いいね待ち

最近は首からカメラをぶら下げて歩くのが
習慣になっております。

電車でも街中でも

「!!!!」というシチュエーションがあると
撮りまくる。

「これはいい壁だなぁ…。」と思うと
そこに立ってずっとファイダーを眺めて
人が通る度にシャッターを押す。

30分程立っていると
結構な人が通るわけで
(当たり前ですっ!)

下手な鉄砲数打ちゃ当たるではございませんが
中にはいい写真が一枚あったりするから嬉しい。

さて…
インスタグラムは
それぞれの方々の楽しみ方があるわけですが

私の場合は
知り合いは最小限だけフォロー仕合い

大ファンの写真家や
ストリートフォトグラファーをフォローしております。

その都度「いいね」をして
コメントを入れるも
シカトされ続けておりますが

それはそれで
いい作品を見せて頂けるので楽しい。

さて、
私はとても有名な写真家の方お二人に
フォローをして頂いた時には

ちょっと信じられないと申しますか
天にも昇る心地でございました。

しかし
それから私の苦労の日が始まりました。

大御所2名からの「いいね」の有無。

これが気になって気になって仕方がない。

「いいね」待ちでございます。

写真をアップして
固唾を呑んで待っていると

「いいね」と、うちのスタッフ。

あ”ーーーっ!
紛らわしいっ!
「いいね」せんでよろしっ!

彼らからの”連絡”を待つ。

嗚呼…今日は彼らから「いいね」がないけれど
忙しいのかもしれない。
今夜は諦めて寝ようかな。

そして翌朝スマホをチェックして
大御所からの「いいね」があると
その日一日は
とても幸せな気分でございます。

ネットがない時代の
彼からの電話や手紙を待つ心境に
似ているかもしれませんね。

完全に恋ですな。

しかし
過去2回の投稿写真は無視されて
ここしばらく
私は相当凹んでおりました。

そして前々回
冷静さを失い
迷った挙句に投稿したのが
守りに入った
なんの面白みもない
無難な写真でございました。

すると
大御所のお一人から

フォロー解除された!!!

三行半っ!!!
離婚届けですよ!!!

わ”〜ん(号泣。
もう嫌だ。

Wi-Fiのない
圏外のエリアに旅に出たい。

傷心の旅。

よくネットで
フォロアーを増やす方法とか
いいねを増やす方法等が載っていますが

全く興味なしっ!

大御所からの「いいね」だけが欲しかったわけで。

「ゴイさん…、
私、捨てられたのよ。
フォロー解除されたのよ。
もう、インスタやめたい。」と、
昨夜は電話で愚痴を聞いてもらいました。

ところがですねぇ

私は立ち直りが早いんですなぁ。

去っていった男は忘れちゃう。

翌日にはケロリとし
新しい彼(?)と出会い

キャッキャしております。

一般的には美しくないとされるものを
美しく撮影されたものや
偶然の産物的なものを撮影されたものが好きです。

凄いなぁ…と思う。

2017-11-30 19.23.07

2017-11-30 19.24.34

2017-11-30 19.23.46

私もマイペースで
また新しい出会いを楽しみながら
自分でも街を*徘徊*したいと思っております。

握手

「握手」というのは
私は武器を持っていませんよという
友好を示すというのが発端だとか。

しかし
この「握手」ですが

よくよく考えて見ると
あまり握手する機会がない様に思う。

挨拶や別れ際にも
頭を下げる習慣の方が
多い様に思います。

先日、Charのライブ会場で
「チケットをお譲りしますよ。」と
有難いお申し出をしてくださった
「チケット紳士」と呼んでいるYさん。

Yさんとは LINEで連絡を取っており
互いの席の位置は把握しておりました。

会場で
私は自分の席に座り
やや右後方を振り返ると
Yさんがいらして目があった。

ご挨拶に伺うと
彼は満面の笑顔で
サッと右手を出して握手。

この一連の動作がとてもスマートでしたね。

「握手」という行為をおこなうと

その節は色々とありがとうございました…とか
お元気でいらっしゃいますか…とか

余計な言葉がいらないんですね。

笑顔と力強い握手。

それだけで通じるんだなぁ…と思いました。

新鮮でしたね。

そういえば
他界した父が握手の人でした。

私が何かを成し遂げた時の
彼の祝いの気持ちや

私に対して「そうか。偉いぞ!」という時に

笑顔で握手をしてきましたね。

そんな事を思い出しました。

握手もいいものですね。

Char ACOUSTIC TOUR 2017

昨夜はCharのライブに行ってまいりました。

前から2列目。

PB270600

2017-11-27 15.36.19

彼の汗もしっかり見えました。

現在、興奮が冷め止まず
ちょっと書き込みをさせて頂きたく

Charをご存知ない方
興味のない方にとっては
全くもって退屈極まりない内容になっておりまして
申し訳ございません。

さて今回は
アコースティックライブという事と
小規模なコンサートホールという事で

いつものライブとは一味違った
しっとりしたした感じのライブなのかなぁ…と
勝手に予想していて

やっぱりエレキもやって欲しいなと
思っておりましたので

既に他のエリアで行われたブログをチェックしても
具体的な内容がわからない情報が多かったので

これらかライブを観られる方に
少しでも参考になればと思います。

今回の*アコースティック*ですが
いい意味で期待を裏切られたと申しますか
アコースティックギターでも

いつものガンガンとくる感じの
ロックをやって下さいまして
驚かれると思いますよ。

いつもの様にサラ〜っと登場しまして
「じゃ、やりますか」という
これまたいつもの様なゆるい感じでギターを持ち
派手な演出がないのが特徴ですが

最初に
J,L&Charの時代の
有名な2曲をガーンとやってくれまして

「おおっ!野音っぽい!!!」と、思われるかと思います。

また構成も基本的には同じでございました。

新旧の有名な曲をやりつつ
彼特有のアレンジもあります。

ご存知の通り
ジミヘン
クリーム
ビートルズ
レッドツェッペリン
あたりのアレンジをしますよね。

きっちりとその辺もやってくれます。

お馴染みの
ベンチャーズの*テケテケ*もやってくれます。

全くスローテンポではございませんでした。

スティービーワンダーの名曲
Superstitionもやってくれましたが

私が思いますに
ジェフベックのいたバンドのBBAが
この曲をアレンジしておりますよね。

Charはジェフベックもお好きですから
BBAからのSuperstitonかと思われます。

そのほかに
有名なんだけど
全くロックではない曲を
それはもうカッコいいロックに
アレンジしてくれますから
これもまた驚きました。

さて
私はCharのライブは
40年近く
何十回も行っておりますが

初めて見た光景がございました。

今回ですね
演奏が終わると
舞台袖に駆け寄って
手土産を渡す女性が何名かいらっしゃいました。

ハラダのラスクでしょうか。

演歌歌手の方のコンサートではよく見かける風景ですね。

あれです。

しっかりと握手してもらっておりました!!!!

私の目の前で!!!

うわうわうわ…マジかよ…羨ましすぎる…。

うかつだった!!

ラスク持ってきゃ良かった!!!

基本的に彼のライブは
ギターやってました、やってます的な
男性の客層が多く
いかんせん、ロックですから

そういった気の利きた
手土産を舞台袖に…という
雰囲気でないものが多かったですから
発想がなかったですね。

あ”ーっ!ラスクーッ!

しかしこれは
小規模ホールならではの事ですから
これから行かれる方
是非、手土産を持って行って下さい。

握手してもらえますよ。

また
彼の古いレコードをお持ちの方は
サインもしてもらえます。

私はもう一度行って
手土産を持って行こうかと
本気で考えております。