代を楽しんでいるのだなぁ…と
微笑ましい感じがいたしました。

そこで
ちょっと思い出したのは
30年近く前の事。

私が美容院から戻ると

祖母が驚いた顔をして
「その”セキセイインコ”みたいな髪の色は何なんだいっ?!」と
呆れた顔をしたり

母が悲しそうな顔で
「せっかく
綺麗な黒髪に産んであげたのに…」と
”恩着せがましく”
嘆いたりしておりましたね。

当の本人…(私でございますね)は
嘆く二人を尻目に

「私って結構イケてる…」と、
大満足でございましたが

今になって写真で見ると
全くイケてなく
痛々しいセキセイインコでございまして
2015-10-20 16.37.30
封印してしまいたい過去でございますね。

恩着せがましく
「綺麗な黒髪に産んでやった」と、
言うのであれば

骨格的なスタイルも
バランス良く産んでくれれば良かったのに…と、
母に物申したい気が致しました。