未来を花束にして

「未来を花束にして」(2015年)が
やっとitunesでアップしたので購入。

1910年代に女性参政権を求めて戦った
女性たちの実話を元にされた映画ですね。
2017-07-25 11.38.30

家事、育児をしながら
劣悪な環境下で
低賃金で働かざるを得ない
女性達の姿が映しだされます。

女優メリル・ストリープ大先生が
「すべての娘たちは
この歴史を知るべきであり
すべても息子たちは
胸に刻むべきだ。」と
仰った映画でもあります。

その時代からさか上る中世のヨーロッパ。

ベネチアに実在した高級娼婦であった
ヴェロニカ・フランコの半生を描いた映画
「娼婦ベロニカ」(1998年)では
身分の高い貴族でさえ
女性というのは生きにくい時代だったのだなぁ…と
驚かされます。

「女性なんだから
本なんて読んではいけません。」なんてね。

この類のシーンは
他の映画でも多々目にしますね。

ペリーが来て開国し
欧州の文化を取り入れた日本ですが
鎖国していた江戸時代に比べると
そういった意味では
むしろ後退してしまったのでは?と、思います。

このことは以前も書き込みを致しましたが、
江戸時代の日本の識字率は
世界でもトップクラスだったそうで、
80%程あったそうですね。

ちなみに同時代のイギリスでの識字率が25%。

これは
当時の学問施設であった寺子屋の存在は大きいかと思います。

寺子屋では身分や男女の分け隔てなく
皆が一緒になって勉強するわけですなぁ。

男女が平等に同じ空間で学べる国…というのは、
当時としては類をみないと思います。

上毛かるたで
「和算の大家 関考和
(わさんのたいか せきこうわ」ってのが
お馴染みですが
和算…かなり高度な数学ですね。

江戸時代では
皆が競って難問を解いた
和算ブームなんぞもあったりしたそうですな。

和算や寺子屋をググっていたら
両方にあった面白い絵を発見。

2017-07-25 11.36.16
(一寸子花里「文学ばんだいの宝」)

寺子屋で和算を習う
子供達が描かれておりますが、

注意して見ると
これ、先生が女性ですね。

鎖国していた日本ですが
実はとても進んでいたのかもしれませんなぁ。